ヘルステックの将来性はどうなの?注目すべき分野や転職のコツも紹介

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. ヘルステックの将来性はどうなの?注目すべき分野や転職のコツも紹介

ヘルステックの将来性はどうなの?注目すべき分野や転職のコツも紹介

最先端のテクノロジーを駆使し、医療業界の課題を解決する「ヘルステック」。成長著しいヘルステック分野は、転職先としても注目を集めています。

転職を検討するにあたって気になるのが、将来性です。この記事では、ヘルステックの将来性や注目分野、転職を成功させる方法を紹介します。

ヘルステックってそもそも何?市場規模をはじめとする現状も解説

ヘルステックってそもそも何?市場規模をはじめとする現状も解説
最初にヘルステックの基礎知識や現状について解説します。

(1)ヘルステックとは
「ヘルステック(HealthTech)」とは、「ヘルス(Health)」と「テクノロジー(Technology)」を掛け合わせた造語です。

人工知能・IoT・クラウド・ウェアラブルデバイスなど、最先端の技術を活用し、病気の予防・治療といったヘルスケア領域の課題を解決するサービスを指します。

これまでのヘルスケアは、体調の異変を感じた患者が病院で受診し、薬の処方や手術といった治療を受けるのが一般的でした。

ヘルステックの活用により、予防のための健康管理サービスやオンライン診療などを提供し、病気の発症を食い止めたり、多くの人が適切な医療サービスを受けられたりといった効果が期待できます。

(2)ヘルステックの市場規模とは
ヘルステックの市場規模は、年々拡大しています。総合マーケティングビジネスを展開している株式会社富士経済が、2019年2月に発表したプレスリリースによると、日本国内のヘルステック・健康ソリューション関連市場の規模は、2017年は2,055億円なのに対し、2022年は3,083億円になると予測されています。

2017年と2022年の数値を比較すると、たった5年間で約50%もの成長が見込まれている成長市場だとわかります。

さらに、ヘルスケア先進国であるアメリカを中心に、世界各国でもヘルステック市場は成長しており、グローバルにみてもニーズが伸びています。

ヘルステックの将来性ってどうなの?成長市場は今後も続く?

ヘルステックの将来性ってどうなの?成長市場は今後も続く?
ヘルステック領域は、将来的にも成長市場が続くと考えられています。主な理由は下記の通りです。

(1)超高齢化社会が到来するから
超高齢化社会が到来すると、医療費が増大し、医療費を負担する現役世代の割合が減少します。また、費用面でなく、高齢者に割く医療リソースが増し、医療従事者が不足すると考えられています。

日本では、2025年に団塊の世代である約800万人が後期高齢者(75歳以上)になり、超高齢化社会が到来します。それに伴い、上記のような問題が急速に深刻化するでしょう。

ヘルステックにより、医療の効率化・経費削減・予防の発達による医療費削減などが実現できれば、2025年問題の影響を最小限におさえられます。

(2)市場が幅広い
ヘルステック市場は、オンライン診療などの医療サービスからウェアラブルデバイスやアプリによる健康管理サービスまで、幅広い領域をカバーしています。

また、メンタルヘルス・健康経営・予防医療など、社会の変化に伴い、ニーズが伸びている分野が多いため、今後も成長が期待できるでしょう。

さらに、医療やテクノロジーの進歩に伴い、全く新しいジャンルのサービスが誕生する可能性が高く、将来性は充分といえます。

(3)新規参入しやすい
2025年問題などを背景に、日本政府は、医療の効率化や医療格差の解消、予防医療の普及を目指しています。すでにガイドラインの制定などさまざまな施策を打っており、新規参入しやすい環境が整っています。

また、新型コロナウイルスの感染拡大による健康志向の高まり、健康寿命(健康問題により日常生活が制限されずに生活できる期間)の認知拡大などのプラス要因も多くあり、ビジネスチャンスの多い市場です。

事実、ヘルステック領域のベンチャー・スタートアップ企業が多数誕生しており、今後さらなる成長に期待が持てます。

転職者必見!ヘルステックのなかでも将来性が期待できる領域

転職者必見!ヘルステックのなかでも将来性が期待できる領域
ヘルステックのうち特に将来性が高いと考えられる領域は、下記の通りです。

(1)メンタルヘルスサービス
メンタルヘルスに課題を持つ従業員の増加が組織の生産性の低下につながると広く知られるようになり、メンタルヘルスサービスを導入する企業が増加しています。

また、2015年に厚生労働省が、常時使用している労働者数が50人以上の事業場に対し、年1回のストレスチェックを義務化したため、サービスを導入する企業が増加しました。さらに、自社で従業員向けシステムを運営してきた会社が、アウトソーシング化する流れも出てきています。


メンタルヘルスの課題に悩む従業員を対象に、カウンセリングやオンライン学習といったコンテンツを提供するEAPサービスなど有望なビジネスが多く、メンタルヘルスサービスの将来性は充分にあるといえるでしょう。
(2)DTC遺伝子検査サービス
遺伝子解析キットを使用して遺伝子の特性を調べるサービスで、利用者が唾液や口の中の粘膜などを採取して業者に送り、解析します。

遺伝子の解析により、疾患リスクや体質特性などさまざまな情報を得られるため、現在は健康意識が高い個人が多く利用する傾向にあります。

今後、かなりの成長が見込まれる分野となりますが、更なる普及には解析結果をもとに健康改善に向けた行動ができるよう促す仕組みをつくるのが重要です。

(3)睡眠改善サービス
睡眠の問題が心身の健康に大きく影響すると知られるのに伴い、睡眠改善サービスのニーズが高まっています。

これまでは、睡眠課題を持つ個人の利用が主でしたが、今後は従業員の睡眠改善による生産性の向上・産業事故リスクの軽減を目的に導入する企業が増えると予測されています。

ヘルステック系企業への転職にエージェントは必須?成功のポイント

ヘルステック系企業への転職にエージェントは必須?成功のポイント
将来性の高いヘルステック系企業に転職するには、医療業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

ヘルステック業界は今まさに成長中のため、個人でトレンドを追って、将来性が高く自分に合った転職先を見極めるのは難易度が高いでしょう。

医療業界に特化した転職エージェントであれば、医療業界との太いパイプを活かし、ヘルステック市場の現状や将来性、転職者の志向・適性などを踏まえ、マッチ度の高い求人を紹介してくれます。

さらに、応募書類の添削や面接練習などの選考対策により、初めてヘルステック系企業に転職する人でも内定をもらえる可能性が高くなるでしょう。


【まとめ】
ヘルステック市場は、国内外で急速に成長しており、超高齢化社会の到来や市場の幅広さ、新規参入のしやすさなどの理由から将来性が高いと考えられます。有望なベンチャー企業・スタートアップも次々と誕生しており、転職先としても魅力的です。

なかでも、メンタルヘルスサービス・DTC遺伝子検査サービス・睡眠改善サービスは、将来性が高く、大きな注目を集めている領域です。

ヘルステック企業に転職する場合は、医療業界に特化した転職エージェントを利用するとよいでしょう。ヘルステック業界は成長市場のため変化が大きく、本当に将来性が高く、時代にマッチする転職先を独力で見つけるのは難しいためです。医療業界に特化したエージェントであれば、優良求人を豊富に持っており、適切な案件を紹介してくれます。さらに、選考対策により、内定率アップも期待できます。

また、転職サイトを選ぶ際も、ヘルステック領域に強い医療業界専門のサイトがおすすめです。転職エージェントと併用することで、希望の転職先が見つかりやすくなります。