MR(医薬情報担当者)とは?仕事内容、やりがい、必要スキルなどを解説

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. MR(医薬情報担当者)とは?仕事内容、やりがい、必要スキルなどを解説

MR(医薬情報担当者)とは?仕事内容、やりがい、必要スキルなどを解説

MRは、医療業界で活躍する営業職の代表例です。MRの仕事内容ややりがい、必要スキルなどを解説します。

MRの具体的な業務内容

MRの具体的な業務内容
MRは「Medical Representative」の頭文字をとった略称で、日本語で「医薬情報担当者」を意味します。医療機関を訪問し、医師や薬剤師といった医療従事者に、自社またはクライアント企業の医薬品の有効性・安全性・副作用情報・効果効能など、正しい医薬品情報を提供します。

MRは大きくわけて、製薬会社の社員として自社製品を取り扱うMRと、「コントラクトMR」の2種類があります。コントラクトMRは、医薬品の営業・マーケティングのアウトソーシング事業を行う「CSO(医薬品販売業務受託機関)」の社員として、製薬会社に派遣されて活動するMRです。場合によっては、複数メーカーの営業代行を担当します。

MRの仕事は、医療従事者に正しい情報を提供することで、治療に適した薬として担当製品を選んでもらい、売上アップに貢献するのがゴールです。一般的な営業職とは異なり、あくまで情報のみを取り扱い、価格交渉や納品、商品代金の回収は行いません。

医療従事者への情報提供以外にも、自社の医薬品開発の参考にするため、医療従事者からのフィードバックを自社の開発部門に伝えるのも重要な仕事です。万が一副作用が出た場合の厚生労働省への報告もMRが行います。

その他、自社の医薬品のプロモーションの一環として、医療機関での医薬品の講習会や研修の開催にも携わります。

MRのやりがい

MRのやりがい
MRの主なやりがいは以下の通りです。

(1)多くの人の命と健康を守る仕事ができる
医薬品は、多くの人の命や健康を守るために欠かせないものです。MRは、情報提供を通して医療現場で必要とされている医薬品を届け、現場のニーズを製薬会社の開発部門に伝える重要な役割を果たしています。

自分が携わった仕事の成果として、優れた医薬品が普及し、多くの人の命が救われるケースも多々あります。直接患者と接する機会は基本的にありませんが、医師や薬剤師から、担当する医薬品の効果により患者の症状が改善したエピソードを伝えられる場合もあります。医療に関わる仕事ならではの大きなやりがいを感じられるでしょう。

(2)医療従事者と長期的な信頼関係を築ける
MRは医師をはじめとする医療従事者に継続的に情報を提供して、信頼関係を構築。自社医薬品の導入につなげる仕事です。

新規開拓営業よりもお付き合いのある医療機関を定期的に訪問する業務の割合が多く、回を重ねるごとに頼りにされるケースも少なくありません。

(3)医薬品のスペシャリストとして活躍できる
医学の発展は目覚ましく、日々新しい医薬品が開発・認可され、医療現場で使われています。MRは医学の専門家である医療従事者に、医薬品情報を提供するポジションなので、浅い知識では対等に話ができません。

自社製品への理解だけではなく、競合他社の医薬品への理解や疾病に関する最先端の医学論文のチェックなど、常に知識のキャッチアップが必要です。

業務で忙しいなか学び続けるのはハードではありますが、常に新しい知識に触れられるため、探求心・好奇心・向上心の強い人にとっては手ごたえがあり、高いモチベーションで仕事ができます。

MRとして働く限り勉強に終わりはないため、スペシャリストとして誇りを持って活躍したい人にとっては、適した職業といえるでしょう。

(4)結果に見合った高収入を得られる
MRは専門性の高い分、他の職種の会社員よりも高収入を得られるケースが多いでしょう。

営業成績に応じてインセンティブや手当が設定されている会社が多く、成果によってはかなりの高年収が期待できます。給与ベースの高い大手製薬会社や成果主義の傾向が強い外資系製薬会社であれば、年収1,000万円以上も充分に可能です。結果に見合った待遇が得られるので、高い意欲を持って仕事ができるでしょう。

MRになるために必要なスキルや条件

MRになるために必要なスキルや条件
MRになるために必要なスキルや条件について解説します。

(1)文系学部出身でもMRになれる
MRは医薬品情報のスペシャリストなので、理系学部を卒業していないとなれないイメージがあります。しかし、実際は文系学部出身者が多く活躍しており、MRの約半数を占めるともいわれています。文系学部出身でも、MRとして活躍するのは充分可能です。

ただし、文系学部出身の人が業務に必要な医薬品知識を身につけるためには、理系のバッググラウンドがある人以上に入社後の努力が必要です。

逆に薬学・化学など理系のバッググラウンドがある場合は、選考に有利になりますし、専門知識もスムーズに身につけられる可能性が高いです。

(2)柔軟なコミュニケーションができる
MRの仕事は、医師などの医療従事者とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことです。医療従事者は忙しく、ハードワークでイライラしている場合もあるため、相手や状況に合わせた柔軟なコミュニケーションができる能力は必須です。

なかでも重要なのが、医師や薬剤師などの話の腰を遮らずに、医療現場のニーズや悩みを的確に把握するヒアリング力です。

他の業界での営業経験があるなどコミュニケーション能力の高い人であれば、スムーズに関係を築け、成果を出しやすいでしょう。

(3)医薬品や疾病に関する知識
MRは自社の医薬品を導入してもらうために、医師や薬剤師にとって有用な情報を提供して信頼関係を築く必要があります。有用な情報を提供するには、自社の医薬品知識に加え、関連する疾病や他社製品の知見を身につけなければいけません。

また、医薬品そのものの知識だけではなく、営業活動における行動基準となる医療品プロモーションコードや、業界のルールを定めた公正行動規約を理解し、それに沿った営業が求められます。

これらの知識を身につけるには、相当な勉強量が必要なので、自主的に学ぶ意欲がないと活躍するのは厳しいでしょう。

(4)入社後のMR認定試験合格
MRとして活動するにあたり、必須の資格はありません。しかし、ほとんどの製薬会社とCSOではMR認定試験の合格を義務づけています。また、医療機関によっては、合格していないMRの訪問を受け付けていない場合もあります。

新卒・転職問わずMR未経験で製薬会社やCSOに入社した社員は、導入研修を受講し、MR認定試験を受験します。MR認定試験は、必要な知識量は多いものの、合格率80%以上といわれており、努力すれば合格できる可能性は高いでしょう。

(5)普通自動車免許は必須
MRは基本的に車で移動するため、普通自動車免許を取得しておく必要があります。実務上、必須の資格なので、免許証を持っていない場合は、転職活動中に取得しておきましょう。

(6)体力がある
ひと昔前のように医師の接待で遅くまで飲みに行くといったことはなくなったものの、MRは体力がいる職業です。

訪問先の医療機関で医師の手が空くまで数時間待つ、車で遠くの医療機関を訪問するなど、体力の必要な場面がたくさんあります。また、営業活動以外にもミーティングや資料作成、知識の習得などやることが多く、ハードワークになりがちです。実力を発揮できるようしっかり体調管理しましょう。

まとめ

まとめ
MRは医師などの医療従事者に担当する医薬品情報を提供し、医薬品の導入につなげる仕事です。多くの人の命や健康を守れる、常に最先端の医療に触れられる、結果に見合った高収入が得られるなどのやりがいがあります。

MRには、コミュニケーション能力・製品や医学に関する豊富な知識などが求められます。文系学部出身者も活躍していますが、高度な知識・スキルが必要なので、入社後の努力は必須です。

MRへの転職には、医療業界に特化した転職サイトの活用がおすすめです。一般的な転職サイトと比べ、MRの求人が充実している傾向にあります。製薬会社との太いパイプを活かして他の転職サイトでは記載されていない求人が掲載されているケースもあるので、ぜひチェックしてみてください。