知らないと後悔?転職エージェントを利用するメリット・デメリット

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 知らないと後悔?転職エージェントを利用するメリット・デメリット

知らないと後悔?転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントは、手厚いサポートを受けられるため、効率的な転職方法として知られています。しかし、転職エージェントにもメリット・デメリットがあります。転職エージェントに向いていない人が使うと、かえって転職活動の妨げとなるかもしれません。

この記事では、転職エージェントを利用するメリット・デメリット、向いている人・いない人の特徴を解説します。

転職エージェントってどんな仕組み?サービス内容とは

転職エージェントってどんな仕組み?サービス内容とは
転職エージェントは、企業と求職者をマッチングするサービスです。

ほとんどの転職エージェントでは、求職者は無料で利用できます。入社が決まったタイミングで企業から成功報酬を受け取り、利益を出す仕組みです。

求職者には専任のキャリアアドバイザーがつき、下記のようなサポートをしてくれます。
・キャリア相談
・スキル、条件とマッチする求人の紹介
・履歴書などの応募書類の添削
・模擬面接や企業ごとのアドバイス
・面接スケジュール調整
・給与や退職時期などの条件交渉
・退職準備のサポート
・入社準備のサポート など

転職活動がスムーズに!転職エージェントのメリットとは

転職活動がスムーズに!転職エージェントのメリットとは
転職エージェントのサポートを受ける主なメリットは下記の通りです。

(1)転職のプロにキャリア相談ができる
転職エージェントに登録すると、最初にキャリアアドバイザーとの面談があります。豊富なプロの目から、求職者本人も気がついていない強みやニーズを明らかにし、一緒にキャリアプランを考えてもらえます。

転職するか迷っている場合も、今の転職市場や求職者の経歴・スキルを踏まえて、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

(2)非公開求人・独占求人などを紹介してもらえる
転職エージェントの大きなメリットは、「非公開求人」と「独占求人」の紹介です。非公開求人は、転職サイトや企業の採用ページなどオープンな場では募集していない求人。独占求人は、特定の転職エージェントだけが保有する求人です。

非公開求人・独占求人を利用する主な理由は、条件がよくオープンにすると応募が殺到する可能性が高い、新製品に関するプロジェクトなので内容を競合他社に知られたくないなどです。

非公開求人・独占求人は、条件がよかったり、重要なポジションを任されたりと魅力的な求人が多い傾向にあります。

(3)選考サポートが手厚く内定につながる
転職エージェントは、企業と直接やり取りしているため、欲しい人材や過去の面接の様子、面接で重要視される点を熟知しています。

そのため、アピールすべきポイントを踏まえ「人柄重視の会社なので、仕事にどう取り組んできたのかをメインに話しましょう」といった応募先企業に合わせたアドバイスができるのです。

履歴書など応募書類に関しても、採用担当者の目に留まるよう、応募先に合わせたアドバイスがもらえます。

こういったノウハウは、他の転職方法ではまず得られません。転職エージェントを利用すると選考通過率がアップしやすいといえます。

(4)企業の内情を教えてくれる
業界の動向や応募先企業の強み・弱み・特性は、自力でリサーチしても把握するのは難しいものです。転職エージェントは、業界・企業とのパイプが太く、リアルな情報を伝えてくれます。

さらに、実際の業務内容や職場の雰囲気といった求人情報からはわかりにくい情報も、転職エージェントであれば、企業とのやりとりを通して収集できます。

業界や企業の内情を知ることで、ミスマッチによる早期退職を防げるでしょう。

(5)企業とのスケジュール調整・条件交渉の代行
企業とのやり取りは転職エージェントが代行してくれるため、転職活動にかかる時間を大幅に軽減でき、空いた時間を有効活用できます。

また、いくつかの企業の選考結果が同じタイミングで出るようにしたり、年収額・入社日を求職者にとってプラスになるよう交渉したりするのも、転職エージェントは得意としています。

特に、年収額は転職者が直接交渉して失敗すると悪い印象を与えかねません。経験豊富なプロに任せる方がよいでしょう。

意外な落とし穴も?転職エージェントのデメリットとは

意外な落とし穴も?転職エージェントのデメリットとは
メリットの多い転職エージェントですが、気をつけるべきデメリットもあります。

(1)転職エージェントによって得意分野が違う
幅広い業界の求人を取り扱う転職エージェントの場合、自分が希望する業界の知識やノウハウが乏しいキャリアアドバイザーが担当になるケースもあります。

特定の業界に絞って転職活動するのであれば、その業界を専門とする転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

また、大手転職エージェントも、キャリアアドバイザーの人数が多い分、知見のある担当者が在籍している可能性が高い傾向にあります。

(2)キャリアアドバイザーの質にばらつきがある
キャリアアドバイザーによって、キャリア相談・求人紹介・選考対策などのスキルにばらつきがあります。

そのため、コミュニケーションが上手く行かない、希望とマッチしていない求人ばかりすすめられる、アドバイスが抽象的すぎるなど、自分に合わないと感じるケースもあります。

キャリアアドバイザーとの相性は、転職活動において非常に重要です。相性が悪いと感じたら、担当者を変えてもらうか他の転職エージェントを利用しましょう。

(3)自分のペースで活動できない
転職エージェントを利用すると、面談や進捗確認などでキャリアアドバイザーとすり合わせをする場面が多くあります。キャリアアドバイザーとペースが合わず、負担に感じてしまうケースも少なくありません。

また、転職エージェントは入社が決まったタイミングで企業から報酬を受け取るため、内定承諾を急かされる、内定が1つ出たら求人を紹介してもらえなくなるといったケースもあります。転職後に後悔しないよう、キャリアアドバイザーに流されず、自分の意思で決めましょう。

(4)希望の求人に応募できない可能性がある
企業に求職者を紹介する際は、転職エージェント側でスキル・経歴・人柄などをもとに社内選考を実施します。そのため、場合によっては希望の求人を紹介してもらえないかもしれません。

また、成功報酬は、転職後の内定者の年収が高いほど高額になるため、同じ求人に複数の応募がある場合は、より高年収で内定が期待できる求職者を優先する傾向にあります。

転職エージェントを使った転職に向いている人の特徴とは

転職エージェントを使った転職に向いている人の特徴とは
ご紹介したメリット・デメリットを踏まえ、転職エージェントを使った転職に向いている人の特徴を紹介します。

(1)初めての転職や未経験での転職をしたい人
初めて転職活動する、未経験業界への転職を考えているといった場合は、転職エージェントで手厚いサポートを受けるのがおすすめです。

プロの視点から的確なアドバイスをもらえるので、効率的に転職活動を進められます。また、初めての転職や未経験業界への転職は不安になりがちなので、相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーの存在は心強いでしょう。

(2)働きながら転職活動したい人
在職中の転職活動は、時間が足りず面接に向けたスケジュール調整も難しいものです。転職エージェントであれば、求人や企業とのやり取りなど面倒な作業を代行してもらえます。

また、現職の退職日に合わせて入社日を調整してくれるため、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

(3)選考通過率をアップさせたい人
転職活動していても内定が獲れない、なるべく早く転職先を決めたいといった場合は、選考通過率を高める必要があります。

転職エージェントであれば、書類・面接対策が手厚く、場合によっては企業側に求職者をプッシュしてくれるので、選考通過率がアップしやすく、有利に転職活動を進められるでしょう。



【まとめ】
転職エージェントは、手厚い転職サポートを受けられる、非公開・独占求人を紹介してもらえる、企業とのやり取りを代行してもらえるなどメリットの多いサービスです。

しかし、転職エージェントによって得意分野が違う、キャリアアドバイザーの質にばらつきがある、自分のペースで転職活動ができないといったデメリットがあります。

転職エージェントがおすすめなのは、初めての転職など転職活動に不安がある、働きながら転職したい、選考通過率をアップしたいといった人です。

また、医療業界への転職を希望する場合は、医療業界を専門とする転職エージェントまたは転職サイトを利用すると効率的です。医療業界の求人が豊富で、医療業界に特化したノウハウが手に入ります。