1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. ICU(集中治療室)で働く看護師の転職って?キャリアを考えるポイントとは

ICU(集中治療室)で働く看護師の転職って?キャリアを考えるポイントとは

手術後の患者や生命の危機に陥っている患者に24時間体制で高度な医療を提供する「ICU(集中治療室)」。ICU看護師は優れたスキルを持っているため、転職市場でも高く評価されています。

この記事では転職を考えているICU看護師に向け、ICU看護師が持つスキルやICU看護師を続けるメリット・デメリット、活躍しやすい転職先などについて解説します。ぜひ転職活動やキャリアパスを考える参考にしてください。

転職市場で高評価!ICUで働く看護師が持つスキルとは

転職市場で高評価!ICUで働く看護師が持つスキルとは
ICU看護師は、急変しやすい患者を看護しているため、高度なスキルが身についており、転職市場でも高く評価されています。代表的なスキルを紹介します。


患者の状態を素早く把握する観察力


ICUに入院する患者は、状態が急変する可能性が高いため集中治療を受けています。血圧などのバイタルサインや心電図モニターなどを常に確認し、何かあればすぐに医師に報告しなければいけません。

勤務中に多くの患者のあらゆる情報に気を配ってチェックするのは、非常に大変です。ICU看護師の持つ、状態を早く正確に把握する能力は、他病棟の看護師業務などでも非常に役立ちます。


アセスメント能力


ICU看護師は、生体モニターの数値や患者の状態を常に把握し、すぐにアセスメントするスキルが求められる仕事です。

一般病棟の看護師にとっても、アセスメントは重要な業務です。しかし、いつ急変するかわからない患者を担当するICU看護師は、より質が高く詳細なアセスメントをするスキルを求められます。


医療機器の管理・操作スキル


集中治療を行うICUでは、心電図モニターなどのモニタリング機器、人工呼吸器をはじめとする生命維持装置など、多くの医療機器を使用しています。医療機器が正常に作動しているかの確認や操作も、ICU看護師の重要な業務です。

医療機器にトラブルが起きると、患者の命の危機に直結する可能性があります。そのため、ICU看護師は集中治療室で使用する全ての医療機器について知り、適切な管理・操作をしなければいけません。


日常的なケアをするスキル


ICUに入院している患者の多くは、自力で身の回りのことをしたり意思表示したりできません。そのためICU看護師は、患者の状態を見ながら安全と快適さを提供する必要があります。

清拭・爪切り・口腔ケア・マッサージといった看護は、一般病棟よりも頻度が多い傾向にあります。

意思疎通が難しい患者に寄り添い適切な看護をする能力は、ICU看護師以外の仕事にも活かせるでしょう。


コミュニケーション能力


ICUに入院している患者は、突然の事故や病気の急変などが原因で重篤な状態になっているケースが少なくありません。家族の多くは数日前までとは全く違う様子の患者を見て、精神的に大きく動揺しています。

ICU看護師はそうした患者の家族に寄り添い、メンタルケアをする重要な役割を担っています。家族の悩みを聞き、適度な距離感を見極めフォローするには高いコミュニケーション能力が不可欠です。

ICU業務を通して身につけた高いコミュニケーション能力は、一般病棟での看護など幅広い場面で役立ちます。

ICU看護師の経験・スキルが活かせる仕事って?代表的な3つを紹介

ICU看護師の経験・スキルが活かせる仕事って?代表的な3つを紹介
ICU看護師の経験・スキルを活かしやすい、代表的な仕事を3つ紹介します。


訪問看護師


訪問看護師には、幅広い診療科の患者を担当する、急変対応時に自分で判断しないといけない場面があるといった特徴があります。

ICU看護師として、多くの診療科の患者を看護したり、急変対応したりした経験は、訪問看護の現場で非常に役立ちます。

また、病棟勤務の看護師よりも裁量が大きい傾向にあり、患者の状態をよく観察して看護プランを考える必要があるので、アセスメント能力を活かせる仕事です。

在宅医療の重要性が増すのに伴い、訪問看護師は今後ますますニーズが高まるため、将来性があります。


クリニカルスペシャリスト


「クリニカルスペシャリスト」とは、医療機器の特徴や操作方法などを説明し、医療機器営業をサポートする仕事です。

ICU看護師は、さまざまな医療機器の管理・操作に精通しているため、クリニカルスペシャリストとして活躍しやすいでしょう。

営業要素のある職種なので成果によってはインセンティブがもらえる、夜勤がないためワークライフバランスが向上するなどのメリットがあります。


産業看護師


産業看護師は、主に大手企業で、体調不良の社員への対応・健康診断の管理・メンタルヘルスチェックなどを行い、従業員の心身の健康を守る仕事です。

職場に看護師が自分1人しかいないケースが多く、柔軟に判断し対応するスキルや幅広い医療知識が求められ、ICU看護師の経験を活かせます。

福利厚生や給与制度など就労環境の整った大手企業で働ける、就業時間が9~17時または9~18時などに固定されていてワークライフバランスが取りやすいといったメリットがあります。

看護スキルを磨ける!ICU看護師を続けるメリットとは

看護スキルを磨ける!ICU看護師を続けるメリットとは
ICU看護師から転職するかどうかを決めるにあたって、メリット・デメリットを知っておくのは非常に大切です。ここでは、ICU看護師を続ける主なメリットを紹介します。


高度な知識や看護スキルが身につく


ICU看護師は、急変するリスクの高い患者を担当するため、患者の異変を把握しアセスメントする能力が非常に重要です。

さまざまな病気やケガで入院する患者のアセスメントを適切かつスピーディーに行うには、幅広い診療科の知識が不可欠です。さらに、医療機器の取り扱い方法などについても学ぶ機会が多くあります。


柔軟に対応する力が身につく


集中治療を受けている患者は、容態が急変するリスクがあります。そのため、少しでも異変を察知したら、すぐに対応しなければいけません。

ICUで経験を積むことで、状況に応じて適切な看護をするスキルを高められます。


大きなやりがいがある


生命の危険がある状態の患者がICUでの治療によって回復し一般病棟に移る時、ICU看護師は大きな達成感を味わえます。

患者の状態が安定しない分、看護師のちょっとした気づきやケアがきっかけで容態が大きく好転するケースも少なくありません。

ハードワークになりがち?ICU看護師を続けるデメリットとは

ハードワークになりがち?ICU看護師を続けるデメリットとは
高度な知識や看護スキルが身につくなど、ICU看護師を続けるメリットは大きいですが、注意すべきデメリットもあります。


ハードワークになりがち


ICUは24時間体制なので、夜勤や残業が多く、ハードワークになりやすい職種です。また、患者や医療機器の状態をチェックするために、歩き回る時間が長く、体力的にもハードです。


プレッシャーが大きい


ICUは容態が急変するリスクが高い患者が多いため、少しのミスが患者の状態に大きく影響してしまうことが少なくありません。常に大きなプレッシャーがかかる仕事です。

また、いつ容態が変わるかわからないストレスやICUならではのピリピリした雰囲気によって、精神的に疲れてしまうので注意しましょう。


勉強量が多い


ICUは幅広い診療科の患者が入院しており、さらに先端の医療を取り扱っています。そのため、知識として覚える量が多く、忙しいなか勉強時間を確保する必要があります。

まとめ

まとめ
重篤な患者が入院するICUで働くICU看護師は、患者の状態を素早く把握する観察力、アセスメント能力、医療機器の管理・操作など優れたスキルを持っています。

ICU看護師がスキルや経験を活かして活躍しやすい主な職業は、訪問看護師・クリニカルスペシャリスト・産業看護師です。

ICU看護師を続けるメリットには、高度な知識や看護スキルが身につく・柔軟に対応する力が身につくなどがあります。その一方、ハードワークになりがち・プレッシャーが大きいといったデメリットもあります。

ICU看護師が転職先を探す際は、医療業界に特化した転職サイトがおすすめです。医療業界との関係性が深いため、一般の転職サイトよりもICU看護師のスキルを活かせる求人が多く掲載されています。
X

この記事が気に入った場合は
Xへポストをお願いします