1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医療業界に転職したい人へ!アフターコロナの転職市場や転職活動のコツを解説

医療業界に転職したい人へ!アフターコロナの転職市場や転職活動のコツを解説

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、多くの業界でビジネススタイルや従業員の働き方などの変化が起きました。医療業界も例外ではありません。

アフターコロナの今、転職活動をするにあたって大切なのは、変化を理解し、自分にとってベストな働き方や転職先を見極めることです。

この記事では、アフターコロナの転職市場や医療業界の変化、転職でおさえるべきポイントについて解説します。

アフターコロナの医療業界の転職市場ってどうなの?詳しく解説

アフターコロナの医療業界の転職市場ってどうなの?詳しく解説
医療業界の転職市場について、新型コロナウイルスの感染拡大による影響やアフターコロナの状況について解説します。


新型コロナウイルスの感染拡大による影響


新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年4月から9月にかけては、医療機関の受診を控える・手術を延期するといった事例が多く、その影響で医療機関の経営が悪化。医療機器メーカーの売上も伸び悩んでいました。

また、売上自体に問題はなくとも先行きが不透明なことから、採用を控えるケースも多数ありました。

しかし、医療業界はもともと売り手市場の傾向が強く、他の業界と比べて求人の減り幅は少ない傾向があり、転職市場全体が2020年夏を底に回復傾向となり、医療業界の転職市場も活発化してきました。


アフターコロナの転職市場


アフターコロナである2023年下半期の医療業界の求人は、増加傾向にあります。例えば、製薬会社の営業活動をサポートする「CSO(医薬品販売業務受託機関)」のMRは、経験者・未経験者どちらも採用活動が活発です。

理由としては、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でMRが医療機関を訪問する機会が減り、自社でMRを採用する数をおさえ、CSOに営業活動を依頼するケースが増えたことがあげられます。

また、医療機器メーカーでは、AIをはじめとするIT技術を活用した医療機器のニーズが伸びており、営業職の採用が増加傾向にあります。

医師や看護師などの医療従事者も人手不足が続いており、依然として売り手市場です。

アフターコロナの医療業界の状況って?おさえるべきポイント

アフターコロナの医療業界の状況って?おさえるべきポイント
医療業界は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が特に大きい業界です。アフターコロナに医療業界での転職活動を進めるうえで、知っておきたいポイントをまとめました。


リモートワークが増加した


新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、医療現場ではオンライン診療や在宅での画像診断、MRなどの営業系の職種ではオンラインによる営業活動が普及しました。

こういった背景から医療業界でもリモートワークが増加しており、在宅勤務ができる職場が増えています。


デジタルヘルスケアがさらに拡大する


新型コロナウイルスの感染拡大を受けて期間限定で実施されていた「初診のオンライン診療」を継続的に行うことが2022年に決定したため、医療のデジタル化はさらに進むと考えられます。

以前は、ヘルスケア領域のデジタル化、特にリモート診療に抵抗を持つ人も少なくありませんでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、リモート診療が一気に普及しました。

2023年に電子処方箋の運用がスタートしたことにより、今後ますますデジタルヘルスケア領域は成長していくでしょう。


医療機関のM&Aが増加する可能性がある


2023年10月に、日本病院会・全日本病院協会、日本医療法人協会が行った「2023 年度 病院経営定期調査 概要版 -中間報告(集計結果)-」によると、7割以上の病院やクリニックが赤字です。

経営が深刻化していたところに、新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、感染予防のためのコストと時間がかかるようになりました。さらに、病院の受診を控える人が増え、患者数が減り収入が減少してしまいました。

少しずつ患者数は回復したものの多くの医療機関では赤字となり、新型コロナウイルス感染症に伴う補助金などで何とか経営を維持しています。

しかし、2023年5月に新型コロナウイルス感染症の分類は、2類相当から5類へと移行しました。それに伴い、新型コロナウイルス感染症の補助金の見直しが進められます。

その結果、経営がより厳しくなり、医療業界のM&Aは活性化していくでしょう。医療機関のM&Aが進むと、製薬会社や医療機器メーカーなど医療関連企業にも大きな影響が出ると考えられます。

アフターコロナの転職活動のコツって?転職を成功させる方法とは

アフターコロナの転職活動のコツって?転職を成功させる方法とは
アフターコロナの転職活動を成功させるには、下記の4つのポイントが重要です。


自己分析を徹底する


新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに「在宅勤務できる職場がいい」「副業したい」など、仕事に対する考え方が大きく変わったという人は少なくありません。

アフターコロナ後に転職活動をする場合は、あらためて徹底的に自己分析をして、やりたい仕事や自分に合う職場について深掘りするとよいでしょう。


業界・企業研究をする


以前から医療業界で働いている人も、しっかり業界・企業研究をすることが大切です。コロナ禍を機に、リモートワークの普及など働く環境が変化している点が多いからです。

リモートワークの普及によって、徹底した自己管理が求められるなど従業員を評価する軸も変化しています。自己管理能力をアピールするといったように、選考対策もそれを踏まえて行う必要があります。

また、コロナ禍を機に一気にオンライン診療が広まり、今後もさらなる拡大が見込まれるなど将来性の高い領域にも変化が見られます。

ニュースやWeb記事、転職サイトなどを活用し、情報収集しましょう。特に医療業界に特化した転職サイトは、医療業界とのつながりが深いため、一般的な転職サイトにはない情報を掲載している場合もあります。


Web面接の練習


新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、医療業界でもWeb面接を取り入れる医療機関・企業が増加しました。

Web面接は自宅で面接を受けられるため、時間や費用を節約できる反面、端末やネット回線のトラブルが起きやすい、対面に比べて表情などの情報が伝わりにくいといったデメリットがあります。また、カメラの位置や明るさといった映り方によって印象に差が出ます。

事前に端末やネット環境を確認する・映り方をベストな状態に調整する・ゆっくり丁寧に話すなどの工夫が必要です。

面接に自信がある人も、Web面接のマナーやコツをしっかり確認しておきましょう。


医療業界専門の転職エージェントを利用


アフターコロナはまだ始まったばかりなので、医療業界の転職動向も変動が多いと考えられます。自分1人で動向をチェックして、転職先選びや選考対策をするのは簡単ではありません。

医療業界専門の転職エージェントは、医療業界とのつながりが深いため、最先端の転職事情や応募先企業の状態を熟知しています。

豊富な知識をもとに、キャリアプランの作成・マッチする求人の紹介・応募書類の添削・面接練習・応募先のやりとりの代行といった手厚いサポートをしてくれるため、効率的に転職活動を進められます。

特に、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、仕事やキャリアへの考え方が変わったという人は、今後のキャリアプランを考えるという意味でも、転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

まとめ

まとめ
新型コロナウイルスの感染拡大によって、医療業界のあり方は大きく変わりました。アフターコロナである2023年の医療業界の転職市場は、基本的に売り手市場で、MRや医療機器営業などを中心に求人が活発化しています。

アフターコロナの医療業界の状況でおさえるべき主なポイントは、リモートワークの増加・デジタルヘルスケアの拡大・医療機関のM&Aの増加です。

アフターコロナの転職活動に成功するには、自己分析の徹底、業界・企業研究、Web面接の練習・医療業界専門の転職エージェントを利用する4つのポイントがございます。

また、医療業界に特化した転職サイトは、医療業界の求人や転職ノウハウが豊富に掲載されており、情報収集に便利なので、有効活用しましょう。
X

この記事が気に入った場合は
Xへポストをお願いします