医師の転職回数はどのくらいが目安?転職回数が多いと採用に不利?

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医師の転職回数はどのくらいが目安?転職回数が多いと採用に不利?

医師の転職回数はどのくらいが目安?転職回数が多いと採用に不利?

医師は一般的な会社員よりも、転職回数が多い傾向があります。しかし「転職回数が多いと採用に不利になるのでは?」と考えている医師も多いのではないでしょうか。

この記事では、転職を考えていたり、キャリア形成に悩んだりしている方向けに、医師の転職回数の目安や転職回数と採用の関係などをご紹介します。

医師の転職回数は平均どれくらい?職場によって差はあるの?

医師の転職回数は平均どれくらい?職場によって差はあるの?
同じ医師でも、勤務先の種類によって転職回数の多さに差があります。ここでは、医師の平均的な転職回数と職場による違いについて解説します。

(1)医師の転職回数は平均4~5回
医師の転職回数の目安は、平均4~5回と言われています。一般的なサラリーマンの転職回数は多くて2~3回と言われており、医師は転職の多い職業だと言えるでしょう。

転職の多さの背景には、会社員と比べて、医師は転職回数の多さがデメリットになりにくい点があります。

超高齢社会などを背景に、医師のニーズは増加傾向にあります。そのため医師の転職は、基本的に売り手市場で、転職先に困るケースは珍しいでしょう。一定の経験やスキルを持つ医師は、多くの医療機関で重宝されます。

さらに、多くの医療機関でさまざまな症例を治療した経験は、医師の市場価値を高める要因にもなります。会社員転職の場合、組織とのフィットや定着しそうかどうかが重視される傾向にありますが、医師の場合はスキルや認定医・専門医といった資格が重要になります。

近年は、自由診療の美容クリニックや産業医、フリーランスで活躍する医師など、医師の働き方が多様化しています。今後もその傾向は続くと見られ、転職回数も多くなるのではないでしょうか。

(2)勤務先の種類によって転職回数が異なる
公立病院や大学病院、民間病院、製薬会社など、勤務先によって医師の転職回数は異なります。ここでは、大学病院と民間病院について解説します。

・大学病の医師は転職回数が少なめ
大学の医局に所属し大学病院で働く医師は、転職回数が少ない傾向にあります。教授を頂点とした上下関係の厳しさや、研究や学会といった臨床以外の仕事の多さ、長時間勤務・休日出勤・宿直が常態化している点などから、退局して転職を考える医師は少なくありません。

しかし、人材不足に悩む医局が多いため、強く引き止められて、なかなか転職できない場合が多いようです。さらに、医局は地域医療への影響力が強く、エリアによっては医局員を派遣することで、医療体制を整えている場合もあります。

周りの利益を考えて、転職を思いとどまる医師も多く、なかには定年まで一度も転職しない、大学医局勤務の医師もいます。

・民間病院・診療所の医師は転職回数が多め
民間病院や診療所で働く医師は、転職回数は3~5回と大学病院に勤務する医師と比較して、多い傾向にあります。その理由としては、医局で働く医師と違い、強い引き止めにあうことが少ないからです。

民間病院や診療所は、その医療機関内で診療科目ごとに一定の医師を確保できれば問題ありません。1つの診療科目に2~3名の医師が所属している場合、退職したとしても新たな医師が入職するまで残りのメンバーで診療できます。転職が活発なため、人材を探しやすいのも特徴です。

このように転職が当たり前の環境であるため、待遇や人間関係、キャリア形成などの理由で退職する医師が多いのです。

転職回数が多いと転職に不利?転職を重ねるデメリットとは

転職回数が多いと転職に不利?転職を重ねるデメリットとは
一般的な会社員の場合、転職回数が多いとマイナス評価につながるため、転職に不利になる場合が多いでしょう。人材を雇うには採用・育成コストがかかるので、スキルがある人材でも早期退職してしまうと、企業目線ではマイナスです。長期にわたって、経験を積み、スキルを高めて会社に貢献する人材が求められています。

医師の場合は、転職が当たり前の職種なので、一般的な会社員と比べると、転職の多さはネックになりにくいと言えます。

しかし、転職回数が10回以上と目立って多い、1~2年のスパンで短期離職を繰り返しているといった場合は「何か問題があるのでは」と疑問に思われて不利になる可能性が高いです。

ただし、妊娠・出産、家族の病院の手伝いなど、明確な理由を説明できれば、採用側もそこまで問題視しないでしょう。

また、転職を繰り返すと退職金が少なくなるのもデメリットです。退職金は、職場に在籍した年数に応じて支給されるため、短期離職を何度もすると、退職金が非常に少なくなる可能性があります。退職金の金額は資産形成に大きく影響するので、その点も考慮してキャリアプランを立てましょう。

転職回数の多い医師は必見!面接で好印象を与える転職理由

転職回数の多い医師は必見!面接で好印象を与える転職理由
転職回数が多い、短期離職をしたという場合でも、面接対策をしっかりすることで挽回は可能です。特に転職理由の伝え方は重要です。コツをご紹介します。

(1)転職回数を気にしすぎず前向きに伝える
転職回数は変えることはできません。変にごまかそうとせずはっきり伝えたうえで、前向きな印象を与える理由を説明しましょう。また、理由は何であれ前職の職場やメンバーを悪く言うのは、自分の印象を下げるのでNGです。「職場に不満はなく、キャリアアップのため」といったニュアンスであれば、好印象を与えられるでしょう。

(2)短期間での転職は丁寧に理由を伝える
採用担当者は、短期間での転職経験のある応募者を警戒する傾向にあります。何も言わないと「忍耐力がない」「組織で上手くやっていけない」といった評価になりかねないので、納得してもらえる理由を丁寧に伝えましょう。

家族の介護や転職先に入社したが提示条件と異なる内容だったなどであれば、採用担当者の理解は得やすいはずです。また、現在は長く続けられるようになった旨を伝えるとより安心感を与えられます。

(3)転職をせざるを得ない理由は伝えてもよい
ハードワークや医療機関との考えの違いなど、転職せざるを得ない事情があった場合は、伝えてもマイナスになりません。

そのうえで、改善のために取り組んだことや今後の目標などを伝えると、採用担当者に納得してもらいやすいです。診療方針の違いで転職する場合、応募先の方針とマッチしている点をアピールするのも効果的です。

(4)人間関係を理由にするときは要注意
転職の理由として、人間関係をあげる場合は他の転職理由よりも注意が必要です。なぜならば人間関係の問題はどの職場でも起きる可能性があるので、「入職後になにかあったら辞めてしまいそう」「ストレスに弱そう」と採用担当者に感じさせてしまうリスクがあります。

特に相手に非があったとしても、人のことを悪く言うのは絶対にやめましょう。事情はどうあれ、悪い印象しか与えません。もし、人間関係について採用担当者に伝える場合は「自分の努力不足だった」など、自分にも非があることを前提に話す配慮が必要です。

まとめ

まとめ
医師は一般的な会社員と比べると、転職回数が多く平均4~5回と言われています。勤務先の種類によって転職回数に差があり、大学病院で働く医師は少なめ、民間病院・診療所で働く医師は多めです。

転職回数が多いと、選考で不利になるなどのデメリットがあります。転職回数が多い場合は、転職理由を前向きに伝えるなどの面接対策が必要です。

転職回数をこれ以上増やしたくない場合は、待遇や職場の雰囲気などを詳しくリサーチし、納得したうえで入職するのをおすすめします。

希望に合った転職先を見つけるには、医療業界専門の転職サイトがおすすめです。一般の転職サイトと比べ医師の求人が多いため、マッチする転職先を見つけられる可能性が高いでしょう。