1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. オペ看護師に向いている人の特徴って?必要なスキルなど詳しく解説

オペ看護師に向いている人の特徴って?必要なスキルなど詳しく解説

手術室に所属し、手術のスムーズな進行を支えるオペ看護師。病院内でもオペ看護師の数は少なく、どういった仕事をしているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、オペ看護師に興味がある人に向け、業務内容や向いている人の特徴、キャリアパスについて詳しく解説します。

一般病棟などの看護師とは違う?オペ看護師の業務内容とは

一般病棟などの看護師とは違う?オペ看護師の業務内容とは
オペ看護師とは、手術が安全かつ円滑に進むよう、患者や医師を支援する看護師のことです。

オペ看護師は大きく「器械出し看護師」と「外回り看護師」にわかれます。それぞれの仕事内容や一般病棟の看護師との違いについて解説します。


器械出し看護師


器械出し看護師は、文字通り手術に使用する器械周りを担当する看護師です。手術前に必要な器械や物品を準備する、手術中に適切なタイミングで医師に器械を渡すといった役割を担います。

手術に使用する器械は多くの種類があり、テキパキ進行するにはそれらの器械の特徴や手術の流れを理解しなければいけません。

また、医師のやり方や術式によって臨機応変に対応することが求められるので、医師の動きを予想し、円滑にコミュニケーションを取るスキルが不可欠です。


外回り看護師


外回り看護師は、基本的に器械出し以外の手術関連の業務全般を担当する看護師です。患者の観察と手術内容の説明のために行われる手術前の訪問や麻酔介助など、幅広い業務を通して、手術全般の進行をサポートします。さらに、手術後の申し送りや手術後のフォローのための患者訪問も担当します。

手術がスムーズに進むよう全体を見渡す力、執刀する医師・麻酔医など多くの医療従事者と円滑に連携するコミュニケーション能力、手術に不安を感じている患者に寄り添う力などが求められます。


病棟看護師との違い


オペ看護師と一般病棟の看護師は、仕事内容が異なるため、働き方に違いがあります。

オペ看護師は、手術に関する業務を担当するため、手術が行われるに日中の時間帯の勤務が基本です。

しかし、病棟看護師は、入院患者の診療補助や日常生活のサポートが主な仕事です。24時間体制の看護をするため、交代勤務制を取っているケースが多く、夜勤が発生します。

また、チーム体制も異なります。オペ室では、手術に携わる看護師・医師・臨床工学士などの職種が1チームとなり、1人の患者を担当します。

それに対し、一般病棟では、看護師によるチームをつくり他の職種と連携しながら、複数の患者を担当するスタイルです。

オペ看護師を目指す人必見!オペ看護師に向いている人って?

オペ看護師を目指す人必見!オペ看護師に向いている人って?
オペ室看護師は、病棟看護師とは仕事内容や働き方が異なります。向いている人の特徴を紹介するので、転職を検討する際に活用してください。


幅広い診療科に携わりたい人


オペ看護師の多くは、1つの診療科だけではなく、一般外科・整形外科・心臓外科などさまざまな診療科の手術に携わります。

特に規模の大きな病院の場合は、10以上の診療科の手術を担当するケースもあるほどです。診療科によって、術式や使用する器械が異なるため、幅広く学ぶ必要があります。

いろいろな診療科に携わりたい人や幅広い分野を勉強することが好きな人にとっては、面白い職種です。


体力と精神力がある人


手術中は長時間立ったままサポートを行い、さらに緊張状態が続きます。手術中のトラブルやミスは患者の命や健康に直結するため、医師から強い口調で指示や注意を受けることも少なくありません。

心身ともにタフで長時間集中できる人は、長く活躍できるでしょう。


周囲のサポートが好き・得意な人


オペ看護師は、手術全般の介助がメインの仕事です。医師などの医療従事者がスムーズに手術を進められるよう、広い視野で手術を見て、きめ細やかにサポートしなければいけません。

自分のサポートによって周囲の人が仕事をしやすくなることや手術が予定よりも早く進むことにやりがいを感じる、縁の下の力持ちタイプの人が向いています。


解剖生理が好きな人


手術の流れや器械の役割を理解するには、人間の体の構造や機能への知識が不可欠です。解剖生理学が好きな人は、適性が高いといえるでしょう。

また、実際の手術を見て、解剖整理の知見を深められるのも魅力です。


柔軟な対応ができる人


手術中に予期せぬトラブルが発生する、緊急手術が必要になるなど、オペ室は一般病棟以上に、突発的な出来事が起きやすい職場です。自宅にいる時に呼び出しを受けるケースもあります。

予想外の出来事があったとしても、すぐに適切な判断を下し、柔軟に対応できる人は、オペ室看護師に向いています。


専門性を磨きたい人


オペ室看護師は、手術の流れや方法、器械など他の病棟では触れない領域に携わります。看護師のなかでも特殊な領域を担当するため、専門性を高めたい人に適しています。

また、新しい手術方法や医療機器の導入の際には、最先端の知識を学ぶ必要があります。常に勉強して、知識をキャッチアップしたい人に向いている職種です。

オペ室看護師のキャリアパスって?代表的なものを紹介

オペ室看護師のキャリアパスって?代表的なものを紹介
オペ室看護師の代表的なキャリアパスについて紹介します。


ICU看護師


ICUは集中治療室とも呼ばれ、集中治療が必要な重篤な患者の対応をする病棟を指します。オペ室看護師の持つ幅広い診療科の知見や柔軟な対応力を活かせる職種です。

また、オペ室看護師や医師などの指示に従って業務を進めますが、ICU看護師は裁量が大きくアセスメント能力を問われる傾向にあります。オペ室看護師の経験をもとに、スキルアップできる点が魅力です。


さらに規模が大きい医療機関で働くオペ看護師


小・中規模の医療機関の手術数は1日3件ほどですが、大規模な医療機関には多くの手術室が設けられており、1日の手術件数は10件以上に達するケースも少なくありません。

多くの手術をスムーズにこなすには、より高度な業務スキルやスケジュール管理をはじめとするマネジメントスキルが必要とされます。また手術数が多い分、まれな手術に携わる機会もあるでしょう。

より幅広く高度なスキルを身につけたいオペ看護師から人気の転職先です。


各診療科


腹部の手術を多く担当してきた場合は消化器内科といったように、オペ室看護師として手術をサポートした経験を活かす道もあります。

実際に手術に携わった経験があるため、患者の状態を的確に把握でき、検査・手術内容の説明もスムーズにこなせるでしょう。

オペ看護師は患者とのコミュニケーションの機会が少なめなので、専門知識を活かしつつ患者と密に関わりたい人におすすめです。


クリニカルスペシャリスト


クリニカルスペシャリストとは、医療機器メーカーの社員として、医療機器の機能・メリットなどのプレゼンテーションや操作方法のデモンストレーションを行い、営業担当をサポートする職種です。

オペ看護師は、幅広い診療科と器械の知識を持っているため、活躍しやすいでしょう。オペ室の状況を踏まえ、医師や看護師に説明できるのも大きな強みです。

営業要素のある仕事なので、成果によっては高年収を実現できます。

まとめ

まとめ
オペ看護師は、手術がスムーズに進むようサポートする看護師を指します。

オペ看護師に向いている人の特徴は、幅広い診療科に携わりたい・体力と精神力がある・周囲のサポートが好きまたは得意などです。

主なキャリアパスとしては、ICU看護師や大規模病院への転職などがあげられます。

オペ看護師に転職したい場合は、医療業界専門の転職サイトがおすすめです。医療機関との関係性が深く、一般的な転職サイトよりも求人を見つけやすいというメリットがあります。
X

この記事が気に入った場合は
Xへポストをお願いします