転職エージェントってどうやって使うの?上手に利用するコツとは

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 転職エージェントってどうやって使うの?上手に利用するコツとは

転職エージェントってどうやって使うの?上手に利用するコツとは

転職エージェントは、自分にマッチする求人の紹介や選考対策などのサポートをしてくれるサービスです。上手に活用すれば、スムーズに希望とマッチした職場に転職できます。

しかし、初めて転職エージェントを利用する求職者のなかには、どのように使えばよいかわからず、登録をためらう人も少なくありません。

この記事では、転職エージェントの使い方や上手に利用するコツを解説します。

転職エージェントってそもそも何?利用の流れも合わせて解説

転職エージェントってそもそも何?利用の流れも合わせて解説
最初に、転職エージェントとは何なのかを説明し、利用の流れを解説します。

(1)転職エージェントとは
転職エージェントとは、人材を求める企業にマッチする求職者を紹介し、入社までをサポートするサービスです。

企業から人材に求める経験・スキル・マインドをヒアリングし、登録している求職者のキャリア・能力・希望条件とすり合わせて紹介するため、マッチ度の高い採用ができます。

求職者は、求人の紹介だけでなく、応募書類の添削・面接練習・スケジュール調整の代行・雇用条件の交渉など、さまざまなサポートを受けられるのも特徴です。

入社が決まった時点で、企業から転職エージェントに払われる成功報酬により収益を得ているので、一部の有料転職エージェントを除き、求職者は無料でサービスを使えます。

(2)転職エージェントを利用する流れ
転職エージェントを利用する大まかな流れは下記の通りです。
【1】登録
【2】面談スケジュールの調整
【3】キャリアアドバイザーとの面談
【4】転職エージェントからの求人紹介
【5】応募書類の添削
【6】マッチする求人への応募
【7】面接の練習
【8】面接
【9】内定
【10】入社

利用しないと損する?転職エージェントを使う主なメリットとは

利用しないと損する?転職エージェントを使う主なメリットとは
転職エージェントを使う主なメリットを紹介します。

(1)転職のプロに相談できる
明確なキャリアプランが見えない、応募書類の書き方や面接の受け答えの仕方がわからないなど、悩みを抱えながら転職活動をしている人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用すれば、プロのキャリアアドバイザーが、キャリアの棚卸や応募書類の添削、面接練習など幅広くサポートしてくれます。多くの企業と求職者をマッチングしてきただけあって、役立つアドバイスをもらえるはずです。

(2)非公開求人や独占求人を紹介してもらえる
一般の転職サイトや企業の採用ページなどインターネット上に公開されない求人を「非公開求人」。特定の転職エージェントのみ取り扱う求人を「独占求人」と呼びます。

中途採用のなかには、新しい事業や新製品に関するプロジェクトなど公にできない求人もあります。そういった場合は、非公開求人・独占求人として募集するのです。

また、管理職など募集を掛けると社員に異動の内容が知られてしまう。条件が良いためオープンにすると求人が殺到してしまうといった場合も、非公開求人・独占求人にするケースが多いといわれています。

転職エージェントの利用により、より多くの求人に応募でき、チャンスが広がるでしょう。

(3)好条件の求人が見つかりやすい
厚生労働省が発表した「労働市場における雇用仲介の現状について」では、入職ルート別に求人の年収帯が詳細されています。転職エージェントなどの民間職業紹介事業者が最も高く、次いで求人メディア、ハローワークという結果が報告されています。

・転職エージェントなどの民間職業紹介事業者の年収帯:350~1,500万円
・求人メディアの年収帯:200~1,500万円
・ハローワークの年収帯:218~552万円

転職エージェントは、企業が手数料を払ってでも優秀な人材を獲得したいケースが多く、好条件の求人が多い傾向にあります。転職で年収アップを目指すなら、転職エージェントの利用も検討すると良いでしょう

(4)求人からはわからない情報を知れる
求人情報には、給与や年間休日などのデータは記載されていますが、職場の雰囲気や定着率、求める人物などの実情がわからないケースも少なくありません。

転職エージェントは、企業と何度も直接やり取りしているので、求人にはない情報を提供してくれます。また、業界の動向や職種の実態なども教えてくれるため、未経験の業界・職種にキャリアチェンジする際の情報収集にも有効です。

転職成功の可能性アップ!転職エージェントの上手な使い方

転職成功の可能性アップ!転職エージェントの上手な使い方
転職エージェントのメリットを最大限に活かし、転職を成功させるコツを紹介します。

(1)自分に合った転職エージェントを選ぶ
転職エージェントには、さまざまな業界の求人を取り扱う「総合型」と特定の業界や職種に絞った「特化型」の2種類があります。

幅広い分野から転職先を探す際は、総合型がおすすめです。取り扱い求人数の多い大手エージェントを利用すれば、選択肢は大きく広がるでしょう。また、新規事業立ち上げなど重要なポジションを目指す場合は、非公開求人や独占求人の多い転職エージェントが適しています。

特定の業界・職種への転職を目指す場合は、特化型がおすすめです。その分野に精通しているため、業界や応募先の情報を詳しく教えてもらえる、応募先に合わせて応募書類添削や面接対策をしてもらえるといったメリットがあります。

また、医療職などの専門性の高い職業の場合、特化型の転職エージェントにしか求人を出さないケースも少なくありません。

複数の業界・職種で迷っている場合は、総合型と特化型どちらも利用し、それぞれの長所を生かしましょう。

また、転職エージェントやキャリアアドバイザーとの相性も重要なので、1つの会社に絞らずに、複数登録するのが成功のコツです。

(2)転職エージェントに頼りすぎない
手厚いサポートを受けられるとはいえ、転職エージェント任せでは、本当に自分にあった職場への転職は難しいでしょう。自己分析をして希望の優先順位を決める、自分なりに業界・企業研究をする、他の転職エージェントや転職サイトで求人をチェックするなどの努力が大切です。

キャリアアドバイザーにすすめられた求人に、なんとなく応募して入職すると、ミスマッチが原因で早期退職につながりかねません。

(3)面接のフィードバックをもらう
一般的な面接では、フィードバックをもらう機会はほとんどありません。そのため、採用に至らなかった場合でも原因がわからず、改善が難しいといえます。

転職エージェント経由の応募であれば「スキルは充分だったけど、積極性に欠けていた」など、具体的なフィードバックをもらえ、面接に成功しやすくなるでしょう。

(4)キャリアアドバイザーとの信頼関係を大切にする
転職理由・経歴など嘘をつく、面談を当日にキャンセルするといった行為は、キャリアアドバイザーとの信頼関係を損ねます。

転職エージェントからすれば、信頼できない求職者は企業に紹介しにくいものです。また、嘘の情報を伝えるとマッチングの精度が落ち、結果的に自分にあった求人を紹介してもらえなくなります。

質問に正直に答え、面談に行けなくなった場合はすぐに連絡を入れるなど、誠実な対応が、転職成功につながります。

まとめ

まとめ
転職エージェントは、人材を必要とする企業と求職者をマッチングするサービスです。求職者はほとんどの場合、無料で利用でき、選考対策などのサポートも受けられます。

利用するメリットは、転職のプロに相談できる・非公開求人や独占求人を紹介してもらえるなどさまざまです。

転職エージェントを上手に活用するポイントは、自分に合ったエージェントを選ぶ、頼りすぎない、面接のフィードバックをもらうなどです。

医療業界での転職を目指す場合は、ノウハウの豊富な医療業界専門の転職エージェントを利用するとよいでしょう。並行して医療業界に特化した転職サイトを使うと、より多くの求人を見つけられます。