医療業界で転職するなら知っておきたい!今話題のヘルステックとは何か

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医療業界で転職するなら知っておきたい!今話題のヘルステックとは何か

医療業界で転職するなら知っておきたい!今話題のヘルステックとは何か

医療業界で転職するうえで、話題になっているトピックスを知っておくのは非常に重要です。転職先選びのヒントや面接対策などに役立ちます。

この記事では、今注目されている「ヘルステック」について解説します。最先端のデジタル技術と医療を掛け合わせたヘルステックは、超高齢化社会の到来に伴う医療費の増大、患者負担など、さまざまな課題を解消する役割が期待されている分野です。

この記事では、ヘルステックの概要や注目されている背景、実際のサービス、将来性について解説します。

今話題のヘルステックってそもそもどんなもの?わかりやすく解説

今話題のヘルステックってそもそもどんなもの?わかりやすく解説
「ヘルステック(Healthtech)」とは、「健康」を意味する「ヘルスケア(Healthcare)」と技術を意味する「テクノロジー(technology)」をかけ合わせてつくった造語です。

AI・IoT・クラウド・ウェアラブルといった最先端のテクノロジーを活用し、予防や治療など医療やヘルスケア領域の課題に取り組むシステムを指します。

iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及やスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスの登場など社会全体のデジタル化が進んだことにより、ここ10年くらいで生まれた新しい市場です。

ヘルステックは、人々の健康な生活を支える重要な技術として、年々重要度が増しています。2019年に株式会社富士経済が発表した調査結果によると、ヘルステック・健康ソリューション関連の国内市場は、2017年は2,055億円でしたが2022年には3,083億円と2017年比で約50%増の急成長が予想されます。

なかでも、働き方改革に伴う健康経営関連サービス、ストレスチェックなどのメンタルヘルスサービス、健康情報測定機器・治療器が大きな伸びを見せています。

また、日本国内に限っても多様なヘルスケアベンチャーが誕生しており、ヘルステックは医療機器メーカーをはじめ医療業界にも大きな影響を与えるでしょう。

なぜ急成長?ヘルステックが注目を集めている背景とは

なぜ急成長?ヘルステックが注目を集めている背景とは
ヘルステックが注目を集めている主な理由を解説します。

(1)超高齢化社会による医療費の増加
ヘルステック業界は2017年から2022年の5年間で、市場が1.5倍にも成長すると予測されています。注目を集めている背景には「2025年問題」があります。

2025年問題とは、2025年にいわゆる「団塊の世代」の約800万人が後期高齢者にあたる75歳以上になり、日本国民の約25%が後期高齢者になることで生じるさまざまな問題を指します。

一番の問題は医療費の大幅な増大です。これまでの制度では医療費をまかないきれないかもしれません。

さらに、医療機関へのアクセスが困難である、生活が苦しいといった理由で、必要な医療が受けられない人が増えるリスクも考えられます。

ヘルステックによって医療を効率的に提供できれば、医療費の削減や医療格差の解消に役立つと期待されています。

(2)予防医療の普及
日本人の健康への意識は年々高まっており、ウォーキングやジムなど運動を習慣化する、人間ドックや健康診断を受ける、食生活や睡眠を改善するといった行動をする人が増えています。

それに伴い、ヘルステックを活用した健康管理が話題となっており、今後さらにニーズが高まるでしょう。

また、予防医療の進歩により、高齢になっても健康な人が増え、医療費の抑制につながると期待されています。

(3)従業員のメンタル管理が重要視されている
メンタルヘルスの問題を持つ従業員が増えると、企業の生産性に大きく影響するため、メンタル管理を重要視する企業が増えています。

2015年に厚生労働省によって、従業員が50人以上いる事業所では年1回の「ストレスチェック」が義務化されましたが、企業によっては改善が難しいケースがあるかもしれません。

メンタル管理用のヘルステックサービスを活用することで、コストや工数をおさえつつ、管理ができるようになると期待されています。

ヘルステックにはどんなものがあるの?代表的なサービスを解説

ヘルステックにはどんなものがあるの?代表的なサービスを解説
ヘルステックを活用した代表的なサービスを解説します。

(1)遠隔診療サービス
地方に住んでいる、身体的に移動が難しいといった理由で医療を受けにくい患者が、タブレット端末やスマートフォンを使ってオンラインで診療を受けるサービスです。医師の診察を受けてアドバイスをもらうだけでなく、診療予約から診断、処方箋、薬の受け取りまで、ワンストップで完結するサービスもあります。

医療機関における診察効率の向上・患者負担の軽減・医療格差の解消など、大きなメリットが期待できます。

(2)AIによる診断サポートや進行の予想
現代の医療では、CTやMRなどの診断機器が進歩しているため、医師は膨大な量の画像・データをもとに、診療をしなければいけません。

AI技術によって画像・データの分析を効率化し、異常を指摘することで、医師の負担を軽減できます。

さらに、患者の発症リスクやその後の経過を予測する、医師に注意喚起するといったサポートも可能です。

(3)健康管理・健康経営
個人ユーザーが日々の体調を記録しAIからアドバイスをもらえるアプリや、企業が健康経営を目指し、従業員の健康管理に活用するツールも多く登場しています。なかには、ウェアラブルデバイスと連携し、血圧などの生体データを取得・活用できるものも存在します。

食事や睡眠などの生活を記録し、健康状態を可視化。さらに、AIの解析結果に基づき課題を指摘することで、健康意識を高め、健康管理をサポートする効果が期待できます。

病気になってから治療するのではなく予防が重要視されるなか、注目を集めている分野です。

ヘルステックの将来性って?これからも成長は続くのか

ヘルステックの将来性って?これからも成長は続くのか
ヘルステック市場は、高齢化の影響を受け世界的に伸びており、異業種の企業やベンチャー企業、スタートアップ企業などの参入がさかんです。

さらに、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う健康意識の向上にも後押しを受けています。

今後技術が進歩し、健康に過ごせる「健康寿命」を伸ばすことが重要になるにつれ、さらにヘルステックの担う役割は大きくなると考えられるでしょう。

医療業界で長く活躍したいのであれば、ヘルステック領域に強い企業や医療機関に転職するのも、方法のひとつです。


【まとめ】
ヘルステックは、AI・IoT・クラウド・ウェアラブルといった最新のテクノロジーを活用した医療を指します。年々市場が成長しており、調査によると2022年のヘルステック・健康ソリューション関連の国内市場は、2017年の1.5倍になると予想されています。

ヘルステックが普及する背景には、超高齢化社会の到来による医療費の増大・予防医療の重要性の高まり・従業員のメンタル管理を重要視する企業の増加などの要因があります。

代表的なヘルステック関連のサービスは、遠隔診療サービスやAIによる診断サポート、健康管理・健康経営などです。

ヘルステック市場は今後ますます成長が予想され、将来性のある転職先を探している場合は、ヘルステックに強い企業を目指すとよいでしょう。

ヘルステック企業への転職を希望するなら、医療業界に特化した転職サイトがおすすめです。業界とのパイプを活かし、一般の転職サイトにはないヘルステック関連の求人を豊富に掲載しています。