医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. 東京医科歯科大学大学院 歯学部長・教授 依田 哲也
人から望まれることを大事にして欲しい
人から望まれることを大事にして欲しい

人から望まれることを大事にして欲しい

東京医科歯科大学大学院 歯学部長・教授依田 哲也

東京医科歯科大学大学院
歯学部長・教授
依田 哲也

東京医科歯科大学・歯学部に在学中、顎関節疾患を専門とする道を選び、日本の顎関節疾患研究をリードしてきた依田教授。「人から望まれることを大事にして欲しい」という言葉通り、周囲の期待に応えることで、キャリアを切り開いてきた。依田教授の歩みからは、自己研鑽をしたうえで、目の前に来たチャンスを掴む大切さを感じさせられる。


キャリアの成功体験として、顎関節症の臨床と研究に携われたことを挙げていただいた。成功の理由は、周囲の人に恵まれたことだと語る依田教授。そのキャリアを振り返る。

 

キャリアの一番の成功体験は、学生時代から興味があった顎関節症をはじめとする顎関節疾患の臨床と研究に携わり続けられたことです。

顎関節症に興味を持ったきっかけは、大学6年生の時に読んだ歯の噛み合わせに関する本です。噛み合わせが全身の健康に及ぼす影響について書いた本を何冊か読み、面白いなと感じました。歯列矯正にも興味があったのですが、顎関節疾患を専門にする決意をしました。

しかし、母校には顎関節を専門とする科がありませんでした。そこで、顎関節研究の伝統がある第一口腔外科に進む、入れ歯などを取り扱う関係で顎関節症を研究している補綴(ほてつ)科に進む、地元である長野の大学の医学部・歯科口腔外科に進むという、3つの道を考えていました。

悩んでいる時に、第二口腔外科の教授が親身に相談に乗ってくださったのがきっかけで、第二口腔外科へ進むことを決めました。第二口腔外科は顎関節の診療をしているものの、研究は全くしておらず「自由に研究していい」と言われたのです。指導教員がいないため最初の2年は専攻生として大学院に入り、基礎を身につけてから大学院に入学したので、同級生からは2年遅れです。よく考えると、指導教員のいない教室に進むのも不思議な話です。しかし、キャリアを振り返るとそれがプラスになっています。

大学院に入学するまでの間、診察に来る患者さんを全て自分でマネジメントできる環境を整えてもらい、自由に研究できました。大学院に進学後も、本当に自分で考えて好きなように研究させてもらえたと感じています。山のサルの群れを捕獲している業者を訪ねて購入したり、世界各国の研究者の論文を読んだり、様々な経験ができました。自分でやらざるを得ない状況だったからこそ、得るものも大きかったです。

また、医学・歯学に限らず、様々な大学の顎関節を研究する先生のところに飛び込んで教えてもらったり、多くの講習会に参加したりするなど幅広く学べました。第二口腔外科の教授が「責任を取るから自由にやってくれ」と仰ってくれたおかげです。顎関節手術の権威だった埼玉医科大学の教授のもとに、週1回勉強に行けるよう話をつけてくれたのも、その方でした。

また、指導教員がいないため、1人で顎関節学会に参加したことで、様々な大学の先生と親しくなり、横の繋がりができたのも大きかったです。特に海外の学会に参加した時は、日本の参加者が少なかったこともあり、目をかけてもらう機会が多かったですね。後に、学会で知り合ったドイツの大学教授のもとに留学するなど、人との繋がりが大きな財産となりました。

その後のキャリアでも、周りの人たちとの縁がプラスに働いています。東京大学の講師を1年ほど勤めた後、大学院生時代にお世話になった埼玉医科大学から声がかかり、教授として15年間勤務しました。そして、定年まで勤めるつもりだったのが、たまたまポストが空いたことで母校に戻り、かつての第一口腔外科である顎顔面外科学の教授になりました。顎関節疾患に携わりたいという一貫した思いはありますが、流れに任せているうちに、好きな仕事をずっと続けられています。周りの人たちに恵まれたおかげなので、今でも感謝していますね。

キャリアにおける失敗談として、英会話スキルを磨いてこなかったことを挙げていただいた。現在は学部長として海外の大学と交流する機会が多く、英会話は必須。毎日アプリで学んでいるという。

 

キャリアを振り返って後悔しているのが、英会話をあまりしてこなかったことです。音楽をしていたこともありドイツ語の勉強をずっとしていて、留学先もドイツでした。そのため英会話は、ドイツ語を英語に直して話しています。

東京医科歯科大学は国際的な大学なので、学部長として海外の大学の方と交流する機会が多くあり、会話は全て英語です。皆さんとても流暢に英語で話すので、私も必死で英会話を学んでいます。英会話アプリを1年近く毎日続けていますが、なかなか身につきません。もっと若いうちから努力しておけば良かったと感じていますね。

私が口腔外科に入った約40年前は、ドイツに留学した教授が多く、教授による回診やカルテもドイツ語が主流でした。しかし時代が一気に変わって、今や英語は必要不可欠です。経験を踏まえて、若い方には早いうちから英語力を磨くよう伝えています。

若い人たちに伝える言葉として「鉄は熱いうちに打て」を、座右の銘として「棚からぼたもち」を挙げていただいた。キャリアにおいては、その両方が大切なのだという。

 

若い方たちに伝えている言葉は「鉄は熱いうちに打て」です。若い時や情熱のある時は、チャンスを逃してはいけません。今やるべきことは今やる。後に回さないということが大切です。

ですが、私の座右の銘は家訓である「棚からぼたもち」で、実際にラッキーな出来事が起きて、機会をもらえていることが多いですね。ドイツに留学できたのも、棚からぼたもちなんです。文科省の海外派遣は医科・歯科で1名しか選ばれないのですが、私は3位でした。たまたまその年だけ追加補欠があって、2位の人が条件と合わず、私に回ってきたのです。

ただ、そのチャンスを掴めたのはずっと顎関節症の研究やドイツ語学校での勉強など、私なりに取り組んできたからだと思っています。その時にやるべきことをやれば、チャンスが掴めるのではないでしょうか。

あとは周りの人たちにも助けられていて、それもラッキーだなと感じています。人に恵まれているのは、相手の悪い所ではなく、よい所にフォーカスしているからかもしれません。例えば、若い先生は経験が少なくて失敗することもありますが、それぞれが良いものを持っているはずです。部下や学生に対しても、なるべく長所を見て、伸ばしてあげたいと思っています。

若い頃からこの姿勢は変わっていないので、そのことも影響して周囲の人間関係で良くしてもらえている気がしますね。

プライベートは、スポーツ観戦や庭の手入れなどのんびり過ごしているという。植物を育てることは、人を育てることに似ていると依田教授は語る。

 

プライベートはのんびりするのが好きで、主にスポーツ観戦や庭の手入れをして過ごしています。

よく観戦するスポーツは、サッカーやF1です。ドラマ以上にドラマがあってわくわくします。仕事上のコミュニケーションツールの1つにもなっていて、看護師さんや検査技師さんといった他の医療従事者の方とフランクに話すきっかけでもあります。

庭にはバラなどの木を植えていて、剪定や草むしりをしています。植物の世話をしていると、心が落ち着きますね。少し手入れして誘導すると、勝手に伸びて育っていくところが面白くて、どんどん変化していく様子を見て楽しんでいます。

植物を育てるのは、人を育てるのと似ていると感じることがあります。教室の若い先生も、ちょっとした指導やアドバイスをすると、いつの間にか自分で成長しているんです。

ある方から聞いた「教授は、自分よりも素晴らしい手術や研究、教育ができる人を育てなくちゃいけない」という言葉がすごく印象に残っています。とんがった面白い発言をする人や意見を積極的に言う人がいると、わくわくしますし、自分を越えてくれると嬉しいですね。

依田教授から若者たちへのメッセージは「人から望まれることを大事にして欲しい」。川を流れる小舟に人生を例え、流れに乗ることの大切さを語る姿は、目の前のやるべきことにしっかり向き合ってきた姿勢が伺える。

 

若い方にお伝えしたいのは、流されて生きるのも悪くないということです。私のキャリアを振り返ると、大学卒業後の進路を決める時に教授に勧められて、指導教員のいない第2口腔外科を選んだおかげで、枠に捉われずに様々な角度から学べました。東京大学で講師として働いた後に学生時代の縁で埼玉医科大学の教授に就任したところ、想像以上に環境が良く同僚にも恵まれ、思う存分研究に打ち込んでいます。現在、東京医科歯科大学にいるのも声を掛けてもらったことが始まりで、副学長や学部長といったこれまでにない経験ができています。

周囲の人に望まれることは、他の人が評価してくれているので、自分には無理だと思っても、逆らったらいけないと思っています。人生は川に浮かぶ小舟の上に乗って、流れていくようなものです。川が分かれており、選択しなければいけないタイミングはありますが、大きな流れに反した行動をすると良くないのではないでしょうか。

本人の希望はありますが、周りの人に望まれることは、自分にとってプラスになるかもしれません。迷った時は、人から望まれることを大事にして欲しいですね。あとは、周囲の人に助けてもらうことは必ずあるので、感謝を忘れないことが大切だと思います。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。