1. 医療転職.comトップ
  2. 記事一覧
  3. 30代の転職は厳しい?未経験でも大丈夫?成功のコツも紹介

30代の転職は厳しい?未経験でも大丈夫?成功のコツも紹介

「30代で未経験の職種・業界に転職するのは厳しい」と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。確かに、20代に比べると未経験での転職は難しい傾向にあります。

しかし、コツをおさえて転職活動をすれば、キャリアチェンジに成功する可能性は充分にあります。この記事では、30代未経験の転職が厳しい理由や転職活動のコツなどを紹介します。

30代が未経験で転職するのが厳しい理由とは?知っておきたいポイント

30代が未経験で転職するのが厳しい理由とは?知っておきたいポイント
結論から言うと、30代が未経験で転職することはできますが、20代と比べて厳しいといえます。その理由を解説します。

(1)即戦力としての活躍を期待されている
30代以降の求人の多くは、即戦力を求めています。ポテンシャルが重視される20代とは異なり、これまでの職務経験や資格、スキルなどを重要視して選考されるのです。

特に30代後半となると、管理職としてチームをまとめるマネジメントスキルを持つ人材が歓迎されます。

経験のある職種・業種の転職であればスムーズですが、未経験の場合、即戦力として活躍できるか未知数のため採用のハードルは上がるでしょう。

(2)未経験OKの求人の数が減る
会社・業界・職種によっては、30代の未経験者を歓迎している場合もありますが、一般的には経験者向けの求人が多いといえます。そのため、20代を対象とした募集と比べ、未経験OKの求人の数は少ないのが現状です。

特に30代後半以上は、未経験者が応募できる求人の数はガクッと減ります。もし、転職を考えているのであればなるべく早めに活動をスタートするのをおすすめします。

(3)30代女性はライフステージの変化が不利に働く場合も
企業によっては、出産・育児による退職や勤務時間の減少を考えて、30代女性の採用を避けるケースもあります。

ただし、近年は育休や時短勤務、社内保育所など、育児との両立をサポートする企業も増えています。働く場所はたくさんあるので、自分のライフプランに合った転職先を選びましょう。

転職する前に知っておきたい!30代で転職するデメリットとは

転職する前に知っておきたい!30代で転職するデメリットとは
転職によって、好きな業界・職種に挑戦できる、給料が上がる、労働環境が良くなるといったメリットが期待できますが、30代の転職にはデメリットもあります。

あらかじめ知っておくことで「こんなはずではなかった」と後悔するのを防げます。

(1)年収が下がる場合がある
これまでキャリアを積んだ勤務先から転職すると、年収が下がってしまう場合もあります。経験のある職種や業界であれば、これまでのキャリアを買われて年収がアップする傾向にありますが、未経験での転職の場合は下がるケースが少なくありません。

未経験転職の場合は、転職後に経験を積んで給料を上げていく長期的なプランが大切です。

(2)家族に影響が及ぶ可能性がある
30代になると、配偶者や子どもがいる人も多くいるため、転職の際は家族への影響を考慮する必要があります。年収の減少や勤務時間・休日日数の変化は、本人だけではなく家族にとっても重要です。

事前に家族と話し合っておかないと、反対されるケースもあるでしょう。

(3)転職活動が長期化しやすい
30代の転職では、経験のある職種や業界であれば、スキルや知見を評価され、スムーズに転職が決まる場合も多いでしょう。

しかし、未経験での転職の場合、ポテンシャルを考慮して採用されやすい20代や経験を積んだ同世代がライバルになる可能性があり、選考で不利になる傾向があります。

一般的な転職活動期間は3ヶ月ほどですが、場合によっては半年以上かかるかもしれません。できるだけ今の仕事を辞めずに、収入を確保したうえで、じっくり転職活動をしましょう。

30代未経験から転職を成功させる方法とは?コツを紹介

30代未経験から転職を成功させる方法とは?コツを紹介
30代未経験から転職を成功させるには、コツをおさえて戦略的に活動するのが重要です。転職活動の主なポイントは下記の通りです。

(1)30代未経験の転職市場を知る
まずは、希望する職種・業界の未経験募集がどのくらいあるのか、どのようなスキルが求められるのかをリサーチし、転職活動の方向性を決めます。

いくつかの転職サイトで「○○(職種)×未経験」といったように検索して、実際の求人をチェックしましょう。

リサーチには求人数の多い大手転職サイトが便利ですが、特定の業界を志望する場合は業界特化型の転職サイトもおすすめです。例えば、MRの場合は医療業界専門のサイトもチェックすると、一般の転職サイトには掲載されていない求人を見つけられる場合があります。

(2)キャリアの棚卸しをする
例え未経験の職種・業界であっても、30代の転職者には即戦力としての活躍が求められます。キャリアを棚卸して、これまでの経験・スキルを整理することで、応募先へのアピール材料が見つかります。

また、自分の得意・不得意が明確になると、マッチする求人を見極めやすくなります。ミスマッチによる早期離職を防ぐためにも、しっかりキャリアを振り返りましょう。

(3)求める条件の優先順位を決める
「年収をアップしたい」「休みを増やしたい」など、転職で何を実現したいのかを明確にし、条件に優先順位をつけると、軸がぶれずに転職活動を進められます。

年収アップを望むなら基本給が高い求人、休みを増やしたいなら年間休日数の多い求人といったように、的を絞って活動できるため効率がアップします。

(4)志望理由を明確化する
志望理由は、転職面接で必ず質問される項目です。特に未経験転職の場合、入社後のミスマッチを防ぐため、なぜキャリアチェンジをするのか、転職後に何をしたいのかなど詳しく聞かれる可能性が高いでしょう。また、同業他社ではなくなぜ応募先を志望したのかもよく聞かれます。

説得力のある志望理由を伝えられるかが、選考通過に大きく影響します。業界や応募先についてしっかりリサーチする、今までのキャリアを振り返る、転職サイトなどに掲載されている転職に成功した人の志望理由を参考にするなどの対策が必要です。

(5)今の会社でスキルを磨く
未経験の職種・業界に転職する場合でも、今の職場で培った経験・スキルは大きな武器になります。営業職であれば売上アップ、管理職であればメンバー育成やプロジェクトの成功といった成果を提示できれば、能力の高さをアピールでき、選考に通過しやすくなります。

事務職など数字で成果が測りにくいポジションであっても、コミュニケーション能力や判断力、提案力などが優れていれば高評価につながりやすいです。

また、志望職種・業界に関係する資格を習得すると、意欲や基礎知識があると判断され、選考で有利になるでしょう。

(6)転職エージェントを利用する
転職エージェントを利用すると、専任のキャリアアドバイザーがキャリアの棚卸やキャリアプランの作成、求人の紹介、応募書類の添削、面接練習など手厚くサポートしてくれます。

未経験での転職は、職種や業界の知識が少なく、難航しがちです。キャリアアドバイザーから、多くの転職者と企業を結びつけてきた経験を活かした適切なアドバイスをもらえば、スムーズに転職活動を進められます。

志望業界が決まっている場合は、業界特化型のエージェントを選ぶと、より業界の実態に合ったサポートを受けられるでしょう。

まとめ

まとめ
30代を対象とする求人は、即戦力を求めるものが多く、未経験OKのものは少ない傾向にあります。そのため、未経験の職種・業界に転職するのはやや大変ですが、努力次第で充分可能です。

転職成功のコツは、転職サイトなどで転職市場の動向を知る、キャリアの棚卸をする、転職エージェントを利用するなどです。

「医療業界に転職したい」といったように志望業界がはっきりしている場合は、業界特化型の転職サイトや転職エージェントを選ぶとよいでしょう。一般の転職サイトや転職エージェントにはない、求人情報や転職ノウハウを得られます。