1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 看護師の転職事情~面接って何聞かれるの?質問例と回答例を紹介

看護師の転職事情~面接って何聞かれるの?質問例と回答例を紹介

看護師は長く働ける資格のひとつ。
ブランクがあっても復帰しやすく、どこの地域でも求められているだけに、転職時の選択肢も比較的多くなっています。
より希望に沿った職場に勤めるには、面接時にうまくアピールすることが大切です。
よくある質問を知っておき、自分ならではの答えを作り上げて、当日に臨みましょう。

ここでは看護師の転職で、面接時によくされる質問を紹介します。

質問内容の意図を読み取ろう

質問内容の意図を読み取ろう
ほとんどの場合、面接官は「この人はうちの方針に沿って、きちんと働いてくれるだろうか?」ということを知るために、様々な質問をしてきます。
主観的になりすぎず、「自分がこの質問をしたときにこう答えられたらどう思うか」を考えてみると、良い回答ができるでしょう。

・模範解答のような決まり文句は避けて自分の言葉でまとめる

なぜその病院を選んだのか、あるいは残業の可・不可など、ピンポイントな質問の場合は、はっきりしていて素直な回答が良いでしょう。
あいまいな返答をしてしまうと、採用されてからトラブルのもとになることもあります。
仕事に関する考えや、志望動機に関する質問は、なかなか返答が難しいところです。
あまりに模範解答っぽさが出てしまうと、「本当にうちで働きたいんだろうか」と思わせてしまいます。
これまでの経験を思い出したり、以前の職場と比べてみて魅力を感じた点などを、一度書き出してみると、良い回答を用意できるかもしれませんよ。

絶対に聞かれる質問内容はこれ!事前に準備しておこう

絶対に聞かれる質問内容はこれ!事前に準備しておこう
看護師に限らず、転職時の面接ではさまざまな質問をされますが、よく聞かれるものはある程度決まっています。
頭に入れておいて、事前に「こう聞かれたらこう答える」と準備しておきましょう。

(1)「なぜこの病院を選んだのでしょうか?」

働き先がたくさんある中で、なぜこの病院を選んだのか説明できるようにしておきましょう。
自分にとって交通の便や勤務時間、給料などのウエイトが高くても、もう少し意気込みを感じられるような答えをするのが理想です。

最近では、病院や院長・創始者の理念なども、ホームページに載っていることが多いので、
貴院の○○という理念に共感し、ぜひ働きたいと思いましたというように答えられるといいでしょう。

(2)「看護師の仕事について、どのような考えを持っていますか?」

看護師は、体力やメンタル面の負担が非常に大きい職業です。
技術や知識はもちろん、個人的なポリシーを持っていなければ、ひとつの職場で長く働くことは難しいでしょう。

この質問では、看護に対する真剣さや、日頃の心構えなどが問われています。
実際の経験や、その経緯を順序立てて話しましょう。
難しいことでなくても、「細かいことまで気配りをするよう気をつけています。患者さんが安心できるように、いつも笑顔を心がけています。」などを中心に、そうするようになったきっかけを話せれば十分です。

(3)「当院でどのように働きたいですか?」

希望している科や配属先があれば、「なぜそこを選んだのか」「具体的に何をしたいのか」はっきり答えましょう。
複数ある場合は、ネガティブな表現をできるだけ避けるようにし、“○○科を希望しています。また、□□科の経験もあるので、そちらに配属されたら、これまでの経験を活かしたいと考えています。”
というように、複数のケースを想定していることを伝えましょう。

(4)「これまでの経験を教えてください」

どこで何年間勤めたかだけでなく、「どんな勤め先で」「どのような経験をしたのか」を具体的に答えましょう。
細かな担当が決まっていた場合は、それもアピールポイントになります。

(5)「質問はありますか?」

必ずといっていいほど、最後にされる質問です。
細かいことでも、確認するために聞いてみましょう。
逆に、細かいほうが「この人はうちで働くイメージができているんだな」と伝わるかもしれません。

面接先が自分にとって馴染みの薄い地域であれば、地域性を尋ねてみるのも良いでしょう。
患者さんの具体的な情報には守秘義務がありますが、地域全体の傾向ならば問題ないはずです。

看護師の転職でよくある質問と対策

看護師の転職でよくある質問と対策
その他にも、以下のような点はよく聞かれます。こちらにも対応できるようイメージをしておきましょう。

(1)「残業や夜勤には、どのくらい対応できますか?」

そのままの質問ですが、後から「こんなこと聞いていない!」といったトラブルにならないよう、はっきりと伝えましょう。
子どもが小さいので、平日の残業(夜勤)は厳しいです。土日なら対応できますというように、毎日はできないけれど、できるだけ協力したいという姿勢を見せるのも大切なことです。

(2)「転職しようと思ったきっかけは?」

こちらもよくある質問です。できるだけネガティブな表現は避け、前向きな姿勢が見える表現を考えておいてください。
もし家庭の事情で転職することになった場合は、話せる範囲で正直に伝えておくと良いでしょう。

(3)「他院の選考は受けていますか?」
転職活動中は、複数の候補を受けることが多いものです。
第一志望先には、はっきりと「ありません」と伝えて、熱意をわかってもらいましょう。
迷っている場合、あるいは嘘をつきたくないという場合などは、他にも面接を受けている(受ける予定がある)のですが、貴院が第一志望ですと言うことで、真摯さが伝わりやすくなります。

まとめ

まとめ
面接は誰しも緊張するものですが、逆に考えれば、絶好の機会でもあります。
仕事に対する自分の考えや目標を、きちんと自分の中で整理してアピールできる機会は、面接以外ではなかなか得られません。
テンプレートのような返答ばかりでなく、自分の考えや経験を思い返し、自分だけの答えをはっきり声に出しましょう。