転職エージェントを使わないってどうなの?使わない場合の転職方法とは

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 転職エージェントを使わないってどうなの?使わない場合の転職方法とは

転職エージェントを使わないってどうなの?使わない場合の転職方法とは

「転職エージェントは使わない方がいい」と聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。転職エージェントは、求人の紹介や選考対策などのサポート対策が手厚いため、上手に活用すれば転職活動を有利に進められます。

その反面、場合によっては転職エージェント以外の転職方法が適しているのも事実です。この記事では、転職エージェントは使わない場合の転職方法などを解説します。

転職エージェントを使わなくても転職はできる!主な転職方法を紹介

転職エージェントを使わなくても転職はできる!主な転職方法を紹介
結論から言いますと、転職エージェントを使わなくても転職は可能です。転職サイトや企業の採用ページ、ハローワーク、紹介など、転職方法はたくさんあります。

代表的な転職方法について解説します。

(1)転職サイト
転職エージェント以外の転職方法としては、最も一般的な方法です。転職サイトに掲載されている大量の求人情報から、職種や給与など求める条件に合った求人に応募するシステムです。

転職サイトの掲載料は、転職エージェントの成功報酬に比べると安い場合が多く、さまざまな規模や職種の求人が掲載されています。

自分で応募するため、マイペースに転職活動ができます。また、転職エージェントと異なり、会社名などがオープンになっているため「まずはどんな求人があるのかチェックしたい」という場合にも便利です。
医療業界など業界や職種に特化した転職サイトもあり、一般的な転職サイトよりも特定の業界・職種の求人が充実しています。

ただし、条件の良い求人には応募が殺到するため、競争率が高く、書類選考の時点で落ちてしまう場合も少なくありません。また、自分一人で転職活動を進めるため、孤独感を覚える、悩みを抱え込むなどのリスクがあります。

(2)ハローワーク
ハローワークは、厚生労働省が全国に設置している行政機関で、求人の紹介や転職相談、雇用保険などの事務手続きを担っています。

ハローワークのメリットは、地域に根差した求人が多い点です。一般的な転職サイトでは、都市部の求人は充実していても、地方の求人は少ない場合があります。地方での転職を考えている場合は、ハローワークもチェックしてみるとよいでしょう。

デメリットとしては、転職相談を担当する職員の質にばらつきがある点があげられます。ベテラン職員のなかには、今の転職事情に詳しくない人が多いので、アドバイスが妥当か自分でも調べるようにするのをおすすめします。

(3)採用ページから直接応募
希望の転職先が決まっている場合は、採用ページをこまめにチェックし、直接応募する方法もあります。企業と直にやり取りができ、やる気をアピールしやすいのがメリットです。

デメリットとしては、いつ募集があるのかわからないので常にアンテナを張る必要がある、転職サイトや転職エージェントで募集をかけていても、採用ページを更新していないことがあるなどがあげられます。

採用ページのみに絞らず、転職サイトなどと併用するとよいでしょう。

(4)リファラル採用を利用する
リファラル採用とは、転職希望先の社員に採用担当者に推薦してもらう方法です。昔から紹介による採用はありましたが、積極的にリファラル採用を実施する企業が増えています。

社員の紹介なので、書類選考に落ちる可能性が少なく、面接でも好意的に見てもらえる可能性が高いでしょう。また、社内の雰囲気や人間関係など詳しい情報を知れるため、ミスマッチを防げます。

ただし、選考に通過した場合に断りにくい、転職したい時期と企業が採用したい時期のタイミングが合うとは限らないなどのデメリットもあります。

転職エージェントを使わない方がいい理由とは?意外なデメリットとは

転職エージェントを使わない方がいい理由とは?意外なデメリットとは
転職エージェントを使わない方がいい主な理由を紹介します。

(1)限られた求人にしか応募できない
転職エージェントの場合、基本的にキャリアアドバイザーからマッチする求人を紹介してもらい応募します。

自分で応募先を探すのとは異なり、キャリアアドバイザーがマッチしていると判断しないと紹介してもらえません。また、転職エージェント内の社内選考があるため、未経験の職種・業界の求人や好条件で競争率の高い求人は、希望しても落とされてしまうケースがあります。

(2)キャリアアドバイザーにペースを乱される
転職エージェントのビジネスモデルは、転職者が入社したタイミングで企業側が紹介料を支払うという仕組みです。

そのため、転職者に早く入社して欲しいという思いから、意思決定を急かしたり、転職者の希望よりも内定が取りやすいかを重視して求人を紹介したりするキャリアアドバイザーもいます。

なかには、キャリアアドバイザーに押されて、不本意な転職をして後悔するケースもあります。

(3)キャリアアドバイザーとの相性が合わない
転職エージェントを使うメリットは、キャリアアドバイザーによる手厚いサポートです。しかし、希望する業界の知識・経験が乏しい、しっかり希望を伝えているのに的外れな求人ばかり紹介して来る、性格が合わないなどの理由で担当者との相性が悪いケースもあります。

相性が悪いと、転職活動に悪影響が出てしまうので、転職エージェントに伝えて担当者を変えてもらいましょう。

転職エージェントを使う方がいい理由とは?知っておきたいメリットとは

転職エージェントを使う方がいい理由とは?知っておきたいメリットとは
転職エージェントを使うメリットを解説します。

(1)客観的な視点からキャリアを考えられる
専任のキャリアアドバイザーと一緒にキャリアを棚卸したり、向いている業界・職種を教えてもらったり、客観的な視点からキャリアを考えられるので、より自分に合った転職を実現できます。

また、自分の転職市場での価値がわかるため、効果的に転職活動を進められるでしょう。

(2)選考対策をしてもらえる
転職エージェントを使うと、履歴書の添削や面接練習をしてもらえるため、選考通過率アップが期待できます。自分の強みをアピールするのは、意外に難しいものです。「なぜか毎回落ちてしまう」といった場合は、プロの視点からアドバイスをもらうことで、内定獲得の可能性が高まります。

(3)非公開求人を紹介してもらえる
「非公開求人」とは、採用側の意向で転職サイトなどオープンな場で募集していない求人のことです。企業の今後のプロジェクトに大きく関わるポジションの募集、公開すると応募が殺到すると予想される好条件の求人の場合、非公開求人にするケースが多いといわれています。

一般の転職サイトで見つけられない求人を紹介してもらえるのは、転職エージェントの大きなメリットです。

転職エージェントを使わない方がいい人・使った方がいい人

転職エージェントを使わない方がいい人・使った方がいい人
転職エージェントを使わない方がいい人と使った方がいい人、それぞれの特徴を紹介します。

(1)転職エージェントを使わない方がいい人
腰を据えて自分のペースで転職したい場合は、キャリアアドバイザーから急かされるとペースが崩れてしまう可能性があります。また、人から意見されるのが苦手なタイプの人にとっては、担当者からの意見はわずらわしく感じるかもしれません。

(2)転職エージェントを使った方がいい人
1人で転職活動を進めるのが不安な人や転職活動に行き詰っている人は、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーからアドバイスをもらうのをおすすめします。

自分に合った求人の紹介や選考対策がきっかけで、スムーズに転職できる可能性が高まるでしょう。


【まとめ】

転職エージェントを使わない転職方法としては、転職サイト・ハローワーク・採用ページ・リファラル採用などがあります。

転職サイトのなかには、業界特化型のサイトもあり、医療業界を志望する場合は医療業界専門のサイトを使うのが効率的です。一般の転職サイトに比べ、医療業界の求人が多く、転職に役立つ情報も充実しています。

転職エージェントには、メリット・デメリットがあるので、自分の転職スタイルを考えて利用するとよいでしょう。