転職エージェントの面談時の服装は?失敗しないコツ

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 転職エージェントの面談時の服装は?失敗しないコツ

転職エージェントの面談時の服装は?失敗しないコツ

転職エージェントを利用する際は、必ずキャリアアドバイザーとの面談があります。しかし「何を着ていけばいいのかわからない」「スーツじゃないと印象が悪い?」と、服装に悩む人が多いのではないでしょうか。

ほとんどの場合、転職エージェントとの面談に服装の決まりはありません。しかし、社会人としての基本的な身だしなみができていないと、悪印象につながります。特に医療業界で転職を目指す場合は、選考時の面接で清潔感が重視されるため、面談時もチェックされる可能性が高いでしょう。

この記事では、転職エージェントと面談するときの服装について詳しく解説します。

スーツじゃなくてOK!転職エージェントとの面談で着る服装の基本

スーツじゃなくてOK!転職エージェントとの面談で着る服装の基本
特に指定がない限り、スーツで面談に行く必要はありません。カジュアルすぎたり、身だしなみが乱れたりしなければ、私服でもOKです。

「私服勤務だからスーツだと職場で目立ってしまう」「夏にジャケットを着たくない」という人でも、安心して転職エージェントとの面談に向かえます。

ただし、服装がだらしないと転職への真剣さを疑われてしまうので、事前に服装のマナーを確認しておきましょう。

私服で面談を受ける場合は、オフィスカジュアルがおすすめです。オフィスカジュアルは、仕事の場にふさわしく、キャリアアドバイザーに好印象を抱かれやすい服装です。

もちろん、スーツで面談を受けても問題はありません。オフィスカジュアル向きの服を用意できない、面接時のスーツの着こなしをチェックしてもらいたいという場合は、スーツがおすすめです。

転職エージェントの面談でスーツを着る時に気をつけるべき点とは

転職エージェントの面談でスーツを着る時に気をつけるべき点とは
「スーツなら大丈夫」と思いがちですが、実はスーツの種類や身だしなみによっては面談の場にふさわしくない服装になってしまう場合もあります。注意点は下記の通りです。

(1)カジュアルすぎる・派手すぎるスーツはNG
デニムスーツなどのカジュアルすぎるスーツ、色や形が派手すぎるスーツは、ビジネスシーンではふさわしくないため、面談では避けましょう。

社会人としてのビジネスマナーが身についていない、常識がないという印象を与えてしまうリスクがあります。スタンダードや色・形・素材のスーツがおすすめです。

(2)サイズ感や汚れに注意
スーツのサイズが合っていないと、だらしない印象になってしまうので、試着してチェックしましょう。もしサイズが合わない場合は、面接時に必要になるので、新たに購入するのも方法のひとつです。

また、汚れやしわもマイナスイメージにつながるため、クリーニングに出す、アイロンをかけるなどお手入れをしましょう。

身だしなみがだらしないと、やる気がない・仕事でもルーズ・準備不足といった印象になるので、要注意です。

オフィスカジュアルってどんな服装がいいの?男女別に解説

オフィスカジュアルってどんな服装がいいの?男女別に解説
オフィスカジュアルとは、主に社内で仕事をするのに適し、来客対応しても失礼にならない服装を指します。

男女別にオフィスカジュアルのポイントについて解説します。

(1)男性のオフィスカジュアル
普段職場でオフィスカジュアルを着ている人は、そのままの服装で大丈夫です。ネクタイも締める必要はありません。

シャツは、フォーマル時は無地を着る場合が多いですが、柄物やボタンにアクセントのあるものを選んでおしゃれを楽しむのもよいでしょう。ジャケットは、柄物やボトムスと素材の違うものもOKです。ボトムスは、スラックスやチノパンが主流です。

また、インナーはきちんとした印象のものであれば、襟がついていなくても問題ありません。単色のニットやシンプルなカットソーなど、清潔感のあるものを選ぶとよいでしょう。

真夏は、ジャケットなしでもOKですが、カジュアルになりすぎないよう、ポロシャツや半そでシャツなど襟付きのものがおすすめです。

靴はきれいに磨かれた革靴を履きましょう。サンダルやスニーカーはカジュアルすぎるので、面談時には避けた方が無難です。

(2)女性のオフィスカジュアル
女性のオフィスカジュアルは、男性と比較して非常に幅広いスタイルです。ビジネスの場にふさわしい落ち着いた服装であれば、普段着でも問題ありません。

ブラウス・カットソー・ニットなどにスカートやパンツを合わせ、ジャケットを羽織るのが基本です。トップスに白や水色など明るめの色を持っていくと、好印象を与えられます。

ジャケットの代わりにカーディガンでも問題はありませんが、きちんと感を出したい場合はジャケットがよいでしょう。ワンピースであれば、紺やベージュなどのベーシックカラーがおすすめです。

女性のオフィスカジュアルにあまり制限はありませんが、フリルやリボンなどの装飾が大きすぎる、原色など派手すぎる色、スカート丈が短すぎる、露出が多いといった服装は、TPOをわきまえていない印象を与えかねません。

靴はヒールが太く高すぎないパンプスが基本です。サンダルやミュールはカジュアルすぎる印象になります。

メイクは、健康的で好感度の高いナチュラルメイクがおすすめです。ラメや原色をふんだんに使った派手な印象のメイクを避けましょう。逆にノーメイクも、身だしなみに無頓着な印象になります。ネイルは、原色や凝ったデザインではなく落ち着いたカラーで仕上げると、清潔感が出ます。

これだけは知っておきたい!転職エージェントの面談の服装で注意すべき点

これだけは知っておきたい!転職エージェントの面談の服装で注意すべき点
転職エージェントの面談に行く際に、おさえておくべき服装の注意点を解説します。

(1)カジュアルすぎる服装はNG
転職エージェントとの面談時にあまりにもラフな服装をするのは避けましょう。

例えば、サンダルやハーフパンツ、サングラスはカジュアルな印象が強く、キャリアアドバイザーとの面談にはふさわしくありません。ジーンズ素材の服も、気にする人もいるかもしれないため、避けた方がよいでしょう。

(2)明るすぎる髪色には注意
今の職場ではOKであっても、明るすぎる髪色はマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。応募書類に添付する証明写真の撮影時や面接時は、落ち着いた髪色にする必要があるので、面談前に染め直しておきましょう。

また、髪の毛がボサボサだと清潔感を損なうため、整えてから面談に行くのをおすすめします。

(3)強い香水や派手なアクセサリーはNG
強い香水や派手なアクセサリーは、不真面目な印象を与えるため、ビジネスシーンではNGです。TPOにふさわしい振る舞いができない人だと思われる可能性が高いでしょう。

汗などの臭いが気になるのであれば、軽い香りの制汗スプレーやボディーシートを使うと、清潔感のある印象になります。

また、男性は結婚指輪以外のアクセサリーをつけない方が無難です。

(4)清潔感のある身だしなみに整える
服のアイテム選びがTPOに適していても、シワや汚れのある服を着ていると、清潔感がなくだらしない印象を与えてしまいます。男性の場合は、ひげが伸びていないかも要チェックです。

特に医療業界を志望する場合は、採用側が清潔感のある人材を求めているため、キャリアアドバイザーから「この人なら紹介しても安心」と思われるよう面談時から気を配りましょう。

(5)A4サイズが入るカバンを持っていく
面談では、キャリアアドバイザーから書類を渡される場合が多いので、A4サイズの入る大きめのカバンがおすすめです。書類に記入するための筆記用具、メモ帳、書類をきれいに持ち歩くためのクリアファイルを入れておくとよいでしょう。

男性であればビジネスバッグ、女性であればトートバッグがおすすめ。リュックサックなどのカジュアルすぎるカバンは避けた方が無難です。


【まとめ】
転職エージェントの面談で着る服装は、スーツまたはオフィスカジュアルがよいでしょう。面接ではないので、かしこまった服装をする必要はありません。しかし、TPOに合った清潔感のある服装は、キャリアアドバイザーに好印象を与え、その後の転職活動にもプラスに働きます。

逆にカジュアルすぎる服装や派手すぎる服装、シワや汚れのある服、強すぎる香水は、不真面目な印象を与えてしまうので要注意です。

医療業界での転職を考えている場合は、業界の転職動向に詳しくノウハウも豊富な医療業界専門の転職エージェントがおすすめです。医療業界に特化した転職サイトと合わせて使い、転職活動を有利に進めましょう。