未経験から医療系SEに転職する方法って?成功のポイントを解説

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 未経験から医療系SEに転職する方法って?成功のポイントを解説

未経験から医療系SEに転職する方法って?成功のポイントを解説

「未経験から医療系SEに転職したいけれど、何をすべきかわからない」という人もいるのではないでしょうか。医療系SEの仕事は一般的には知られていない部分も多く、未経験からの転職の場合、ハードルが高く感じるかもしれません。

この記事では、医療系SEの仕事内容や必要なスキル、転職を成功させるポイントを解説。転職活動をスムーズに進めるために、ぜひ参考にしてください。

医療系SEは大きくわけて2種類!違いを知って自分に合った転職を

医療系SEは大きくわけて2種類!違いを知って自分に合った転職を
医療系SEは大きく2種類にわけられます。仕事内容も必要スキルも異なるので、未経験から転職する場合は、それぞれの特徴を理解し、自分に合った職種を選択するのが大切です。

(1)院内SE
病院の職員として、院内全てのPCやネットワーク周りの保守・運営やヘルプデスク業務などをする仕事です。院内SEを採用するのは、中規模・大規模の病院がメインです。

開発エンジニアと異なりプログラミングはほぼしません。一般企業の社内SEに近い役割を担います。

・電子カルテなどのシステムの保守・管理
患者の診療データを一元管理する電子カルテや診療報酬請求システムといった、医療現場に欠かせないシステムの保守・管理をします。万が一、トラブルが起こると患者の診療など病院の業務に大きな支障をきたすため、非常に重要な業務です。

・ヘルプデスク業務
院内では、電子カルテなどの医療システムを使用するために、何十台、何百台ものPCや電子機器が稼働しています。そのため、医師をはじめとするさまざまな職種の医療従事者がPC・ネットワークを使っています。もし、不明点やトラブルがある場合、院内SEのもとに問合せが来ます。「IT周りの何でも屋」的なポジションで、幅広い問合せに対応しなければいけません。

(2)医療システム開発SE
システム開発会社などに勤務し、電子カルテなど医療関係のシステム開発をする仕事です。医療関係のシステムは大勢の人の命に関わるため、一般的な業務システムよりも安全性が求められます。

また、電子カルテの書き方が医師法で定められているなど、医療現場での業務は法律で細かいルールが決められています。

医療システム開発SEも、業務に関わる法律や医療現場の実情を考慮して開発しなければならず、万が一違反した場合は、大きな問題となりかねません。

医療系SEはどんなスキルが必要?種類による違いも解説

医療系SEはどんなスキルが必要?種類による違いも解説
医療系SEはどのようなスキルが求められるのか、院内SE、医療システム開発SEそれぞれについて解説します。

(1)院内SE
院内SEは、基本的なITスキルに加え、医療現場に関する知識が求められます。必要なスキルを下記にまとめました。

・医療システムや機器の知識
・PC・サーバー・セキュリティ関連の知識とスキル
・システム運用・保守の知識とスキル
・医療現場での実務に関する知識・理解
・コミュニケーションスキル

院内SEは、専門性の高いプログラミングなどのスキルは必要ありません。院内のIT周りを整えられる知見・スキルがあれば、充分に仕事ができます。

その代わり、IT周りの幅広い知識や専門外の内容でも快くサポートする姿勢が求められるでしょう。

また、医療従事者のなかにはITが不得意な人もいるので、問合せ内容を正しく理解し、その人に合わせた説明をするコミュニケーションスキルが重要な仕事です。

院内SEや一般的なSEの経験がなくても、IT業界の経験があったり情報系の学校を卒業していたりとITの基礎が身についていれば、未経験から転職できる可能性は充分あります。

もし社内SEで働いていた経験があれば、選考に有利に働くでしょう。

(2)医療システム開発SE
専門的なプログラミング技術が必要な仕事で、下記のようなスキルが求められます。

・プログラミング技術
・医療システムや機器に関する知識・理解
・医療実務や関連する法律の知識・理解

また、医療系システム開発でよく使われる言語は「Java(ジャバ)」「PHP(ピー・エイチ・ピー)」「Python(パイソン)」の3つです。習得すれば転職に有利になります。

・Java
高いセキュリティ性を持ち業務システム開発に広く使われる言語です。

・PHP
汎用性が高く、アプリなど動的なWebページを作成するのに向いている言語です。

・Python
近年ニーズが高まっているAI・機械学習・画像認識技術を活用したシステム開発によく使用される言語です。

未経験から医療系SEに転職できる?おすすめの方法を紹介

未経験から医療系SEに転職できる?おすすめの方法を紹介
医療系SEに未経験者が転職するのは、不可能ではありません。特に院内SEであれば、高度な専門スキルは不要のため、チャンスは充分あります。

転職を成功させる方法について解説します。

(1)プログラミング言語を勉強する
特にIT業界未経験の場合は、採用側からするとSEとしての知識・スキル・適性があるか心配になるものです。

プログラミング言語を勉強して、実際につくったプログラムを見せることで、スキルと学習能力、意欲を証明でき、高評価につながります。

特に、プログラミング技術を問われる医療システム開発SEに転職したい場合は、チャレンジするとよいでしょう。

また、院内SEであっても、プログラミング言語の知識があるとプラス材料になる可能性があります。独学するのであれば、サーバー管理の基礎となる「Linux(リナックス)」がおすすめです。

(2)資格を取得する
IT系の資格を取得するのも、基礎知識と意欲を客観的に証明する効果的な方法です。

例えば「医療情報技師」であれば、医療システムの企画・開発・保守・運用や、医療に関するデータベースの構築・分析のスキルが求められます。

一定のレベルのITスキルと医療への知見があると証明できるため、転職に有利になります。

(3)医療業界に特化した転職エージェントを利用する
未経験の職種・業界への転職は「何から始めるべきか」「本当になれるのか」「職場の実態はどうなのか」など、さまざまな疑問や不安がつきものです。

医療業界に特化した転職エージェントであれば、医療業界の知見を活かし、キャリアアドバイザーが情報提供や求人の提案、キャリアプランの作成、選考対策などトータルでサポート。今何をすべきかをアドバイスしてくれるので、1人で転職を進めるよりも、スムーズに活動できます。

また、医療系システム開発会社や医療機関とのつながりが深く、一般的な転職エージェントにはない未経験可の案件を紹介してもらえる可能性があります。

転職サイトなどでは公開されていない「非公開求人」、その転職エージェントだけが取り扱う「独占求人」なども紹介してもらえるため、チャンスが大幅に増えます。

特に院内SEは求人数が少ない職種のため、複数のエージェントに登録して、応募の機会を逃さないようにしましょう。

未経験からの転職を成功させたいなら、まずは転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。

まとめ

まとめ
医療系SEには、院内SEと医療システム開発SEの2種類があります。院内SEはシステムの保守・管理やヘルプデスク業務、医療システム開発SEはシステムの開発・保守・管理をします。

院内SEに必要とされる能力は、基礎的なIT知識・医療システムや機器の知識・医療現場の実務に関する知識や理解・コミュニケーションスキルです。

医療システム開発SEには、専門性の高いプログラミング技術・医療システムや機器の知識・医療実務や関連する法律の知識・理解が求められます。

未経験から医療系SEを目指すなら、プログラミング言語の学習や資格の取得などスキルアップしつつ、医療業界に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

キャリアアドバイザーがキャリアプランの作成や求人紹介など、トータルでサポートしてくれます。

自分でも転職先を探したい場合は、医療業界に特化した転職サイトが便利です。一般的な転職サイトよりも、医療系SEの求人が豊富なため、未経験でも応募できる先が見つかりやすいでしょう。