医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. 金沢大学附属病院  小川 真智子
私たちを幸福に健康にするのは良い人間関係に尽きる
私たちを幸福に健康にするのは良い人間関係に尽きる

私たちを幸福に健康にするのは良い人間関係に尽きる

金沢大学附属病院 小川 真智子

金沢大学附属病院

小川 真智子

日本で数少ない音声外科を専門とする耳鼻咽喉科医である小川先生。音声・嚥下障害の診療や声帯再生研究、声の啓蒙活動など幅広く活動し、将来を期待されている。2人のお子さんの母親でもある小川先生は「両立できているのは夫と両親のおかげです」と語る。子育てと仕事の両立は、医療従事者にとって大きな課題のひとつ。小川先生の歩みは、医療の道へ進む若者にとって非常に参考となるはずだ。


成功体験として、音声外科との出会い、その後の順調なキャリアの歩みをお話いただいた。上司や家族への感謝の言葉からは、周りの人を大切にする小川先生の人柄がうかがえる。

 

キャリアにおける成功体験は、成功と言えるのかはわかりませんが、自分が考えていた以上に、音声外科医として順調なキャリアを歩んでこられたことです。

私が音声外科医を志したきっかけは、大学時代にたまたま観たミュージカルです。部活の引退試合が終わった後に、泊まっていたホテルのすぐそばでオペラ座の怪人が上演されていて、軽い気持ちで観に行きました。学生時代の大半はバスケットボールに明け暮れていて、芸術とは無縁だったのですが、舞台をみて感動したのを覚えています。それからは、コンサートに行ったりミュージカルを観に外国に行ったりするようになり、その度にこれほど美しい音色を人は出せるのかと、心を大きく動かされました。当時は医学生で、声がどのように生成されるかが気になり、発声の仕組みやのどの解剖などを調べては、いつか声を守れる人になりたいと願っていたので、耳鼻咽喉科に音声外科という分野があると知った時は本当に嬉しかったです。

音声外科が扱うのはのど(喉頭)ですが、喉頭領域には、音声・発声障害以外にも嚥下障害を来す疾患、気道狭窄を来す先天性・炎症性疾患、喉頭腫瘍といった幅広い疾患があり、私にはのどに関わる全てが興味深く、学問的にのめり込めました。学生の間に、この仕事をして生きていきたいと思える分野と出会えて良かったなと思います。

研修医の頃には、耳鼻咽喉科医になったら日本最高峰の喉頭医学を学び、声帯研究に携わり、音声・嚥下障害診療の仕事をしたいという夢を持っていました。医師になって約10年になりますが、夢が叶っただけでなく、喉頭科学会優秀論文賞をいただけたり、羊膜を用いた最先端の声帯再生研究を行えたり、声の啓蒙活動ができたりと、思い描いた以上に理想的なキャリアを歩んでこられました。

それも「最先端の喉頭科学を学ぶために留学したい!」「喉頭手術の研修に行きたい!」と次々訴える私をいつも温かく快く送り出してくれた教授や、思いを受け止めて熱血指導をして下さる気さくで理想的な直属の上司、留学先の偉大で教育的で思いやりに溢れた先生方と出会えたお陰です。周りの人に恵まれ、情熱を失うことなくステップアップできたのは、とても幸運なことだと思っています。

また、家族の協力にも、とても感謝しています。夫も医師として働いていて非常に多忙ですが、家事も頑張ってくれますし、話しているだけで楽しくて癒されますし、いつも私を応援し勇気づけてくれます。夫は私にとって精神的な支えで、どんなことでも助けてくれる頼もしい存在です。母もかけがえのない存在です。急患が入った時や手術が延びた時は、いつも母が駆けつけてくれて、子供達のお迎えやお世話をしてくれます。私自身が体調を崩した時や精神的に辛い時にも、何度元気を与えてもらったかわかりません。父も多忙ですが、疲れは一切見せず子供達を非常に可愛がってくれて、いつも最高の笑顔で無償の愛を与えてくれます。皆の支えがなければ、仕事を続けられなかったですし、本当に感謝してもしきれません。

将来的には、音声外科医として、声で困っている方に治療が行き届くように努めたいです。日本の音声外科医は非常に少ないので、声で悩んでいても専門的診察を受けられず無治療のまま苦しんでいる方が多くいらっしゃると思います。音声医学の発展で、従来治せなかった疾患の治療法が開発されたり、音声を温存できる術式が出てきたりしています。声で悩む一人でも多くの方がその恩恵を享受できるように、今は臨床の傍ら、新規技術の導入や喉頭医学研究の立ち上げ、声やのどに関する医学情報が収集できる一般の方向けのホームページ「for voice」の作成等を行っています。

失敗体験として、2人目のお子さんを妊娠中に無理をしてしまい、母子ともに危険な状態になったことを挙げていただいた。キャリアと出産・子育てを両立することの難しさが分かるエピソードだ。

 

最大の失敗は、2人目の子供を妊娠中に無理をしすぎて、母子ともに命が危なくなったことです。1人目のときは安産だったので、どこかで無事に生まれてくるのを当たり前だと思っていました。

当時は緊急呼び出しも多く忙しい環境でした。周りの方々は気遣ってくれていたにもかかわらず、私は子供の命を預かっているという認識が充分でなく、妊婦であるせいで周りに負担をかけてはいけないと、あまりセーブせずにひたすら働いていました。

結局、高熱で急に仕事に出られなくなり逆に迷惑をかけた上に、絨毛膜羊膜炎・産科DICという病気で緊急搬送・緊急手術となり、母子ともに命を落としかけました。術後、ICU(集中治療室)のベッドの上で意識を取り戻し、子供が新生児仮死の状態で生まれ、蘇生して一命を取り留めたと知らされました。回復してからNICU(新生児集中治療管理室)の保育器の中で小さい身体に沢山の管が繋がれた我が子と対面した時は、命を危険に晒してしまった罪悪感に苛まれました。その後も、生後間もなく手術が必要になるなど大変な思いをさせてしまいました。我が子の命を救ってくれた複数の病院は自分が働いてきた病院でもありますが、今までもこれからもずっと感謝の気持ちが薄れることはないと思います。

医療従事者はハードワークになりがちですが、妊娠中は本当に無理をしないで欲しいです。もし、子供が命を落としていたら今の幸せは決してありません。難しいかもしれませんが、どの世界でも、妊娠で引け目を感じず支え合いながら安心して働ける環境になれば良いなと思っています。

座右の銘として 「Good relationships keep us happier and healthier. Period.(私たちを幸福に健康にするのは良い人間関係に尽きる)」を挙げていただいた。周りの人への感謝を大切にする小川先生らしい言葉だ。

 

座右の銘は、英語の勉強でTEDを観ていた時に知った、心理学者ロバート・ウォールディンガーの「Good relationships keep us happier and healthier. Period.」です。日本語で「私たちを幸福に健康にするのは良い人間関係に尽きる」を意味します。

約75年間にわたって行われたハーバード大学の幸福研究の結論として、発表された言葉です。その研究では、貧困層と富裕層に分けてアンケート・インタビュー・血液検査・脳画像などの追跡調査を生涯に渡り実施。その結果、幸福や健康にとって重要なのは、富や権力ではなく、人間関係だと結論付けられました。

私自身、仕事やお金に走って人間関係を疎かにしてしまいそうな時は、この言葉を思い出し、一旦踏みとどまるようにしています。周りの人をないがしろにしたら、結局何も残らないと思うので、どんなに心に余裕がなくても、他人に冷たく当たるようなことは決してしないように気をつけています。何よりも大切な家族や両親、一緒にいると世界が鮮やかに感じられる大好きな友人達など、周りの方々との関係をずっと大事にしていきたいと思っています。

臨床現場や学会の発表など忙しい毎日のなかでも、休日は家族との時間を何よりも大切にしている小川先生。お子さんの笑顔が何よりの癒しだと話す姿が印象的だ。

 

平日は仕事・育児・家事で忙殺され、読書など自分の趣味や憩いに費やす時間は皆無です。休日も、診療や学会出張、論文等の執筆活動をする場合も多く、何も仕事をせずにいる日はあまりないです。

今年は、国際学会含め5回学会発表の予定があり、聞きたい学会、一般向けの講演会等を入れると出張は年に10回弱くらいです。子供達と一緒に行くことも多く大変ではありますが、自分で行った研究を発表しフィードバックが得られ、最新医療の情報も収集できる場があるのは、医療者としてとてもありがたいです。

忙しい中でも日々頑張れるのは子供達のお陰です。子供達の笑顔や寝顔を見ると、どんなに疲れていても癒され穏やかな気持ちになり、どれだけ救われているかわかりません。二人とも「おかあやん」と呼んでくれて、本当に愛おしくて、仕事の時もふとした瞬間に子供達の笑顔が思い浮かび、幸せな気持ちで満たされます。保育園での再会を一日中楽しみにしている程、子供達の存在が日々の活力になっています。今は休日に子供達と遊んだり、みんなでゴロゴロしたり、お酒を飲みながら家族みんなで料理したりと、家族で過ごす時間が何より幸せです。

忙しい医療職の仕事と家庭を両立するには、頼れる存在を見つけることが大切だという小川先生。2人のお子さんを育てながら、音声外科医としてキャリアを築いてきた実体験に基づくアドバイスは、キャリアプランを考えるうえで非常に参考になるだろう。

 

若い方たちにお伝えしたいのは「助け合える関係を大切にして欲しい」ということです。私は、自分が仕事を辞める事で将来的に子供達に責任を感じさせたくない思いや、両親が進学の為に費やしてくれた労力を無駄にしたくない思い、自分自身好きな事を究めたい思いもあり、仕事を諦めず続けてきました。ですが、仕事を続けられたのは、夫と両親が困った時に助けてくれたからです。

女性医師の中には、子育てと仕事を両立できなくて辞めていく方が多くいらっしゃいます。緊急手術で子供達の迎えに行けない、大事な仕事があるけど子供達の看病が必要になるといったことは日常茶飯事ですが、その度に保育園に迎えに行く時間を大幅に超過したり、同僚の負担を増やしたりするわけにはいきません。自分一人だけでは、いくら情熱があっても仕事を続けるのが難しくなると思います。

医療現場も子供も突発的に危機的状況が生じやすく、どうしても地域支援や託児所等だけでなく身近な頼れる存在が必要になるかと思います。家族や両親、友達等との関係を大事にして、助け合える方が複数いれば、お互いにサポートし合って危機を乗り越えられる場合も多いので、ぜひ助け合えるコミュニティを作って頂きたいです。それが出来れば、働きやすい環境の中で輝きながら仕事ができるようになるのではないかと思います。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。