医師から金融系への仕事に転職できるの?主な転職先や採用される方法

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医師から金融系への仕事に転職できるの?主な転職先や採用される方法

医師から金融系への仕事に転職できるの?主な転職先や採用される方法

医師になるには、医学部受験や国家試験、医師臨床研修といった高いハードルをクリアする必要があります。しかし、医師になった後に「医師以外に向いている仕事があるのではないか」といった理由で、転職を希望する医師も少なくありません。

金融系の仕事も、医師の転職先への選択肢として知られています。この記事では、業界や職種の説明や採用を獲得するためのコツをご紹介します。

医師から転職できる金融系の仕事とは?代表的な職種をご紹介

医師から転職できる金融系の仕事とは?代表的な職種をご紹介
医師から転職できる金融系の仕事として、代表的なのが金融系のコンサルティングファームと生命保険会社です。

コンサルティングファームは、医師の持つ論理的思考能力と課題解決能力を高く評価しており、採用に積極的な傾向があります。

生命保険会社で勤務する社医は、加入希望者の健康状態や疾病リスクをチェックし、事業の適正な運営をサポートします。

金融系のコンサルティングファームや生命保険会社で勤務する以外にも、公認会計士資格を取得して金融業界で活躍したり、外資系銀行などに勤務したりと、金融系の仕事で活躍する医師は多数います。

医師から金融関係の仕事に転職するのは、努力次第で充分可能です。医師として培った知見やスキルを活かし活躍できるでしょう。

医師からコンサルティング会社への転職ってどうなの?詳しく解説

医師からコンサルティング会社への転職ってどうなの?詳しく解説
医師からコンサルティング会社への転職に成功するケースは少なくありません。コンサルティング会社の概要や必要なスキルなどを詳しく解説します。

(1)コンサルティング会社の概要
コンサルティング会社とは、企業の抱える課題に対する解決策をアドバイスしたり、解決策を実行するためのサポートをしたりする企業です。

コンサルティング会社ごとに、得意な領域は異なります。主な種類は下記の通りです。

・金融系コンサルティングファーム
企業のお金の流れや企業の財務に関するアドバイスを行います。

・医療系コンサルティングファーム
製薬・医療機器メーカーといったクライアントの経営コンサルティングや、病院の経営基盤を整えます。

・戦略コンサルティングファーム
経営戦略を得意としており、大手企業や外資系のクライアントが中心です。

・総合コンサルティングファーム
様々なテーマで、戦略からDX化、実行までをトータルに担当しています。

・シンクタンク系コンサルティングファーム
大企業や大手金融機関が設立したファームで、官公庁向けのリサーチなどを実施しています。

(2)コンサルタントの仕事内容とは
コンサルタントの大まかな仕事内容は下記の通りです。

・プレゼンテーション
クライアントのヒアリングや情報収集をもとに、プロジェクトの提案書を作成し、経営層にプレゼンテーションを行います。競合他社とのコンペで受注が決まる場合も少なくありません。

・コンサル案件受注
正式な受注後に、コンサルティング会社内でメンバーが選ばれプロジェクトチームが発足します。

・プロジェクトスタート
クライアント側で発足したプロジェクトメンバーも含め、顔合わせなどを実施。その後、社内外の専門家へのインタビューをしたり、データ収集をしたりして、課題を解決するための仮説を構築します。仮説を立てて検証を行う流れを繰り返し、何度も検討します。

・課題解決法の決定
これまで収集したデータや仮説検証の結果をもとにディスカッションを行い、課題解決のためのプランを最終決定します。

・提案・実行サポート
最終的に決まった課題解決法を、経営陣に報告。実行支援までサポートする場合は、クライアントと一緒に、成果が出るよう取り組みます。

(3)コンサルティング会社に転職するために必要なスキル
コンサルティング会社への転職は、一般的にハードルの高いイメージがありますが、医師のニーズは充分にあります。

また、医師の持つロジカルに考えて課題の解決法を生み出す力は、コンサルタントとして非常に重要な能力です。さらに、コンサルタントは、業界やクライアントの知識など必要な情報をスピーディーにインプットし、深く理解する必要があります。医師は理解力の高い方が多く、スムーズに対応できるので、コンサルティング会社からのニーズは高いです。

なかでも、医療系のコンサルティングファームは、医学知識や病院勤務の経験をダイレクトに活かせるため、医師が重宝される傾向にあります。

金融系のコンサルティングファームなどでも、医師の転職を歓迎している場合もあるので、求人を探してみましょう。一度、医療系コンサルティングファームに転職し、コンサルタント経験を積んでから、金融系コンサルティングファームに転職するのも方法のひとつです。

医師から生命保険会社への転職ってどうなの?詳しく解説

医師から生命保険会社への転職ってどうなの?詳しく解説
大手生命保険会社のなかには、社医として活躍する医師を募集する会社もあります。生命保険会社の社医の仕事内容や必要なスキルを解説します。

(1)生命保険会社の社医の仕事内容
保険会社のビジネスは、加入者が支払う保険料で成立しています。一定の基準よりも健康リスクが大きい人が他の加入者と同じ条件で契約した場合、すぐに保険金が支払われ、公平性が失われる可能性もあります。

そこで社医が「診査」「引き受け査定」「支払い査定」を行い、公平性が保たれるよう医学的な面からチェックします。

・診査
視診や触診など診察で持病の有無や健康状態を確認します。

・引き受け査定
加入希望者から提出された人間ドックの成績表や健康管理証明書などの健康状態を記載した書類をもとに、保険加入が可能の有無、保険料の目安を検討します。

・支払い査定
生命保険であれば、加入者が亡くなったことを証明する死亡保険請求用診断書。医療保険やがん保険であれば入院・手術等証明書を医学的知見からチェックして、保険金支払いの正確性や妥当性、公平性を評価します。

(2)生命保険会社の社医に求められるスキル
生命保険会社の社医は、専門医など医師免許以外の特別な資格は必要ありません。ただし「臨床経験2年以上」など臨床医として一定の診療経験が求められます。とはいえハードルの高い条件ではなく、多くの医師が生命保険会社の社医の資格を満たしていると言えるでしょう。

医師から金融関係の仕事に転職するコツとは?重要ポイントを解説

医師から金融関係の仕事に転職するコツとは?重要ポイントを解説
医師から金融関係の仕事への転職を成功させるには、自己分析と書類・面接対策が重要です。

自己分析によって「自分が本当に医師ではなく金融系で活躍できるか」「どんな会社が合っているか」を考えることで、転職後のミスマッチを避けられます。

臨床医と会社員では立場や仕事の進め方に大きな差があります。医療現場では医師がトップですが会社では利益を上げる人の地位が高い。会社では自分から積極的に仕事を探す必要があるといった違いがあります。本当に金融系に転職するのがベストなのかしっかり検討しましょう。

また、書類・面接対策も重要です。例えば、コンサルティング会社への転職は、書類選考や筆記試験に加え、複数回の面接があります。医師の転職とは勝手が違うため、戸惑う医師も少なくありません。

転職サイトなどで情報収集したり、医師から会社員への転職サポート経験の豊富な転職エージェントに相談したりして、しっかり対策を練りましょう。


【まとめ】
医師から金融系の仕事への転職は、決して不可能ではありません。金融系のコンサルティング会社のコンサルタントや生命保険会社の社医など、さまざまな選択肢があります。

とはいえ、医師から金融系の仕事へのキャリアチェンジは、リスクも伴います。転職を成功させるには、自己分析や書類選考・面接対策が欠かせません。

医師の転職に精通した医療業界専門の転職サイトや転職エージェントを利用して、しっかり対策を行いましょう。