医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. 東北大学大学院 教授 海野 倫明
失敗を恐れず好奇心を持ち、損得勘定抜きでチャレンジして欲しい
失敗を恐れず好奇心を持ち、損得勘定抜きでチャレンジして欲しい

失敗を恐れず好奇心を持ち、損得勘定抜きでチャレンジして欲しい

東北大学大学院 教授海野 倫明

東北大学大学院
教授
海野 倫明

医学生時代の自身の手術がきっかけで、肝胆膵外科の道を志した海野教授。外科医を3年ほど経験した後、6年間にわたり基礎研究に従事。再び外科医として臨床の場に戻った。その後、2010年に『膵癌術前治療研究会』という研究会を設立し、膵がんの「術前治療」が標準治療として認められるよう尽力した。チャレンジ精神あふれるキャリアは、若い医療人にとって大いに参考になるだろう。


キャリアにおける最大の成功体験として、『膵癌術前治療研究会』を設立し、膵がんの「術前治療」を標準療法にしたエピソードを伺った。同世代である30~40代の医師たちとの取り組みが大きな成果を生んだという。

 

私にとって一番の成功体験は、2010年に『膵癌術前治療研究会』という研究会を立ち上げ、新しい治療法で成果を出した結果、その治療法が標準療法になったことです。

それまでの膵がんは、切除できそうであれば手術をして、手術後に抗がん剤治療を行うことが一般的な治療法でした。抗がん剤治療をしてから手術する「術前治療」の方が良いのではないか考えていたのですが、当時は「抗がん剤治療をしたことで、手術のタイミングを逃したらどう責任を取るのか」といったように風当たりが強かったです。

そこで、私のいる東北大学が事務局になって研究会を作り呼びかけたところ、多くの大学や病院の先生が参加してくれました。術前治療は徐々に理解が進んでいき、標準療法になるにあたって必須となるランダム化比較試験を行う頃には、研究会に所属する施設は50まで拡大することになります。

臨床研究の結果、手術前に抗がん剤治療を行った方が良いと分かり、現在では術前治療がスタンダードと言われるまでになったのです。

当時の私は40代で、術前治療に興味を持って集まってくれたのも、同世代の若手の先生たちでした。年齢が近いこともあり、先生同士の連携がとりやすく、一緒に取り組めて本当に良かったです。

キャリアの分岐点としては、外科医を3年ほど経験した後に、基礎研究に従事したことが良かったと感じています。当時、最新の分野である分子生物学の有名な先生が東北大学医化学教室に着任した時に、興味が湧いて教室に行きました。

それがきっかけとなり、特別研究員として研究費を貰いながら膵臓の研究をすることになります。教授からは研究を続けるよう勧められましたが、研究の成果を患者さんにフィードバックしたかったこともあり、先生には大変申し訳ないと思いつつ、外科医の道に戻りました。

その6年間は、外科医としてのキャリアが空白になっています。デメリットになったこともありますが、苦労して研究したことは、現在でも役立っています。基礎研究の教授から、論文の書き方などを学んだことはしっかり根づいていますね。基礎研究を通して、日本全国の基礎医学者・臨床研究者など様々な方と人脈ができたのも大きいです。人との出会いを含め、運が良かったなと思います。

外科医のキャリアを振り返り「大変な道を選んだ」と語る海野教授。どんなに最善を尽くしても、手術が理想通りの結果にならない場合もあるという。その言葉からは、1人でも多くの命を救いたいという信念が窺える。

 

キャリア選択の失敗ではないですが「大変な道を選んだ」と思うことはあります。医療人、特に外科医にとっては、手術して上手くいかなければ全部失敗なんです。手術に起因することも、患者さんの病態に起因することもありますが、上手くいかないことは本当にたくさんあります。

私の領域は、肝臓や胆嚢、膵臓という合併症の多い手術で、いわゆる難易度が高いものです。残念ながら患者さんが亡くなってしまうこともあり、その度に気持ちが落ち込みますが、なるべく後に引きずらずに目の前の患者さんや手術に集中するようにしています。手術中に思うようにいかないこともありますが、手術は12時間にも及ぶことがあるほど長いので、乗り切るためには切り替えが重要ですね。

私が最初に外科医になろうと思ったのは、学生時代に患者として手術を受けたのがきっかけです。学生実習で胆嚢のポリープが見つかり、内科の先生にがんかもしれないから手術を受けるように言われ、外科の先生に手術をしてもらいました。手術後に顕微鏡で検査して良性だと分かり「外科だからできることがある」と感じて、肝胆膵外科に進む決意をしました。

私は、外科医から基礎研究に行き、また外科医に戻っています。長時間の手術で心身ともにハードですし、患者さんが亡くなってしまうことも少なくない。大変な領域を選んだとは思いますが、今となっては良い選択をしたと思っています。

座右の銘として「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」という言葉を挙げていただいた。外科医としてはもちろん、基礎研究に取り組んでいたときにも大切にしていた言葉だという。困難な時でも挑戦する姿勢は、海野教授のキャリアの歩みに表れている。

 

座右の銘は「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」です。何事もトライをしないと、物事は進まないと思います。上手くいかないことも多々ありますが、基礎研究の教授にも「とにかくやりなさい」と言われてきましたし、このスタンスで努力を重ねてきました。

例えば、外科医は手術の技術が一番大切だと考えている先生が多いのですが、私は横断的な勉強が必要だと思っています。臨床研究をしている人のなかに入って研究の作法を身につけたり、内科に留学して手術前後の抗がん剤治療を学んだりといったチャレンジが必要です。

若い方を指導していて、取り組まない理由が先行しているのを見ると、もったいないなと思います。やってみないと正解かも分からないし、成功するためのフィードバックも得られません。特に外科医の技術は、実際に手を動かさないと絶対に上達しないものです。まずは手を動かすのが大切だと思いますね。

旅行が好きで、以前は仕事や学会で国内や海外に行くのを楽しんでいた海野教授。最近は家でのんびりすることが多いという。

 

休日は家でゴロゴロしていることが多いですね。コロナの前は、仕事で全国を飛び回って、新幹線や飛行機で知らない土地に行っていました。行けなくなってから、旅行が好きなんだなと気づきましたね。以前は、年に3回は海外で学会があって、観光したり、食事をしたりして楽しんでいました。どの旅先でも寝られますし、食べ物も何でもオッケーなんです。

勉強や刺激になればと思って若い方を連れて行っていたのですが、今はそれもできなくなりました。若い時の方が感受性も強いし受け取る情報も多いので、少し残念ですね。

身体を動かすという意味で、スキーやゴルフをすることもありますけど、コロナになってからは外に出かけないので、気分がスカッとしないなと感じています。

若者たちへのメッセージとして「失敗を恐れず好奇心を持って、損得勘定抜きで様々なことにチャレンジしてもらいたい」という言葉をいただいた。様々な場所に出向き、色々な人と出会い、話をして友人となることは、研究や臨床にもプラスになると語る。

 

若い方々には「失敗を恐れず好奇心を持って、損得勘定抜きで様々なことにチャレンジしてもらいたい」と伝えたいです。私は6年ほど基礎研究に携わりました。外科医のキャリアとしてはロスだったかもしれませんが、そのおかげで他の人にはない経験ができたと思っています。

研究仲間をはじめ、多くの友達ができましたし、分からないことがあれば聞ける人もたくさんできました。そして、外科の教授と基礎研究の教授、2人の師匠を持てたのは何ものにも代え難いですね。基礎研究の先生にとっては出来の悪い弟子でしたが、それなりに認めていただいていて本当に感謝しています。そういった出会いも、私が基礎研究に行ったから得られたので、好奇心を持つのは本当に大切だと思いますね。

好奇心を持って物事を見て、仕組みを明らかにしてみる発想は、とても大切だと感じています。周囲の頑張っている若手研究者も、先生から言われた通りにこなすだけではなく、「こうしたら面白いんじゃないか」と考えてチャレンジしていますね。新しいプラスアルファを加えられる人が伸びるんだと思います。

医学博士は「取得しても役に立たない、専門医を取る方が大事だ」と思われがちですが、そうではありません。専門医は一定の基準をクリアしていることを証明するものですが、医学博士は研究して創造性を発揮する必要があります。求められる能力が違うので、両方取れたらいいですね。その経験が医師として、人としての厚みになるはずです。

短期的な損得勘定で言えば、研究を行うことは寄り道でもあり、医師としての修業期間が長くなってしまいますが、医師は高齢になっても働ける仕事です。若いときに基礎研究や留学などで数年間寄り道をしても、長い目で見た場合、それらはかけがえのない経験になり決して無駄にはなりません。最短コースで専門医だけ取得するよりも、様々な経験をして厚みのある医師になることで、競争力が身につくと考えています。医師は何かが起きた場合、患者さんや家族に納得してもらうことが大切な役割です。そういった場面でこそ、経験の積み重ねが活きてくるのではないでしょうか。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。