医師が転職するときの履歴書の書き方とは?高評価を得るコツとは

  1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 医師が転職するときの履歴書の書き方とは?高評価を得るコツとは

医師が転職するときの履歴書の書き方とは?高評価を得るコツとは

医師の転職活動において、履歴書は非常に重要です。多忙な医師にとって転職活動のために履歴書を書くのは大変ですが、履歴書をしっかり書けていないと、面接に進めない場合も少なくありません。

逆に自分を効果的にアピールできる履歴書を用意できれば、転職活動を有利に進められます。
この記事では、医師の履歴書の書き方や高評価を得るコツを解説します。

そもそも履歴書の役割とは?パソコンと手書きどちらがいいの?

そもそも履歴書の役割とは?パソコンと手書きどちらがいいの?
履歴書の具体的な記載方法の前に、履歴書の基本について解説します。

(1)履歴書は採用担当に自分を知ってもらう書類
履歴書とは、求職者の学歴や職歴などの状況を記載した書類です。採用担当者は、履歴書を通して、応募者の経歴やスキル、人柄が、募集しているポジションに適しているかを判断します。「この人と会ってみたい」と思ってもらうことで、採用面接に進める可能性が上がります。

応募者にとっては、自分のスキルや人柄といった魅力をいかに伝えるかが勝負です。多少スキルや経歴が他の応募者よりも見劣りしたとしても履歴書の書き方を工夫することで、次のステップに進み、採用を勝ち取ることも可能です。

医療機関の採用担当者は多忙な場合が多く、何人もの応募者の履歴書に目を通します。わかりやすく簡潔にアピールするよう心がけましょう。

(2)履歴書の作成はパソコンでもOK
「履歴書は手書きだと熱意が伝わる」といった話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

昔はそういった側面もありましたが、今はパソコンで作成したからといって、基本的に評価は下がりません。

一度パソコンで作成すれば、日付や志望動機など必要な部分を変更するだけで、別の応募先にも使用できます。効率重視で転職活動をしたい場合は、パソコンで制作するのがおすすめです。字がきれいではない場合は、読みやすさを考慮するとパソコンで作成する方が無難でしょう。

フォーマットについては、インターネット上の無料で使用できる履歴書のテンプレートを使うと便利です。

基本的にはパソコンでもよいのですが、医療機関によっては手書きの履歴書の方が好印象を持たれるケースがあります。トップや採用担当者の意向によるものなので、転職エージェントを利用する場合は、どちらがよいか確認するとよりよいでしょう。

手書きの方が好きな方、文字のきれいさをアピールしたい方は、手書きで問題ありません。

手書きの場合は市販の履歴書に、黒のボールペンか万年筆で記入します。読みやすいように丁寧に書くのが大切です。書き損じた場合は、修正ペンや修正テープなどで修正せずに、新しい用紙に記入しましょう。

転職する医師向け!履歴書の各項目はどのように書くべき?

転職する医師向け!履歴書の各項目はどのように書くべき?
いざ履歴書を書こうとすると、各項目の書き方に迷う場合が多いと思います。書く時のコツを項目別に解説します。

(1)写真
写真は、履歴書の第一印象を大きく左右します。つい手を抜きがちなポイントですが、しっかりこだわることで、他の応募者との差別化ができるでしょう。

医師は清潔感が大切な職業なので、髪型を整える、男性であればひげをしっかりそるのは必須です。女性であれば、健康的な印象のナチュラルメイクをおすすめします。また、ネクタイやシャツの襟が乱れていると、印象がよくないので鏡で身だしなみをチェックしてから撮影しましょう。軽く微笑んだ表情で撮影すると、さらに好印象を与えられます。

スピード証明写真の機械で撮影するのもよいですが、より質を求めるなら写真館などで撮影するのがベストです。写りがよくなるようアドバイスをもらえますし、色調を調整し明るい印象に仕上げることも可能です。

急に履歴書の提出が必要になった場合に備え、写真を多めに用意しておくと安心です。

(2)学歴・職歴欄
学歴・職歴の名称や年号は全て正式名称で記載し、略称は使用しないようにしましょう。面倒だと思うかもしれませんが、履歴書は応募先に最初に提示する情報で、採用後も保存される重要性の高い書類です。仕事の正確性や真面目さなどの判断材料になるので、注意しましょう。

住所欄のマンション名・建物名も、部屋番号だけではなく、正式名称を記入するのをおすすめします。

学歴欄については、高校卒業から記入するのが一般的です。学校名や学部名、学科名が長くて一行におさまらない場合は、見やすい箇所で改行して2行にします。

(3)資格欄は医師番号も記載する
履歴書の資格欄には、医師国家試験に合格した旨を記載し、医師番号も併記します。医師番号を記載することで、応募者が医師免許を取得しているかを確認する作業が軽減されます。医療機関の負担が減るので、気遣いとして記載するのをおすすめします。

認定医や専門医、指導医、産業医など、関連する資格を取得している場合は必ず記載しましょう。これらの資格を持っていると、選考に有利になるのはもちろん、年収やポジションが大きく左右されます。

(4)業績・実績欄
履歴書の業務・実績欄は、職務経歴書を提出する場合は簡潔に内容を説明するだけで問題ありません。論文の簡単な内容、学会でどのような内容を発表したかなどを記載します。実績・業績が多い場合は、特にアピールしたいものをピックアップしましょう。年次を併記しておくとキャリアがわかりやすいので、記載するのをおすすめします。

(5)志望動機・自己PR欄
志望動機・自己PR欄は、採用担当者が最も重要視する部分です。スキルや経歴が優れていたとしても表面的な志望動機や自己PRしか書いていないと、意欲が低いとみなされ採用されるのは難しいかもしれません。

志望動機・自己PRは、使い回しをせずに応募先ごとに書くのをおすすめします。その医療機関で働きたいと思った理由や、自分のスキルを活かしてどのように貢献できるのかを記載します。

内容が思いつかない場合は、応募先のホームページなどで理念や治療方針、力を入れている取り組みなどをチェックし、共感できる部分について記載するのをおすすめします。なんとなく書くのではなく丁寧にリサーチすることで、説得力が増すでしょう。

(6)趣味欄
趣味は書類選考において、あまり影響はありません。しかし、人柄や価値観が現れやすく、面接時にも役立つ可能性があります。医師の面接は一般的な会社員の面接と異なり、一緒に仕事をしたい人柄かどうかを見極める場だと言われています。面接で話が弾むように工夫して書くと、好印象を与えられる可能性が高まります。

もし面接担当者と共通の趣味があれば、話が盛り上がり、好印象になるかもしれません。映画鑑賞や読書といったポピュラーな趣味を記載する場合は、作品名や作家・監督などより具体的な内容も記載するとよいでしょう。

より効果的な履歴書をつくる方法とは?差をつけるコツとは

より効果的な履歴書をつくる方法とは?差をつけるコツとは
これまで紹介してきた点に気をつければ、採用担当者にしっかりアピールできる履歴書が作成できるはずです。

もし、さらにアピール力の高い履歴書をつくり、他の応募者と差をつけたい場合は、医療業界専門の転職エージェントの添削を受けるのをおすすめします。

転職エージェントは、多くの転職者と医療機関を結びつけた経験があるため、一般的な履歴書のコツだけではなく、医療機関に合わせたより効果的な履歴書を書くポイントに精通しています。特に志望動機・自己PRは、しっかり練る必要があるため、エージェントの力を借りるのも方法のひとつです。

独力で履歴書を作成するよりも、遥かに効率的に履歴書をブラッシュアップできるでしょう。

まとめ

まとめ
医師の履歴書は、転職活動をするうえで重要な書類です。転職を成功させるには、一般的なルールを守るのはもちろん、効果的にアピールできる履歴書を作成する必要があるでしょう。

履歴書の作成に自信がない場合は、転職エージェントの添削を受けるのがおすすめです。医療業界専門のエージェントであれば、医療機関の採用に精通しているため、的確なアドバイスがもらえます。

医師の転職活動には、履歴書の書き方以外にも気をつけるべきポイントがたくさんあります。医療業界に特化した転職サイトなどで、転職活動のノウハウをリサーチしてスムーズに転職活動を進めましょう。