臨床工学技士の年収はどのくらい?他の医療系資格と差はあるの?

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 臨床工学技士の年収はどのくらい?他の医療系資格と差はあるの?

臨床工学技士の年収はどのくらい?他の医療系資格と差はあるの?

医療機器や生命維持装置の保守点検や操作を担う「臨床工学技士」は、さまざまな医療機器を使用する現代の医療現場には欠かせない存在です。

しかし、比較的新しい職業であるため「他の医療系資格よりも給料が低い」といわれることもあります。この記事では、臨床工学技士の年収や他の医療系資格の年収との比較、臨床工学技士の資格を活かして年収を上げる方法などを解説します。

臨床工学技士ってそもそもどんな仕事?医療現場での役割とは

臨床工学技士ってそもそもどんな仕事?医療現場での役割とは
そもそも臨床工学技士とは、どんな仕事なのでしょうか。
臨床工学技士は1987年に国家資格として制度化された仕事です。臨床工学技士になるには、定められた学校でカリキュラムを修了し、国家試験に合格する必要があります。

「一般社団法人日本臨床工学技士教育施設協議会」によると、2006年時点で約24,000名が臨床工学技士として働いています。

主な仕事は、医療機器や透析器・人工呼吸器・人工心肺装置などの生命維持装置の保守・点検、医師の指示にもとづく操作です。

医学と工学どちらの知見も兼ね備えた医療機器のスペシャリストであり、医療機器の安全と有効性を維持するために不可欠な存在といえるでしょう。

医師や看護師をはじめとする医療従事者と連携しながら、透析室や手術室、集中治療室などで活躍します。医療機器を安全に使用できるよう、勉強会を開催するなど、患者によりよい医療を提供するための取り組みも行います。

臨床工学技士の年収の目安とは?他の医療系資格との違いとは

臨床工学技士の年収の目安とは?他の医療系資格との違いとは
臨床工学技士の年収について、平均的な金額や他の医療系資格との違いなど詳しく解説します。


(1)臨床工学技士の年収はどのくらい?
勤務先の種類や年齢、勤続年数などによって異なりますが、臨床工学技士の平均月給は、25~35万円くらいが目安です。ボーナスを合わせると、350万~450万円ほどの人が多いようです。近年は大病院の管理職となる臨床工学技士も増えており、年収1,000万円以上のケースもあります。

初任給は月給20万円前後で、ボーナスを合わせると年収は300万円ほどです。


(2)臨床工学技士の給料は他の医療系資格とくらべて低い?
医療系資格は多くの種類がありますが、ここでは臨床工学技士と隣接した領域である診療放射線技師と臨床検査技師について比較します。診療放射線技師の平均月収は30〜40万円、臨床検査技師は25〜35万円くらいといわれています。

診療放射線技師と比較するとやや月収が低いですが、臨床工学技士はまだ誕生してから年数が浅い資格です。臨床工学技士として活躍する人の平均年齢が低いことにより、給料水準が低いと考えられます。

臨床工学技士の年収はどこで決まるの?差がつくポイントとは

臨床工学技士の年収はどこで決まるの?差がつくポイントとは
同じ臨床工学技士でも、収入はさまざまです。ここでは、どのような要因で収入に差がつくのか詳しく解説します。収入に差がつく理由を知ることで、高収入を得るヒントになります。


(1)年齢や経験年数
他の仕事と同じように、臨床工学技士も年齢や経験年数、役職に応じて年収が上がっていきます。例えば、資格を持っていて実務経験のない臨床工学技士の平均年収は18〜22万円くらいですが、実務経験のある臨床工学技士であれば27〜37万円くらいが目安です。

専門性の高い職業なので、経験やスキルを磨くにつれ、収入も上がっていく傾向にあります。


(2)職場から支給される手当
勤務先によって支給される手当の種類や金額が異なるため、同じ月収でも手当によって年収が大きく左右されます。

多くの病院で支給される手当は、資格手当・夜勤手当・透析勤務手当・待機手当・住宅手当・通勤手当です。

また、学会に参加した際の出張費など、スキルアップ費用を職場が負担してくれる場合もあります。

職場を探す際は、求人情報で支給される手当をチェックして、月収とボーナスと合わせてトータルの年収を確認しましょう。


(3)勤務先による差
勤務先の医療機関や企業の種類によって、臨床工学技士の年収は異なります。主な勤務先の給料の特徴を解説します。

・国公立の病院
国公立の病院は、公務員に準ずる職場なので安定性が高く、福利厚生も充実している傾向にあります。月収はそこまで高くなくても、手当を含めると充分な収入が得られる可能性が高いです。

また、勤続年数に応じてコンスタントに昇給するため、コツコツ同じ職場で努力することで、収入アップを目指せます。

・民間の総合病院
民間の総合病院は、病院の規模が大きいほど医療工学技士のニーズが高い傾向にあります。病院によって給料にばらつきはありますが、国公立の病院と比べてやや高めです。

手当についても病院ごとに違うので、国公立の病院に転職するとき以上に、しっかりリサーチしましょう。病院によっては、給料が高く手当も手厚い場合があり、高収入が狙えます。

・透析クリニック
透析クリニックで働く臨床工学技士は、人工透析装置の保守点検や管理、医師の指示に沿った操作などを担当します。

透析クリニックでは、患者5名に対して約1名の臨床工学技士が必要だといわれるほど、臨床工学技士の存在は大きいといわれています。糖尿病などが原因で、透析患者が増加しているため、今後さらにニーズが高まり、給料アップも見込めます。

資格手当や透析業務に関する手当が手厚いクリニックが多く、スキルに応じて高収入が得られる可能性が高いです。

・医療機器メーカー
医療機器の専門知識を活かして、医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリスト職や営業職などとして働く臨床工学技士も少なくありません。

アプリケーションスペシャリスト職は、営業担当と一緒に医療機関に赴き、医師をはじめとする医療従事者に自社製品の説明やデモンストレーションを行い、製品の特徴を伝える職種です。

医療機関に勤務するより年収が高い傾向にあり、平均年収は500〜650万円くらいです。特に外資系医療機器メーカーでは、実力次第でかなりの高年収を期待できます。

臨床工学技士の資格を活かして高年収を得たい方に!おすすめの転職先

臨床工学技士の資格を活かして高年収を得たい方に!おすすめの転職先
臨床工学技士の資格を活かして高年収を得るには、次の3つの方法がおすすめです。


(1)今の勤務先でステップアップする
今の勤務先に特に不満がなくスキルも磨ける環境であれば、じっくりキャリアを築き、昇格・昇給を目指すのもよいでしょう。

臨床工学技士は、今後ニーズの高まりが見込め、待遇や収入が良くなる可能性は充分あります。特に国公立の病院の場合、長年勤務することで時間はかかってもある程度の収入が得られるようになる可能性が高いでしょう。


(2)給与水準の高い病院やクリニックに転職する
他の医療機関と比較して、今の勤務先の給与水準が低い、手当が少ないといった場合は、転職も視野に入れましょう。

ある程度のスキルと経験があれば、年収600万円を超えられる可能性があります。


(3)医療機器メーカーなど給与の高い勤務先に転職する
医療機器メーカーのアプリケーションスペシャリストや営業職、治験業務を管理する治験コーディネーター、人材紹介会社の臨床工学技士向け転職パートナーなど、より給与の高い仕事に転職するのも方法のひとつです。

ただし、これらの職種は臨床工学技士のスキルに加え、営業能力やコンサルティング能力も求められます。


(4)優れた臨床工学技士が活躍する職場に転職する
長年キャリアを積んだ優れた臨床工学技士がいる医療機関に転職することで、スキルを向上させ、収入アップを目指せます。

また、優れた臨床工学技士のいる医療機関は、専門資格や専門スキルを重要視する傾向にあるので、臨床工学技士の待遇が良く希望も反映されやすい環境といえます。



【まとめ】
臨床工学技士の年収は350万〜450万円ほどで、診療放射線技師など比較的近い領域の医療職とほぼ変わりません。

手当の手厚さや勤務先の種類によって年収が左右されるので、年収アップを目指す場合は転職するのも方法のひとつです。

求人情報を探す際は、医療業界に特化した転職サイトがおすすめです。臨床工学技士は、まだ新しい職業なので、一般的な転職サイトには、求人があまり掲載されていない可能性もあります。医療業界に特化した転職サイトであれば、求人数が多く、好条件の転職先も見つけやすいでしょう。