1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. オペ看護師から病院以外の職場に転職できる?活かせるスキルも紹介

オペ看護師から病院以外の職場に転職できる?活かせるスキルも紹介

オペ看護師は、手術中の器械出しや手術中のサポートなどを担当する職種で、手術をスムーズに進行するうえで欠かせない存在です。

しかし「ワークライフバランスを向上させたい」「給料を上げたい」などさまざまな理由で、転職を考えている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、転職を検討しているオペ看護師向けに、他の仕事に活かせるスキルや医療機関以外の職種、転職を成功させるコツについて解説します。

オペ看護師が他の仕事に活かせるスキルって?代表的なものを紹介

オペ看護師が他の仕事に活かせるスキルって?代表的なものを紹介
オペ看護師のスキルには、他の仕事にも活かせるものがたくさんあります。代表的なものを紹介します。


幅広い診療科の知識


オペ室ではさまざまな診療科の手術を行うため、オペ看護師は幅広い知識を身につける必要があります。特に、診療科目も患者数も多い大病院の場合、非常に広範囲の知識を習得できるでしょう。

また、手術の技術は日々進歩しているため、最先端の医療知識やスキルを学べるのもオペ看護師の特徴です。


柔軟に対応する力


手術中は、急なトラブルや状況変化が起きやすい傾向にあります。手術の内容によっては、少しの異変が患者の生命や健康に大きな影響を及ぼすリスクがあるでしょう。

オペ看護師として業務に携わることで、トラブルや状況の変化にも臨機応変に対応する力が身につきます。


周囲の状況を読む力


オペ看護師は、器械出しをはじめ医師による手術の進行を先読みして、サポートする必要があります。そのためには、医師の動きや患者の様子など手術室全体の状況を把握しなければいけません。

オペ看護師としての経験を積むことで、周囲の状況を読む力を磨けます。

オペ看護師の転職先って?病院以外でも活躍できるって本当?

オペ看護師の転職先って?病院以外でも活躍できるって本当?
オペ看護師は、幅広い診療科の知識や臨機応変な対応ができるスキルを持っているため、一般病棟やICUなどの看護師として歓迎される傾向にあります。

しかし、オペ看護師の活躍先は医療機関だけではありません。医療機関以外で活躍しやすい職種を紹介します。

医療機器メーカー営業


医療機器メーカー営業は、自社の医療機器の特徴・メリットを医師などの医療従事者に伝え、導入につなげる営業職です。

オペ看護師は、手術器具などの医療機器に関する知識が豊富で、執刀する医師のことを深く理解しています。医療機器メーカー営業として適切な提案ができる可能性が高く、活躍しやすいでしょう。

また、手術に使用する医療機器を担当する場合、操作をサポートするために手術に立ち会うケースもあります。オペ看護師の経験を活かし、スムーズに対応できるはずです。

医療機器メーカー営業は、外資企業をはじめインセンティブが充実している会社が多く、成績次第で給与アップを目指せます。

手術の立ち合いやトラブル対応などで残業や休日出勤が必要な時もありますが、基本的に日勤でカレンダー通りに休める仕事です。オペ看護師として働いていた時よりもワークライフバランスが向上する場合が多いでしょう。


クリニカルスペシャリスト


「クリニカルスペシャリスト」は、医療機器メーカーの社員として、営業職をサポートする仕事です。営業職と医療機関を訪問し、医師に自社製品をプレゼンテーションしたり、医師や看護師に操作のデモンストレーションをしたりします。

医療機器の特徴や操作の知識、医療現場への理解が重要な仕事ですので、オペ看護師に向いているといえます。

具体的には、医師へのプレゼンテーションをする時に看護師目線でメリットを伝えられる、看護師に操作を説明する時にオペ看護師時代の経験からよりわかりやすい説明ができるといった強みを発揮できるでしょう。

土日祝休みで夜勤がないため生活リズムが安定した職種です。医療機器メーカー営業と同じく、インセンティブがあるため高年収を目指せます。


コールセンター


自治体や保険会社をはじめとする企業が運営する、健康に関するコールセンターで電話応対を行う仕事です。医療知識を活かし、健康や薬、医療機器に関する相談・問合せに対応します。

ある程度マニュアルやトークスクリプトが用意されている場合が多いものの、顧客に合わせて臨機応変に受け答えしなければいけません。オペ看護師で培った柔軟性を活かすことで、スムーズに対応できるでしょう。

職場によっては幅広い病気・ケガの相談を受ける場合もあり、いろいろな診療科の知識が役立ちます。

24時間体制の職場も多く、日勤のみ・夜勤のみ・日勤と夜勤両方といったように、ライフスタイルに合わせて働き方を選べます。座り仕事なので身体的負担が少ない、会話を通して困っている人をサポートできるといった点が魅力です。

主なデメリットとして、正社員の月給の相場が20万円~35万円ほどのため、オペ看護師時代よりも年収が下がる可能性がある、ずっと座り続けることが多く疲れを感じる場合があるといった点があります。


治験コーディネーター


「治験コーディネーター」は、製薬会社が新薬を開発し世に送り出すために欠かせない「治験」と呼ばれる臨床研究をサポートする職種です。治験とは、開発した薬の人体への有効性・安全性を患者への投薬によって確認することを指します。

治験コーディネーターは、製薬会社と治験を実施する医療機関、被験者である患者の間に立ち、治験がスムーズに進むようサポートします。主な業務内容は、患者への治験内容の説明・患者のメンタルケア・治験に携わる医師の業務サポート・スケジュール調整などです。

治験コーディネーターは、製薬会社・医療機関・患者の間でバランスを取り、良い関係を築くスキルが必要な仕事です。オペ看護師は、場の空気を読んで細かく気配りをするスキルに優れているため、活躍しやすいでしょう。

治験コーディネーターの魅力は、患者の支えとなれる・治験によって回復した患者から感謝される・土日祝休みかつ日勤メインで働ける・さまざまな医療機関の人と関われるなどです。

その一方、事務作業が多く慣れるまで大変である・未経験者の年収は300~400万ほどのため年収が下がる場合があるなどのデメリットがあります。

オペ看護師から転職したい人へ!転職活動に成功するコツとは

オペ看護師から転職したい人へ!転職活動に成功するコツとは
オペ看護師の知識・スキルを活かせる職場はたくさんあります。コツをおさえることで、より転職活動をスムーズに進められます。


自己分析する


これまでの経験を振り返り、「嬉しかったこと」「辛かったこと」「周りから評価されたこと」などを洗い出し、やりがい・給与・ライフワークバランスなど、自分が転職先に何を求めるのかを明確にします。

自己分析をすることで、転職活動の軸が定まり、自分に合った職種・転職先を見つけやすくなるでしょう。


職種・職場をリサーチする


求人サイトや企業のWebサイトをチェックして、希望する職種・企業についてリサーチします。詳しい仕事内容や必要なスキル、労働条件などを知ることで、職種や企業への理解が深まります。また、社員のリアルな声を知れるインタビュー記事も参考になります。


転職エージェントを利用する


転職エージェントを利用することで、キャリアの棚卸や経験・希望にマッチした求人の紹介、応募書類の添削、面接練習、応募先のスケジュール調整などさまざまなサポートを受けられます。

「転職の進め方がわからない」「忙しくて時間が取れない」といった場合は、プロのキャリアアドバイザーの力を借りた方が、スムーズに転職活動ができます。

まとめ

まとめ
オペ看護師の持つ、幅広い診療科の知識や柔軟に対応する力、周囲の状況を読む力は、他の仕事でも活かせるスキルです。

病院以外の職場に転職したいオペ看護師におすすめの職種は、医療機器メーカー営業・クリニカルスペシャリスト・コールセンター・治験コーディネーターです。

転職活動を成功させるには、「自己分析の深堀りをする」「転職サイトや企業のホームページで情報収集」「転職エージェントを利用する」の3つのポイントをおさえるとよいでしょう。

転職サイトや転職エージェントを利用する際は、医療業界専門のものを選ぶとより効率的に転職活動を進められます。医療業界とのパイプが太いためオペ看護師の経験を活かせる求人が多いので、自分に合った転職先を見つけやすくなります。
X

この記事が気に入った場合は
Xへポストをお願いします