医師が転職するときの条件とは?希望を叶えるためにすべきこと

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医師が転職するときの条件とは?希望を叶えるためにすべきこと

医師が転職するときの条件とは?希望を叶えるためにすべきこと

「ワークライフバランスの取れた職場で働きたい」「収入をアップしたい」「専門性を高めたい」など、医師が転職する理由はさまざまです。自分が希望する条件を明確にすることで、希望通りの職場に転職できる可能性が上がります。

この記事では、医師が転職先に求める条件や転職活動に向けた準備、転職先との条件交渉について解説します。

医師が転職先に求める条件は様々!代表的なものをご紹介

医師が転職先に求める条件は様々!代表的なものをご紹介
医師が転職先に求める条件は様々です。自分が希望する条件を明確にしておくことで、転職先を見極めやすくなります。医師が転職先に求める条件のうち、代表的なものをご紹介します。

(1)高収入
「他の医療機関で働く医師の年収が自分より高い」「長時間勤務のわりに収入が少ない」といった理由から、年収○○万円以上という条件を決め、より高年収を得られる職場への転職を考える医師は多いでしょう。

一般的に、大学の医局から市中病院への転職は年収アップできるケースが多いと言われています。しかし、市中病院から他の市中病院に転職する場合は、年収アップが難しい場合もあります。

ですが、都市部の病院から医師が不足する傾向にある郊外の病院に転職する、美容皮膚科やレーシックを取り扱う眼科など自由診療の多い医療機関に転職するといった方法で、給与アップは充分可能です。
ただし、年収の高い職場は、ハードワークが常態化しているケースも少なくありません。年収が上がったものの、身体の負担が大きすぎて後悔してしまう場合もあります。勤務時間やおよその残業時間、手術件数、当直の有無、オンコール対応など、実際の勤務スタイルを確認しましょう。

(2)ワークライフバランスが取れる
長時間の残業や休日出勤、当直、当直後の診察・手術、オンコール対応などにより、ハードワークが続く医師は少なくありません。体が疲れるだけではなく、ストレスもたまるため、転職を考える場合もあるでしょう。

ワークライフバランスを取るための転職の場合、今の職場のどの要素が過酷に感じる原因となっているのかを深堀するのをおすすめします。生活リズムが安定しないことに悩んでいるのであれば、当直やオンコール対応がない職場といったように必要な条件を絞り込めます。

(3)出産や育児と両立できる
特に女性医師にとっては、出産や育児は転職を考えるきっかけとなります。子育てに時間をかける必要がありますし、子どもの体調不良などで、仕事を早退したり、休んだりしなければいけない場合もあります。

産休・育休や時短勤務制度、院内託児所など、出産や子育てをサポートする仕組みができている医療機関を希望する女性医師は少なくありません。

また、制度が設けられているだけでなく、実際に取得実績があるか、上司や同僚の理解が得やすいか、急な欠勤・早退をしやすいかも重要なポイントです。子育て中の女性医師が活躍している職場であれば、出産や子育てと両立しやすい可能性が高いです。

(4)人間関係のよい職場
医師同士や看護師などの医療職、患者など、医師は多くの人と関わる仕事です。そのため、人間関係にストレスを感じ、転職を考えることもあるでしょう。

人間関係のよい職場を条件として転職する場合、外からは転職先の内情が見えないというリスクがあります。

知人や友人に聞いてみたり、ネット上の口コミをチェックしたりして、しっかりリサーチしましょう。また、医療機関とのパイプの太い転職エージェントに相談すると、職場環境の情報が得られる可能性があります。

(5)キャリアアップができる
「より多くの症例を経験したい」「最先端の医療技術に触れたい」「特定の分野に特化して高い専門性を身につけたい」など、よりスキルの向上やキャリアアップにつながる職場で働きたいと考える医師も多いでしょう。

キャリアアップにつながる職場を条件にして転職する場合は、本当に望む経験ができるのかを確認しましょう。例えば、病院全体の症例数が多くても、多数の医師が在籍している場合、1人あたりの症例数が少ないケースもあります。

面接ではキャリアアップに関連する質問は歓迎される傾向にあり、やる気のアピールにもなります。自分のキャリアプランに絡め、積極的に質問しましょう。

希望の条件を叶えるために!転職活動に向け考えるべきこと

希望の条件を叶えるために!転職活動に向け考えるべきこと
希望の条件を満たす転職先を見つけるには、転職活動をスタートする前に考えるべきポイントがあります。事前準備をしっかり行うことで、転職成功に近づけるでしょう。

(1)今の職場で働きながら悩みを解決する方法を考える
転職しなくても希望の条件を満たせるケースは、意外に多いものです。収入をあげたいのであれば、昇進を目指したり、残業や当直を増やしたりするのも有効です。医療機関側も、今いる人材を大切にしたいと考えているケースが多く、交渉次第では転職せずに希望条件を叶えられます。
転職したとしても、入職したらイメージと違った、提示していた条件を変えられてしまったとなど失敗してしまうケースもあります。また、転職により新しい環境に順応するのは、簡単ではありません。

もし今の職場にいながら、希望の条件を叶えられるなら、転職しないのもよい選択といえるでしょう。

(2)条件に優先順位をつける
転職するにあたって、収入や勤務形態、人間関係など、多くの希望条件を叶えたいと思うのは当然です。しかし、実際に全ての条件を満たした転職先を探すのは難しいでしょう。

今の悩みや将来のキャリアプランに基づき、希望の条件に優先順位をつけることで、本当に自分に合った転職先が見つけやすくなります。

(3)転職スケジュールを立てる
深刻な医師不足を背景に、退職を申し出ても引き止めや引継ぎに時間がかかるケースがあります。遅くとも3ヶ月前には退職の意思を伝えられるよう、ゆとりのあるスケジュールを立てましょう。医師は狭い世界なので、今後のキャリアを考えて円満退職をしたいもの。今の職場への配慮は重要です。

医師の転職で条件交渉はできる?希望を実現する方法とは

医師の転職で条件交渉はできる?希望を実現する方法とは
転職先との交渉によっては、求人情報よりもよい条件で転職できる場合もあります。提示額よりも高い年収や当直やオンコールの免除、勤務日数が少ない常勤職員など、一見すると難しそうな条件にも応じてもらえることもあります。

特に、医師不足が深刻な場合や、新たな診療科の立ち上げに伴い任せられる医師を探している場合は、交渉が成功する可能性は高まります。スキルや経歴が合う医師を採用したい意向が強いため、できる範囲で譲歩してくれるかもしれません。

また小規模なクリニックの場合も、院長が自由に条件を決められるので、条件変更に応じてくれる傾向にあります。

しかし、交渉事が苦手な場合、希望の条件を叶えるのは難しいでしょう。また、細かい条件を見落として不本意な条件で入職してしまう可能性があります。

医療業界に特化した転職エージェントを活用すれば、医師の希望を聞いて、代わりに交渉してくれます。条件交渉の経験が豊富なエージェントに任せた方が、自力で交渉するよりも成功しやすいので、おすすめです。

まとめ

まとめ
医師が転職する際の条件は、高収入やワークライフバランスが取れる職場などさまざまです。今の職場で改善できないかを考えたり、条件に優先順位をつけたりすることで、希望通りの転職がしやすくなります。また、転職先との条件交渉をすることでよりよい条件での転職ができる可能性があります。

求人を探す方法は、医療業界専門の転職サイトがおすすめです。医師の求人が豊富に掲載されているので、希望条件とマッチする転職先を見つけやすいでしょう。