転職エージェントを使うと費用はかかる?求職者は無料って本当?

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 転職エージェントを使うと費用はかかる?求職者は無料って本当?

転職エージェントを使うと費用はかかる?求職者は無料って本当?

求人を紹介し、さまざまな転職サポートをしてくれる転職エージェントは、転職活動の強い味方です。しかし初めて利用する場合、システムがわからず「転職が決まったら費用を払う必要があるの」など疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、転職エージェントの費用について詳しく解説します。

転職エージェントは基本的に費用がかからない!無料で使える理由とは

転職エージェントは基本的に費用がかからない!無料で使える理由とは
結論から言うと、ほとんどの転職エージェントでは、手数料などの費用はかかりません。キャリアコンサルティング・求人の紹介・選考対策・内定先との条件交渉など、全てのサービスを無料で利用できます。

職業安定法では、転職エージェントなどの有料職業紹介事業者は、事前に厚生労働大臣に手数料表を提出し認められた場合のみ、求職者から手数料を受け取れると定めています。そのため、一部の転職エージェントを除き、手数料はかからないのです。

手厚いサポートを受けられるのに無料な点が気にかかる人もいるかもしれませんが、転職エージェントの収入源は、企業からの成功報酬です。

転職エージェントのビジネスでは、人材を求める企業と転職先を探している求職者をマッチングし、入社が決まったタイミングで企業から成功報酬をもらいます。そのため、求職者は無料でサービスを受けられます。

ちなみに、転職エージェントが企業から受け取る手数料の相場は、転職が決まった求職者の年収の約30~35%です。求職者が高年収であるほど、転職エージェントが受け取る手数料も高額になります。

費用がかかるのに企業が転職エージェントを利用する理由とは?

費用がかかるのに企業が転職エージェントを利用する理由とは?
転職エージェントを利用して採用すると、自社ホームページ・ハローワークなどと比べ高額の費用がかかります。コスト負担が増えるのにもかかわらず、企業が転職エージェントを利用する主な理由を解説します。

(1)結果的に時間もコストも削減できる
自社採用ページやハローワーク、転職サイトの場合、求人情報を掲載して求職者が申し込むのを待つスタイルです。そのため、応募が来るかわからず、応募があったとしても希望にマッチする人材とは限りません。

採用が進まないと、事業に大きな影響を及ぼす可能性があります。また、採用活動が難航するほど転職サイトの掲載費用が重なり、採用担当者の業務が増えるなどのデメリットが生じます。

転職エージェントであれば、求める人材に絞った採用活動がしやすく、求職者の選定やスケジュール調整、結果連絡などを代行してもらえます。

一見費用が高額なように見えて、結果的には効率的に採用でき、時間もコストも削減できるケースが多いのです。

(2)採用後の活躍が期待できる人材を獲得できる
転職エージェントは、求職者と企業をマッチングさせるプロです。豊富なノウハウを持つため、スキル・経験・人柄など求人にマッチした人材を見極める力が高いといえます。

少ない費用で採用できたとしても、人材のパフォーマンスが低かったり、すぐに退職したりすると、結果としてマイナスになります。

費用を掛けてでも、優秀な人材を採用するために、転職エージェントを利用するケースは少なくありません。

(3)競合他社に事業戦略を知られずに済む
中途採用の場合、新事業をスタートするために必要なポジションを募集するなど、求人と事業戦略が密接に結びついている場合が少なくありません。

自社採用ページ・ハローワーク・転職サイトといったオープンな場で募集すると、求める人材などの求人情報から、競合他社に事業計画を推測されるリスクがあります。

転職エージェントであれば、社名などの情報を公にしない「非公開求人」やその転職エージェントのみ求人を取り扱う「独自求人」といった方法で、秘密裏に人材を募集できます。

そのため、管理職などの重要なポジションを募集する場合は、転職エージェントを利用して採用活動をするケースが多いでしょう。

転職エージェントの利用で費用がかかるケースとは?代表的な出費とは

転職エージェントの利用で費用がかかるケースとは?代表的な出費とは
ほとんどの転職エージェントは、求職者の手数料負担はありません。しかし、転職エージェントのサービス自体にお金がかからなくても、利用に伴う出費はあります。

(1)転職エージェントと連絡するための通信費
転職エージェントを利用した転職活動では、求人紹介・スケジュール調整・内定承諾などのやり取りが多く発生します。転職エージェントとの連絡にかかる電話料金やデータ通信料は、自己負担です。

ただし、電話は基本的に転職エージェントからかかってきますし、データ通信料もそこまで高額にはならないでしょう。

(2)交通費
転職エージェントとの面談にかかる交通費は、ほとんどの場合、求職者が負担します。転職エージェントを利用するにあたり、キャリアアドバイザーとの面談が必要です。

交通費を節約したい場合は、Webや電話で面談をしたり、自宅や勤務先に近い場所で面談できる転職エージェントを選んだりするとよいでしょう。

企業との面接にかかる交通費や宿泊費も、基本的に求職者の自己負担です。企業が出してくれる場合もありますが、必要経費として準備しておくとスムーズです。

特に、Uターン・Iターンなど遠方に転職する予定のある人は、思った以上に費用がかかる場合もあるので注意しましょう。

(3)有料の転職エージェントの手数料
多くの転職エージェントでは、求職者の手数料負担はありませんが、有料のエージェントもあります。

費用が掛かる分、サポートが手厚い、他の転職エージェントにはない求人を紹介してもらえるなどのメリットも大きいといえるでしょう。キャンペーンなどでリーズナブルに利用できる場合もあるので、選択の1つとしてチェックするのもおすすめです。

利用前にチェック!転職エージェントの退会や内定辞退に費用はかかる?

利用前にチェック!転職エージェントの退会や内定辞退に費用はかかる?
転職エージェントの退会や内定を辞退する際に、違約金やキャンセル料といったペナルティが発生しないか不安に感じている人もいるかもしれません。それぞれ解説します。

(1)転職エージェントの途中退会
転職エージェントに登録後、面談前・面談後・求人紹介後、どの段階であっても退会に伴う違約金やキャンセル料はかかりません。転職エージェントが合わない場合など、好きなタイミングで退会できます。

(2)内定承諾後の辞退
内定を受けた後に辞退しても、企業が支払う手数料を代わりに負担するといった金銭的なペナルティはありません。法律で請求してはいけないと定められています。

ただし、内定までに転職エージェントや企業は労力やコストをかけているため、誠意を持って辞退の理由を説明しましょう。理由を説明しない場合、今後のサポートを断られるケースもあります。


【まとめ】
転職エージェントを利用しても、手数料や違約金などの費用は原則的にかかりません。転職エージェントは、内定が決まった際に企業から成功報酬を受け取るビジネスモデルを採用しているからです。

転職エージェントを利用する求職者が支払う費用は、通信費や交通費、宿泊費、有料の転職エージェントの手数料が主です。途中退会や内定を辞退しても、金銭的なペナルティは発生しません。

無料で利用できるので、複数の転職エージェントに登録するのをおすすめします。特に医療業界で転職活動をする際は、業界に精通した医療業界専門の転職エージェントがおすすめです。医療業界に特化した転職サイトも合わせてチェックすると、さらに多くの求人と出会えます。