転職エージェントの面談って何をするの?注意点や準備など詳しく解説

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 転職エージェントの面談って何をするの?注意点や準備など詳しく解説

転職エージェントの面談って何をするの?注意点や準備など詳しく解説

転職エージェントを利用する際に、必ずといっていいほど行われるのがキャリアアドバイザーとの面談。「必要ないのでは?」と感じている人もいるかもしれませんが、実は転職活動を大きく左右する重要な意味を持つものなのです。

この記事では、医療業界での転職を考えている方向けに、転職エージェントとの面談がどんなものなのか、必要な準備などを解説します。

転職エージェントとの面談をする意味とは?重要な理由とは

転職エージェントとの面談は、今後の求人紹介や転職サポートの方向性を決める非常に重要なものです。

一番の目的は、キャリアアドバイザーの求職者に対する理解を深めることです。求職者から転職先への希望や今の職場への不満を聞くだけではなく、会話を通して本人も気づいていないニーズを探ります。そのうえで、その求職者にマッチする企業・仕事を見極め、転職活動の方向性を決めていくのです。

さらに「医療業界未経験でもMRとしてやっていけるのか」「40代でもよい転職先が見つかるのか」といったキャリアに対する不安も相談できます。

経験豊富なキャリアアドバイザーから転職市場を踏まえたアドバイスをもらうことで、新たな可能性を発見できる場合もあるでしょう。

面談は、求職者が転職エージェントを活用した活動の進め方を確認したり、キャリアアドバイザーとの相性を判断したりする場でもあります。キャリアアドバイザーの質問に答えるだけでなく、自分から積極的に質問するとより有意義なものになります。

応募先との面接ではないので、そこまで重く考える必要はありませんが、ある程度の心づもりをしておいた方がスムーズです。

転職エージェントとの面談はどんな流れ?持ち物や服装はどうすればいいの

転職エージェントとの面談はどんな流れ?持ち物や服装はどうすればいいの
転職エージェントとの面談の流れと持ち物・服装を解説します。

(1)転職エージェントとの面談の流れ
面談時間は、人材会社やキャリアアドバイザーによってさまざまですが、1~1.5時間くらいが目安です。時間に余裕がない場合は、スケジュール調整のタイミングで所要時間を確認しておきましょう。

面談場所は、転職エージェントの社内に設けられている面談ブースやカフェなどです。電話やオンラインでの面談を実施している転職エージェントも少なくありません。

当日の流れは下記の通りです。
【1】自己紹介
    ↓
【2】これまでの経歴・仕事内容・スキルなどの確認
    ↓
【3】転職理由・目指すキャリアの共有
    ↓
【4】職種・年収など希望条件の確認
    ↓
【5】マッチする求人の紹介

(2)必要な持ち物・服装
転職エージェントとの面談当日には、記入済の職務経歴書、記入・写真貼り付け済の履歴書を持参しましょう。医療広告のデザイナーなどクリエイティブ職希望の場合は、ポートフォリオも必要です。
ただし、事前に転職エージェントに提出済の場合は、書類を持っていく必要はありません。
求人の紹介や今後の流れの説明があるので、筆記用具とメモ帳を用意するのをおすすめします。
面談時の服装に特に決まりはなく、スーツを着る必要もありません。ただし、あまりにもカジュアルな服装や清潔感に欠ける身だしなみは、第一印象に影響するので、避けた方がよいでしょう。特に医療業界は、誠実さや清潔感のある服装が好まれるので、ある程度は気を配るのをおすすめします。

転職エージェントとの面談では何を話せばいいの?内容を詳しく解説 

転職エージェントとの面談では何を話せばいいの?内容を詳しく解説 
転職面談では具体的にどのような内容を話せばよいのでしょうか。項目ごとに解説します。

(1)自己紹介
面談はお互いの自己紹介からスタートします。その際に、キャリアアドバイザーから自社の転職エージェントの特徴や転職の流れ、サポート方針などの説明があります。

担当者自身のキャリアや転職サポート実績、強みなども質問し、人柄やスキルなどを見極めましょう。幅広い業界の転職を支援している転職エージェントであれば、医療業界への知見がどのくらいあるかも合わせて確認しておくのがおすすめです。また、医療業界の転職動向などの情報も聞けます。

(2)これまでの経歴・仕事内容・スキルなどの確認
担当者が職務経歴書をもとに、キャリアの棚卸をします。これまでの仕事内容や実績、得意不得意、現職に就いた理由などを把握し、案件紹介や転職サポートの参考にします。誇張せずにありのままを話すとよいでしょう。

(3)転職理由・目指すキャリアの共有
求職者にマッチした求人を探すために、転職理由や目指すキャリアを共有します。「残業が多すぎる」といったネガティブな理由でも問題はありません。希望が明確な方が、適した求人を見つけやすくなります。

目指すキャリアがはっきりしない場合は、その旨伝えましょう。スキルや適性、業界の動向を踏まえ、キャリアプランづくりをサポートしてもらえます。

(4)職種・年収など希望条件の確認
職種や年収など、転職先に求める条件をキャリアアドバイザーに伝えます。あらかじめ、条件の優先順位を決めておき、担当者に伝えると希望条件とマッチした求人が見つかる可能性が高まります。

(5)求人の紹介
転職エージェントによっては、面談の内容をもとにその場で求人を紹介する場合もあります。求人の特徴を聞き、平均残業時間や社内の雰囲気など気になる点を積極的に質問しましょう。表には出にくい、育休産休の取得実績や復帰実績なども細かく聞けるのが、転職エージェントの強みです。

もし、マッチしていないと感じる場合は理由を添えて断ってもかまいません。理由を踏まえ、より適した求人を紹介してもらえる可能性があります。

当日までにチェック!転職エージェントの面談で注意すべきこと

当日までにチェック!転職エージェントの面談で注意すべきこと
転職エージェントを有効活用するために、面談時に注意すべき点をまとめました。

(1)経歴・現職の給与など嘘をつかない
転職活動を有利に進めるために、転職エージェントに嘘をついてはいけません。学歴・職歴・給与などを偽ると、適切なマッチングができないばかりか、発覚時に内定取り消しなどのリスクが生じます。

(2)社会人としてのマナーを守る
面談に連絡なしで遅刻する、キャリアアドバイザーに暴言を吐く、面談時間が過ぎてもわざと話し続けるといったマナー違反をすると、転職サポートが受けられなくなる可能性があります。常識のない求職者を紹介するのはリスクが高いためです。

(3)転職時期を決めておく
中途採用の求人は、退職者の出たポジションの補充や新プロジェクトに向けた採用など、急ぎの募集が多いといわれています。そのため、スピード感やタイミングは非常に重要です。

転職エージェント側からすると、転職時期が明確な求職者の方が、紹介がしやすいといえるでしょう。

(4)キャリアの棚卸をしておく
スムーズにキャリアアドバイザーに自分のキャリアや強みを説明できるよう、事前に棚卸をしておくのをおすすめします。

具体的な数字を交えて実績を伝えられると、キャリアアドバイザーとしては採用側に伝えやすいでしょう。特にMRなどの営業職であれば、売上は大きなアピールポイントとなるはずです。


【まとめ】
転職エージェントとの面談は、転職活動を大きく左右する重要なものです。自分のキャリアや希望条件などをしっかり伝えることで、マッチした求人を紹介してもらえ、スムーズに活動をすすめられるでしょう。また、面談時には医療業界の転職動向などの情報も得られます。

面談時は、経歴など虚偽の申告をしない・社会人としてのマナーを守る・転職時期を決めておく・事前にキャリアの棚卸しをしておくの4点が大切です。

医療業界で転職活動するのであれば、転職エージェントと並行して医療業界専門の転職サイトもチェックしておきましょう。転職エージェントが保有していない求人が見つかる、転職のノウハウを学べるなどのメリットがあります。