臨床工学技士の年収はどのくらい?医療機器メーカーは高収入って本当?

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 臨床工学技士の年収はどのくらい?医療機器メーカーは高収入って本当?

臨床工学技士の年収はどのくらい?医療機器メーカーは高収入って本当?

臨床工学技士は、医師の指示を受け、人工呼吸器や血液透析器といった医療機器の操作・保守点検をする職業です。医療現場では多くの医療機器が使われているため、スペシャリストである臨床工学技士は非常に重要な役割を果たしています。

しかし、臨床工学技士はまだ新しい職業のため、年収がどのくらいかわからない人も多いのではないでしょうか。また、インターネットで調べると「他の医療系資格職と比べて年収が低い」「病院より医療機器メーカーの方が高年収である」など、さまざまな情報が見つかります。

この記事では、臨床工学技士の年収事情について解説します。

臨床工学技士の年収の相場とは?他の職種と比べてどうなの?

臨床工学技士の年収の相場とは?他の職種と比べてどうなの?
大手転職サイト『doda』は、2020年9月~2021年8月にdodaエージェントサービス登録した人の年収データを調査した『【165の職種別】平均年収ランキング』※を公表しています。その調査によると、臨床工学技士の平均年収は約407万円です。

全職種の平均年収は、403万円と臨床工学技士の平均年収とほぼ同じ額です。臨床工学技士は新しい仕事のため平均年齢が若い点を考慮すると、やや高年収の職業といえるでしょう。

他の医療系国家資格については、臨床検査技師は379万円、診療放射線技師は413万円と、臨床工学技士と大きく変わらない年収です。

臨床工学技士の年収は何で決まるの?主な理由を解説

臨床工学技士の年収は何で決まるの?主な理由を解説
臨床工学技士の年収は、勤務先・本人のスキル・経験年数など、さまざまな理由で決まります。主な理由を知ることで、年収アップのヒントになります。

(1)勤務先
臨床工学技士の年収は、勤務先によってさまざまです。勤務先ごとの具体的な特徴を紹介します。

・国公立病院
国公立病院は、公務員として勤務するため、ずば抜けた高年収は難しいですが、安定性の高い職場です。手当など福利厚生が充実しているため、基本給と合わせると充分な年収が期待できます。毎年コンスタントに昇給していくのも魅力です。

・民間の病院
民間の病院は、国公立病院と比較して、年収が高いケースが多いでしょう。しかし、病院の経営状態や福利厚生の手厚さに年収が大きく左右されます。基本給が高くても、手当も含めると、国公立病院の方が実質的に高年収の場合もあるでしょう。高年収を希望する場合、就職・転職活動時に、勤務条件をしっかりチェックするのが非常に重要です。

・透析クリニック
人工透析器の操作や保守・点検を担う臨床工学技士は、透析クリニックに欠かせない存在です。資格手当の他に、透析業務に関する手当が出る場合が多く、高年収が期待できる職場です。

・医療機器メーカー
医療機器メーカーで勤務する臨床工学技士は、年収が高い傾向にあります。

『doda』が発表した『【165の職種別】平均年収ランキング』※によると、臨床工学技士の平均年収は407万円ですが、医療機器メーカーの平均年収は554万円です。

また、営業職や営業をサポートする「アプリケーションスペシャリスト」として働く場合、成績に応じてインセンティブが入る会社もあり、さらに高収入が期待できます。

(2)手当の有無
医療機関に勤務する場合、手当の充実度によって年収に大きな差が出ます。臨床工学技士に支払われる主な手当を紹介します。

医療機関で支給される主な手当ては以下の通りです。
・資格手当
・夜勤手当
・待機手当
・透析勤務手当 
・住宅手当
・通勤手当 

医療機関ごとに手当の有無や、支給される金額が異なるので、求人を探す際はしっかりチェックしましょう。

(3)年齢・経験年数・役職
臨床工学技士も多くの職業と同じく、年齢・経験年数・役職によって年収が異なります。

『doda』による『【165の職種別】平均年収ランキング』※では、臨床工学技士の年代別年収は、20代は365万円、30代は443万円、40代は504万円と、年齢を重ねるにつれ年収があがっています。

臨床工学技士として経験を積みスキルを磨けば、将来的に役職に就任し、高年収を期待できるでしょう。

臨床工学技士が年収を上げるために何をすべき?おすすめの方法

臨床工学技士が年収を上げるために何をすべき?おすすめの方法
臨床工学技士が年収を上げる方法には、下記のようなものがあります。

(1)今の転職先で昇格・昇給を目指す
臨床工学技士は年齢があがるにつれ、年収が高くなる傾向にあるので、今の職場でコツコツ努力して、昇格・昇給を目指すのもおすすめです。職場にいる上の世代が高年収の場合、経験を積めば同じくらいの給料が期待できるかもしれません。

特に国公立病院は、昇給・昇格制度がしっかりしているため、勤続年数が浅いときは給料が低めでも、年収を重ねると高年収を得られる場合が多いといえます。また、管理職などのポストに就ければ、より高年収が期待できるでしょう。

(2)夜勤や当直勤務に積極的に入る
臨床工学技士の給料を大きく左右するのが、夜勤手当や当直手当です。夜勤や当直に積極的に入れば、大幅に収入アップできる可能性もあります。家庭の事情などで夜勤をしたくない人もおり、喜ばれる場合も多いので、一度申し出てみるとよいでしょう。

(3)転職する
臨床工学技士の年収は勤務先によって異なるので、今の職場で高年収が難しい場合は、転職するのをおすすめします。

他の医療機関に転職する際は、基本給だけでなく、ボーナスや手当についてもしっかりリサーチしましょう。また、夜勤・当直に多く入って収入アップしたい場合は、夜勤・当直が多い職場かチェックするのが大切です。

年収をあげやすい転職先は、医療機器メーカーです。医療機器メーカーで働く臨床工学技士の年収は、医療機関で働くよりも高い傾向にあり、数十万円単位で年収アップするケースも少なくありません。

特に外資系の医療機器メーカーの場合、成果によっては多額のインセンティブをもらえるため、大幅に年収があがる可能性もあります。

年収アップしたい臨床工学技士へ!医療機器メーカーへの転職について解説

年収アップしたい臨床工学技士へ!医療機器メーカーへの転職について解説
臨床工学技士が年収アップするには、医療機器メーカーへの転職が効果的です。臨床工学技士のニーズが高い職種や転職を成功させるコツなど詳しく解説します。

(1)臨床工学技士が活躍する医療機器メーカーの職種
医療機器メーカーで働く臨床工学技士の多くは、「セールスエンジニア」または「フィールドエンジニア」として働いています。

・セールスエンジニア
営業担当者と医療機関に同行し、医療機器の特徴・操作方法の説明やデモンストレーションを行い、導入を促す職種です。

・フィールドエンジニア
自社製品を導入した医療機関を訪問し、医療機器の保守・メンテナンス・修理を担当します。

その他、営業職や開発部門など、医療機器メーカーには臨床工学技士の活躍の場がたくさんあります。

(2)医療機器メーカーに転職するコツ
臨床工学技士が医療機器メーカーの採用を勝ち取るには、応募書類や面接を通して、転職後に活かせる経験・スキル・医療機器メーカーを志望する理由・他の会社ではなく応募先を選んだ理由を伝えるのが大切です。

しかし、医療機関と一般企業では求められる回答の傾向が異なり、1人で対策するのは難しいかもしれません。

医療業界に特化した転職エージェントを利用すれば、マッチする求人の紹介・書類の添削・面接の練習など手厚いサポートを受けられるので、転職活動を有利に進められます。


【まとめ】
臨床工学技士の平均年収は、約407万円です。臨床工学技士の年収は、勤務先・手当の充実度・年齢などによってさまざまです。医療機器メーカーに勤務する臨床工学技士は、年収が高い傾向にあります。

臨床工学技士が年収を上げるには、今の職場で努力して昇給する・夜勤や当直をたくさんこなす・転職するなどの方法があります。

臨床工学技士の転職活動には、求人が豊富で、高年収の職場を見つけやすい医療業界に特化した転職エージェントや転職サイトを活用するのがおすすめです。