医療機器営業を辞めたいと思う理由は?悩みを解消する方法

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医療機器営業を辞めたいと思う理由は?悩みを解消する方法

医療機器営業を辞めたいと思う理由は?悩みを解消する方法

医療機器営業は、多くの人の命や健康を守る医療機器を医療機関に提案するやりがいのある仕事です。比較的給料もよく業界の将来性も高いため、人気の転職先でもあります。

しかしながら、仕事が辛くて辞めたいと思い詰めている人もいらっしゃるでしょう。この記事では、医療機器営業を辞めたいと思う理由や悩みを解消する方法、転職先の見つけ方をご紹介します。

医療機器営業を辞めたいと思う理由は?代表的な6つをご紹介

医療機器営業を辞めたいと思う理由は?代表的な6つをご紹介
医療機器営業の方が「仕事を辞めたい」と思う主な理由を6つ紹介します。

(1)休日出勤や長時間労働がきつい
医療機器の営業は、取り扱う医療機器によっては休日・夜間でもトラブル対応のために、取引先の医療機関に呼び出されることがあります。その他にも、学会での医療機器展示会やブースアテンドなどで休日出勤が必要になる場面もあるでしょう。

また、主な商談相手である医師は多忙なため、アポをなかなか取れず、約束していても急患対応などで待たざるを得ないといったことも少なくありません。そのため、予期せぬ残業が発生しやすい職種だといえます。

不規則な勤務スタイルと長時間労働により体調に不安を感じ、辞めたいと思う医療機器営業の方も多数います。

(2)全て自分でやらなければいけない
医療機器営業は、直行直帰で営業先を回ることが多く、あまり会社にいない職種です。チームプレイではなく個人で営業活動をするため、悩みやトラブルがあっても、自分一人で解決しなければならない場面が多いでしょう。

また、仕事の進め方も営業個人に委ねられているため、休みたいときに他の人に業務を頼みにくく、休みが取りにくい状況になりがちです。

プレッシャーや休みの取りにくさがストレスとなり、辞めたくなる場合があります。

(3)ノルマがキツい
他の営業職と同じく、医療機器営業もノルマに悩まされている人が少なくありません。売上目標がシビアな会社の場合、大きなプレッシャーを感じる可能性が高いです。

特に外資系企業は、成果を出せば高収入を得られる分ノルマもきつい傾向にあります。未達成の場合は厳しく原因を追求され、減給や降格になるケースもあります。

また、商談が成立するまでに時間のかかるMRIなどの高額な検査機器を取り扱う営業は、先行きが見えず不安になる場合も多いでしょう。

(4)常に勉強し続ける必要がある
医療機器は、専門性の高い商材であるのに加え、最先端の医学を反映しどんどん進歩しています。そのため、常に勉強して医学知識や他社製品の知識をアップデートしないと、自社製品の特徴や導入するメリットを、適切に説明できません。

さらに、商談相手は医師や看護師など高度な医学知識と臨床経験を持つ人ばかりなので、生半可な知識では通用しないでしょう。病態生理や最新の論文なども把握していないと、有益な情報を提供できず、商談がスムーズに進まない可能性があります。

終わりのない勉強に疲れ、退職したいと考える医療機器営業の方も少なからずいます。

(5)医療従事者とのコミュニケーションが大変
医療従事者は、多忙なことが多く、ミスの許されない仕事環境で常に緊張を強いられています。そのため、医療機器営業の方への当たりが強くなりがちです。

また、医療の専門職としての誇りを持っている分、外部の人間である医療機器営業からの提案を素直に受け入れないケースが多いです。

誠実に接することで味方になってくれる医療従事者も多いですが、コミュニケーションに疲れた医療機器営業の方が辞めたいと感じる場合もあるでしょう。

(6)独自の商習慣やルールに苦労する
医療業界は他の業界と比べて、独自の商習慣や医療機関ごとのルールがあり、適切な対応ができず苦労する場面が多いです。

例えば、ある先生にアポイントを取る前にその先生の恩師の許可を得る。先生宛の手紙の宛名書きに一般的ではないルールがあるなどです。

特に慣れないうちは、知らず知らずのうちに商習慣やルールを破ってしまう可能性があります。慣れると勘が働いて上手く立ち回れるようになりますが、その前に辞めたいと感じる人もいるでしょう。

医療機器営業を辞めたい人へ!悩みを解消する方法

医療機器営業を辞めたい人へ!悩みを解消する方法
医療機器営業を辞めたいと感じたら、我慢しすぎずに対策しましょう。悩みを解消するおすすめの方法を紹介します。

(1)自分のスキルを磨く
「ノルマがキツい」「勉強が大変」「医療従事者とのコミュニケーションが上手くいかない」といった場合は、目標を立ててスキルを磨くことで、解決できる場合もあります。

達成感を得られるように、「今日は○○をする」とやるべきことを細分化し、コツコツ努力を重ねることで、それまで難しかった業務もスムーズにこなせるようになるかもしれません。

医療機器営業は成績が上がれば待遇アップにつながりやすいので、スキルを磨き、やりがいを感じられる状況を自分でつくるのがおすすめです。

(2)別の医療機器メーカーに転職する
勤務先によって、休日出勤や残業の多さ、ノルマの厳しさは異なります。一般的には国内メーカーよりも外資系メーカーの方が、ノルマが厳しい傾向にあります。

また、取り扱う医療機器によって、営業スタイルも変わってきます。ガーゼなどの消耗品を扱う場合は、定期的に医療機関に訪問して商品を補充しつつ、商談するルート営業に近いスタイル。MRIなどの高額な機器を取り扱う場合は、病院経営まで踏み込むコンサルティング営業のようなスタイルになります。

自分に合った医療機器メーカーに転職することで、働きやすさや成績が改善する可能性があります。

(3)他の職業に転職する
医療機器営業が持つ医療機器の知識や医療従事者との商談経験は、他の医療業界の仕事にも通用します。代表的な職種としては、医療機関に適切な医薬品情報を提供する営業職である「MR」、医療機関に医薬品を提案する営業職である「MS」、病院の持つ経営課題を解消する「医療コンサルタント」があります。

営業スキルを活かして、他の業界の営業職に転職するのもおすすめです。

医療機器営業を辞めたい場合、転職先はどうやって探すの?

医療機器営業を辞めたい場合、転職先はどうやって探すの?
医療機器メーカーまたは医療業界での転職を考えている場合、医療業界専門の転職サイトで探すのがおすすめです。

医療関係の求人が充実しているため、給与の高い医療機器メーカーの求人や未経験可のMR求人など、好条件の転職先を見つけやすい傾向にあります。

忙しくて転職活動の時間が取りにくい場合や自分にマッチする転職先が見つからない場合は、医療業界に強い転職エージェントを利用するのも有効です。

希望や適性に合った求人を選んで紹介してもらえるだけでなく、本人に代わって給与などの条件交渉をするなど手厚いサポートが期待できるでしょう。

まとめ

まとめ
医療機器営業は、休日出勤や長時間労働が辛い、全て自分で仕事しなければいけない、ノルマがキツいなど大変な部分のある仕事です。そのため「辞めたい」と感じる人も少なくありません。

「辞めたい」と感じた場合には、スキルを磨く、別の医療機器メーカーに転職する、別の職種に転職するの3つの対策がおすすめです。

転職活動をする際には、医療業界に特化した転職サイトまたは転職エージェントを利用すると、希望に合った求人が見つかりやすいです。

辞めたい気持ちを抱えたまま仕事をするのは、ストレスが溜まるものです。なるべく早めに対策し、気持ちよく仕事ができる状態を整えましょう。