医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. グローバルヘルスケアクリニック 院長 水野 泰孝
トップに立つなら武器を持て
トップに立つなら武器を持て

トップに立つなら武器を持て

グローバルヘルスケアクリニック 院長水野 泰孝

グローバルヘルスケアクリニック
院長
水野 泰孝

感染症の専門家としてキャリアを積み、大学医局のトップに上りつめた水野院長。専門性の高さが評価され、マスメディアにも数多く出演。輝かしいキャリアを築いてきたが、管理職になったことがきっかけで適応障害になり、苦悩の日々を送る。その後に退職し、2019年にグローバルヘルスケアクリニックを開業。現在は、日本の寄生虫症分野において、トップレベルの症例数を診察している。水野院長が専門性を武器にして、どのようにキャリアを切り開いたのかを紹介する。


キャリアにおける成功は、感染症という専門分野との出会い、目標であった大学医局のトップに上りつめ、専門家として高い評価を得たことだという。水野院長が感染症の専門家として歩んできた道のりを振り返る。

 

キャリアを振り返ると、専門分野に感染症を選んだこと、大学医局のトップに登り詰めたこと、感染症内科として開業したこと。この3つが成功体験だと感じています。

感染症を専門分野として選んだのは、研修医時代に、ある先生から海外での医療や熱帯病などの感染症の話を聞いたことがきっかけです。中学生の時に初めて海外に行き、外国で仕事をすることに憧れていたので一層その気持ちが強くなりました。その後は、熱帯医学を本格的に学ぶために、大学院への進学を決めました。日本における熱帯病治療薬の研究をリードしている教授に師事し、グローバルヘルスの概要を理解できたことは、現在までのキャリアのスタートとなり、さらに国際保健の経験やタイ留学の機会をいただいたことは私の研究の原点になりましたね。

その後、国立国際医療センターで、渡航外来の立ち上げに携わりました。当時は海外からの輸入感染症を診療する医療機関が少なかったので、渡航医学のパイオニア施設として非常に注目されていたのを覚えています。患者さんが全国から集まり、珍しい感染症を診療する機会も多く得られました。仕事が楽しくて、夜寝るのがもったいないくらいでしたね。この経験を活かしてさらなる飛躍をしたいと大学教授を目指し、論文作成に精を出しました。

その後、大学に異動する機会をいただき、2013年に感染制御部の部長、同年に新設された感染症科の診療科長に就任。大学医局のトップになるという目標を達成しました。

ちょうど翌年には、デング熱の国内発生やエボラウイルス感染症の先進国への波及、韓国での中東呼吸器症候群(MERS)の流行などにより、マスメディアへの出演や新聞・雑誌の取材依頼が多くありました。これらの感染症は非常にマイナーな領域でしたが、日本でも流行することを危惧し、マスメディアを通じて啓発することになります。専門家としてのキャリアを高く評価いただき、感染症のことを啓発する機会を得られて大変光栄でした。このような成果を得られたのは、自分を育ててくれた方々のおかげだと思います。

感染症の専門家として医局のトップに就任した水野院長。しかし、管理業務中心の日々を送るなかで、仕事への満足感を得られなくなったという。葛藤する日々を過ごすうちに適応障害になり、苦しい日々が続いた。

 

キャリアで一番苦しかったのは、管理職になり管理業務中心の日々を送るなかで、臨床医としてのやりがいを求めていた時期です。私は感染症のなかでも寄生虫学や渡航医学が専門で、大きな病院で求められる感染制御学には苦手意識がありました。しかし、感染制御を主たる役割として指揮しなければならなかった大学病院で、しかも自分よりも感染制御スキルが高い医局員もいたことから大きなストレスを感じるようになりました。そのような状況が続いたことで適応障害と診断され、さらにうつ病を発症してしまいます。

当初の目標は達成できたものの、このような状況が続くことは自分にとって幸せなのかと毎日考えるようになり、様々な葛藤が生じました。そんな矢先に学内で国際交流にかかわる部門ができると聞き、別の視点からでも専門領域であるグローバルヘルスに携われるのではないかと思い、異動を申し出ました。しかし、結果的には院内のマネジメントや事務仕事がほとんどであり、臨床にかかわることがなくなったことでさらに精神状態が悪化して引きこもるようになってしまいました。複数の精神科医に診ていただきましたが、大学を退職するまでの2年間は、本当に辛く、これまでに経験したことのない人生でどん底の時期だったと思います。

うつ病から抜け出せたのは、薬物治療でもなく母方の伯父が亡くなったのがきっかけだったと思います。伯父はいつも私に「生涯現役でいてください」と言っていました。大学に残ってもいずれは退職する、そのあとの再就職で自分の専門性を生かせるのかなど、改めて考えるようになりました。他大学の教授選に応募することも考えましたが、やはり最後まで現役でキャリアを発揮できるのは独立しかないと決断し開業することを決めました。

小児科医としてキャリアをスタートし、その後に感染症を専門にしたこともあり、一般内科の患者さんを診察するスキルが足りないことは自覚していました。そのスキルを向上させるために、あえて忙しい病院や診療所での外来を行い、さらには時間の許す限り地方へ出張し、へき地医療や訪問診療なども経験しました。様々な患者さんと対話するなかで、患者さんに寄り添うという臨床医の原点を改めて知ることができたように思います。そして2019年6月にグローバルヘルスケアクリニックを開業するに至りました。

当然ながら感染症内科は標榜するつもりでしたが、集患は見込めないと思い内科と小児科に重きをおきました。しかし、専門性をもとめて受診される患者さんが予想以上に多く、さらに半年ほど経つと新型コロナの流行が起こり、発生当初から発熱外来を開設していたことから患者さんが集まるようになりました。大学在職時に味わった苦しみは決して無駄ではなかったと思っています。

座右の銘として「有言即実行」という言葉を挙げていただいた。人に言ったことや思いついたことはすぐに実行し、後回しにしない姿勢だからこそ、臨床とマスメディアでの啓発活動を両立できるのだろう。

 

座右の銘は「有言即実行」です。管理職を経験してから特に実感しているのですが、忙しければ忙しいほど、すぐに実行しないと忘れてしまいます。タスクはどんどん積み上がるので、来たものから優先順位を決めて可能な限りその日のうちにクリアしていくことが効率的です。私の研修医時代の恩師や大学での上司もきわめて多忙な方でしたが、メールを送るとすぐに返事がありました。日常のルーティンも事業のスタートも、思った瞬間にやらないと、閃いたアイディアを忘れてしまうので、「有言即実行」を常に心がけるようにしています。

もともと私は、依頼されたことを後回しにするのが嫌いな性格で、原稿などの依頼がくるとできるだけ早く片付けてしまいたいと思ってしまいます。マスメディアからの出演依頼も時間の許す限り受けるようにはしています。人それぞれではありますが、「忙しく時間がないから後回し」というのは言い訳と私は考えています。「時間は自ら作るもの」であり、たとえその場で解決できなくてもできる範囲でこなしていくのが「できる人間」ではないかと考えています。

週末は家族の食事の支度をしている水野院長。出張先の名産を家で再現することもある。診療やマスメディアへの出演、新聞の原稿執筆など、多忙な中でも時間を有効活用し、楽しみを見出しているという。

 

週末の食事の支度は私の仕事になっており、出張先や旅行先の名物を自宅で作ることがちょっとしたブームです。特に好きなのは簡単に作ることができるハワイのポキ丼や北海道の豚丼です。国内の名物は地元の食材をふるさと納税で手に入れることができるのでより本場の味に近づけることができますね。

最近では鹿肉を手に入れて、ジビエ料理を作りました。鹿肉は調理が難しいとされていますが、複数のレシピを調べて時間をかけて仕込みをしたところ家族からは好評でした。

若者たちへのメッセージとして「トップに立つなら武器を持て」という言葉をいただいた。水野院長が恩師から言われたこの言葉は、キャリアを築く大きなヒントになるはずだ。

 

恩師から言われて印象に残っているのが「自分にしかない武器を持て」という言葉です。これは上位を目指すのであれば必要なことです。メジャー領域では競合が多く、秀でた能力が求められますが、マイナー領域であれば競合も少ないので都合がよかったのかもしれません。大学でトップになるだけでなく開業するにあたっても集患するためには必要な考えであると思います。

私のクリニックは感染症内科を標榜としますが、寄生虫症に関するホームページの情報提供量は膨大ですので検索でも上位に掲載されますし、それを見た患者さんが全国から訪れます。きわめてマイナーな領域ではありますが、こんなにも身近に困った人がいるものだと開業して初めて気が付きました。

大学在勤中は寄生虫症の診療は年間2-3例でしたが、開業後は確定例として年間20-30例ほど経験し、相談だけとなるとその10倍程度の事例を経験しています。日本でこれほど多くの寄生虫症を実際に診療している医療機関は、他にないのではないでしょうか。

開業して3年目を迎えましたが、マイナー領域でも必要とされる患者さんが想像以上に多く診療圏が広いこと、また新型コロナで感染症専門診療のニーズが高まったことなどにより、外来診療に限れば大学病院と遜色のない医療の質や症例数を担保できていると思いますし、命名の由来である「グローバルヘルス」を身近な人たちへ「ケア」できていると自負しています。

医療業界では開業医は底辺と言われることから絶対に開業はしたくないと考えていましたが、自分の思いが実り、得意分野を存分に発揮できていることから、世間的には底辺と言われながらでも毎日の仕事が楽しくて仕方がありません。その背景には多くの人との出会いを基盤として幅広い知識を習得し、それをフルに生かせる環境が整ったからこそ言えるものだと痛感します。

これからの将来を考える皆さんにおかれましては、自分にしかできないスキルの習得とそれが生かせる環境を探りながらキャリアを築いてください。地位や名誉だけが成功ではないと思います。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。