1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. コントラクトMRとして働くってどうなの?メリット・デメリットを解説

コントラクトMRとして働くってどうなの?メリット・デメリットを解説

「MR=製薬会社の社員」というイメージがありますが、近年「コントラクトMR」という働き方が注目されています。

MRへ転職する場合、製薬会社のMRとコントラクトMRどちらを選ぶかで、転職後の働き方が大きく異なります。

この記事では、コントラクトMRとはどんな職業か、メリット・デメリット、転職事情など詳しく解説します。MRとして転職したい方は、ぜひチェックしてください。

コントラクトMRってどんな職業?働き方・業務内容などを解説

コントラクトMRってどんな職業?働き方・業務内容などを解説
コントラクトMRとは、「CSO(医薬品販売業務受託機関)」の社員として活動するMRを指します。CSOは、製薬会社を対象にMRの派遣をはじめとする営業・マーケティング活動を行う企業です。

MRの派遣は、新薬発売や製薬会社のMRの急な退職などによる一時的な人員補充といった製薬会社のニーズに対応するためのサービスです。

コントラクトMRは、CSOからクライアントである製薬会社に派遣され、その会社の社員と同じように営業活動をします。

仕事内容は、製薬会社のMRと同じく、医師をはじめとする医療従事者に対する担当医薬品情報の提供や医療従事者からのフィードバックの報告などです。

クライアント先に派遣される働き方でありますが、コントラクトMRは基本的にCSOの正社員です。

コントラクトMRはスキルを磨きやすい!代表的なメリットを紹介

コントラクトMRはスキルを磨きやすい!代表的なメリットを紹介
コントラクトMRには、製薬会社に勤務するMRにはないメリットが多数あります。ここでは代表的なものを紹介します。

1.専門性を磨ける
コントラクトMRは、製薬会社に勤務するMRと比べて、希望する専門領域に挑戦しやすい環境です。

これから伸びる領域の経験を積んで、将来的にはその領域を専門とするMRとして、製薬会社に転職し、専門性の高いコントラクトMRとしての道を極めるなど、さまざまなキャリアパスが考えられます。

代表的な例として、「オンコロジーMR」へのキャリアチェンジが挙げられます。オンコロジーとはがんのことで、がん関連の医薬品に精通したMRのニーズは高く、高年収が期待できます。

しかし、製薬会社勤務の場合は、他の領域からオンコロジーへの転身は難しいのが現状です。コントラクトMRの場合は、クライアントのニーズに応えるために、オンコロジーMRの育成に注力し専用の研修を用意している会社も少なくありません。

2.幅広い領域に携われる
製薬会社勤務のMRは、自社製品にしか携わりません。しかし、コントラクトMRはさまざまな製薬会社の医薬品を取り扱えます。幅広い領域で経験を積み、MRとしてのスキルを高められます。また、多くの製薬会社の製品を担当することで、それぞれの製品の特徴を理解できるようになり、営業活動に活かせます。

3.転勤なしで働ける
MRは転勤が多い職業の代表格というイメージがありますが、コントラクトMRの場合は、勤務地の希望が通りやすい傾向にあります。領域など他の条件にこだわらなければ、希望が通る可能性は高いでしょう。

家族の仕事や学校、マイホームなどの関係で転勤をしたくない場合は、コントラクトMRへの転職も方法の一つです。

4.環境が合わなくても短期間で離れられる
コントラクトMRは案件ごとに配属されるため、高い可能性で1〜2年という期間で職場が変わります。苦手な上司がいる、職場の雰囲気が合わないといった問題が発生しても、短期間で終わるのが分かっているため、ストレスはあまり感じません。

また、派遣先の上司がパワハラなどの問題行動をしている場合は、派遣元に相談して、プロジェクトを変更するという方法もあります。

コントラクトMRのここが大変!代表的なデメリットを紹介

コントラクトMRのここが大変!代表的なデメリットを紹介
コントラクトMRは、専門性を磨ける・幅広い領域に携われる・転勤しなくても良いなどメリットの多い働き方です。しかし、下記のようなデメリットもあります。

1.製薬会社よりも給与が下がる場合がある
一般的には、製薬会社からコントラクトMRに転職すると、給与が下がる傾向にあります。製薬会社から転職したコントラクトMRの年収は、約500万〜800万円が目安です。

勤務先によって年収は異なりますが、インセンティブの比率が高い外資系製薬会社勤務のMRなどは、年収1,000万円を超えるケースも少なくありません。

また、CSOの福利厚生は製薬会社よりも福利厚生が少ない会社が多く、トータルで見るとある程度年収が下がってしまう可能性が高いでしょう。

ただし、オンコロジー領域を経験するなどのスキルアップにより、製薬会社で働くMRと同等かそれ以上の年収を得られる可能性もあります。

2.派遣先のやり方やシステムに慣れる必要がある
派遣先の製薬会社によって、使用するシステムや仕事の流れ、仕事で使う用語が異なります。慣れるまで数ヶ月ほどかかるため、最初は苦労が多いでしょう。

基本的に1~2年くらいで派遣先が変わるので、その度に新しい職場でやり方を習得しなければならず、負担は少なくありません。

3.派遣先に気を遣う
派遣先の製薬会社の中に入って仕事をするコントラクトMRは、何かと気を遣う場面が多い仕事です。

特に気を遣うのが情報の共有です。自社のMRには細かな情報共有を求めていない製薬会社で働いていても、外部の人間であるコントラクトMRは共有漏れがないよう注意しなければいけません。

4.契約が途中終了する場合がある
新薬が予想よりも売れない、コストカットが必要になったなど、派遣先の製薬会社の事情で契約が途中終了する場合もあります。

また、スキルや人柄が派遣先と合わずに別の派遣先に再配属されるケースも少なくありません。

製薬会社のMRと比べて安定感がないことが、コントラクトMRのデメリットです。ただし、契約が途中で終了になり待機期間ができたとしても、正社員であれば雇用元であるCSOから給料が出るので、その点は安心です。

コントラクトMRは売り手市場?未経験でもなれる?転職の現状を解説

コントラクトMRは売り手市場?未経験でもなれる?転職の現状を解説
コントラクトMRの転職において、知っておきたいポイントを解説します。

1.コントラクトMRのニーズは高まっている
2022年5月に日本CSO協会が発表した「我が国のCSO事業に関する実態調査-2021年度」によると、コントラクトMRが全MRに占める比率は、過去最高の6.4%に達しました。

MR全体の人数が減少するなか、コントラクトMRの比率は年々増加しており、製薬会社所属のMRがコントラクトMRに置き換わっていると考えられます。このように、コントラクトMRのニーズは高く、売り手市場の傾向にあります。

2.コントラクトMRは未経験でも採用されやすい
製薬会社のMRに未経験者が中途採用されるのは、狭き門だと言われています。CSOは、未経験者を育成するノウハウを持っているケースが多く、未経験者の採用に積極的な傾向があります。

未経験であれば、製薬会社のMRを目指す前段階として、コントラクトMRの経験を積むルートも検討してみましょう。

3.契約期間中の転職は厳しい
現在コントラクトMRとして働いている場合、契約期間中に他のCSOに転職するのは厳しいかもしれません。CSOとしては、契約期間中に派遣した社員が自分の都合でプロジェクトを離脱すると問題になるため、なるべく引き留めようとするはずです。

また、派遣先の製薬会社に迷惑をかけるため、製薬業界で今後働くうえでマイナスになる可能性があります。契約期間終了のタイミングで転職できるよう、スケジュールを調整しましょう。

まとめ

まとめ
コントラクトMRは、製薬会社の営業・マーケティング活動をサポートするCSOの社員として、製薬会社に派遣され営業活動を行います。

コントラクトMRには、専門性を高められる・幅広い領域に携われる・転勤なしで働けるなどメリットが多くあります。ただし、製薬会社のMRよりも給料が安いケースがある・派遣先のやり方やシステムに慣れる必要があるなどのデメリットもあります。

コントラクトMRがMR全体に占める割合は年々増加しており、MR未経験者の採用にも積極的です。コントラクトMRとして働いている場合は、契約終了のタイミングで転職できるよう調整しましょう。

コントラクトMRの求人を探す際は、医療業界専門の転職サイトを利用すると効率的です。医療業界とのつながりが深くMR求人が豊富なため、希望に合った案件が見つかりやすいからです。