医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. NPO法人 子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所 理事長 高橋 昭彦
単純なものほど疑ってかかれ
単純なものほど疑ってかかれ

単純なものほど疑ってかかれ

NPO法人 子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所 理事長高橋 昭彦

NPO法人 子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所
理事長
高橋 昭彦

理学療法士の資格を取得後、日本トップクラスの規模を誇る総合リハビリテーションセンターに勤務。その後、リハビリテーションの専門家を養成する学校の教員として、多くの学生を指導した高橋理事長。2016年にNPO法人子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所を設立し、現在はリハビリテーション中心のデイサービスを9事業所運営している。理事長として法人の経営をしながら、現場で子どもたちの訓練やリハビリテーションに携わる高橋理事長のキャリアの歩みからは、リハビリテーションへの熱い思いが感じられる。


キャリアの成功体験として、総合リハビリテーションでの理学療法士、養成校での教員と2つの異なる職種での経験を積めたことをお話しいただいた。それぞれの仕事で培った経験やスキルが、現在の施設運営に非常に役立っているという。

 

キャリアの成功体験は、総合リハビリテーションセンターの理学療法士と養成校の教員、業務内容の異なる2つの職種を経験できたことです。

私が勤務していたリハビリテーションセンターは日本でもトップクラスの規模で、非常に高レベルのリハビリを提供しているため、日本全国からあらゆる症例の患者さんが訪ねてきます。切断や脳卒中後の片麻痺、脊髄損傷といったオーソドックスな症例の方はもちろん、全身やけどや脳障害、先天性の奇形など、様々な症例の患者さんのリハビリテーションを経験しました。分野を問わず幅広い患者さんに対応してきたため、先天性疾患や中枢神経系、整形外科系と幅広い分野の知識や技術が身についています。

現在運営している子どものリハビリ施設には、染色体異常や難病、発達障害など、様々な疾患を抱えている子どもたちが訪ねてきます。私たちが今まで聞いたこともなかったような難病の子どもが来ますが、疾患の特性を把握して適切なリハビリテーションが可能です。どんな症例の患者さんが来ても対応できるのは、リハビリセンターでの経験が大きいですね。

教員時代は、他者に物事を伝える技術を学びました。授業は1コマ1時間半という限られた時間のなかで、講師が伝えたい内容を漫然と話すのではなく、3~5個くらいにポイントを絞って、メリハリをつけるということを身に付けられました。

授業だけでなく、学生や保護者との面談も大きな経験です。1つの単位によって進級できるかが決まるなど、シビアな状況で相手に話を理解してもらわなければなりません。一方的に伝えたいことを話しても、相手は受け入れられる状態じゃないので、相手が求める情報を推察しながら、伝え方を工夫するスキルを身に付けました。

施設では、子どもの保護者にシビアな内容を説明する場面もあります。そういったときは、保護者が欲しい情報を考えつつ、お子さんについてヒアリングするなどの工夫をしており、講師の経験が役立っていると感じています。

失敗談として、起業時に経営や集客のことを考慮せず、広報や宣伝を全くしていなかったため、初月の利用者が1人もいなかったエピソードをお話しいただいた。

 

キャリアにおける失敗は、関連機関への挨拶周りや宣伝活動を一切せずに、事業所をオープンしてしまったことです。

起業のきっかけは、講師時代に療育センターでのリハビリテーション指導に赴き、苦しんでいる子どもや保護者たちと接した経験です。「培ってきた知識や技術の全てを子どもたちのために使いたい」という思いが日増しに大きくなりました。医療の世界では、リハビリテーションの回数は多くても1週間に1回です。質の高いリハビリテーションをしたとしても、頻度が低いため改善が難しい可能性があります。そこで、リハビリテーション中心のデイサービスを立ち上げ、福祉の面からアプローチすることを決めました。

事業所をオープンしたものの、情熱だけで一直線に走り、経営や集客のことはすっかり忘れていました。広報を一切せずに開設したため、初月はまさかの利用者数0人。事業所の家賃や従業員の給料といった経費はかかるのに収入がない状況でした。このときほど、自分の考えの甘さを痛感させられることはありませんでしたね。

近くのスーパーの掲示板に広告を貼ったり、相談支援事業所に営業したりした結果、翌月には数人の見学者に来ていただきました。その後、個別のリハビリテーションを行うデイサービスだと口コミで広まり、順調に利用者が増加しました。専門性の高さもあり、今では北九州市内に9事務所を運営する法人へと成長しています。

高橋理事長の座右の銘は「単純なものほど疑ってかかれ」だと言う。この言葉は、目の前の患者に向き合い、一人ひとりに合わせたリハビリテーションを行う姿勢の表れだ。

 

座右の銘は「単純なものほど疑ってかかれ」です。例えば脳卒中の患者さんは、半身麻痺になり、頭がぼんやりとして自分が今どこにいるのか、何者なのかが分からなくなるのが一般的です。医療従事者も含め、多くの方は「リハビリは早く始めた方がいい」と思っていますが、必ずしも正解ではありません。

頭がぼんやりして自分の状況や身体の状態も分からないのに、看護師さんやセラピストによって立ったり座ったりさせられるのは、非常に怖いものです。多くの患者さんは、恐怖で緊張して全身に力が入っています。過剰な緊張を避けるために、早く座ったり、立ったりするようなリハビリテーションを減らすことが大切です。

脳卒中で倒れた場合、すぐにリハビリテーションを始めるべきで、早ければ早いほどいいと言われています。しかし、私は常識をいったん疑ってかかれる人間でありたいのです。この疾患であればこうに違いないといった単純化した方程式で判断するのではなく、「一人ひとり違うのでは」と疑って、その人に合わせて手を打つのが非常に大切ではないでしょうか。

もちろん、早くリハビリテーションを始めること自体は間違っていません。しかし、まずは患者さんが自分の身体のイメージを掴むためのサポートから始めて、徐々にステップアップしていく必要があります。

週1日の休みには、好きな野球チームの試合を観たり、家庭菜園の手入れをしたりしているという。「休みは週1日で充分」と語るほど、子どものリハビリテーションに熱意を傾ける理由を伺った。

 

週1日の休みは、福岡ソフトバンクスホークスの試合をテレビで観て応援をしたり、最近始めた家庭菜園の世話をしたりしています。ルッコラやサニーレタス、キャベツなどを植えており、芽が出てくるのを見ると、とても嬉しいですね。

子どもとの訓練やリハビリテーションに喜びを感じているので、休みは週1日で充分だと感じています。特に力を入れているのが、先天的な読み書き障害であるディスレクシアのリハビリテーションです。言葉の意味が分からないことは、成長や発達において非常に大きな要素を占めます。

ディスレクシアはコミュニケーションの問題だけでなく、未来を想像するための言葉を持てない、過去のことを細かく分析できない、出来事を記憶に残せないといったように、様々な弊害を引き起こします。

例えば、お腹が減ってパンを食べたいと思ったときに、お金を持っていなかったとします。未来が想像できれば、いったん帰宅してお金をもらったり、我慢したりする選択肢が生まれます。しかし、未来を想像できる言葉を持っていないと、その行動を取ったらどうなるかをシミュレーションができず、お店で勝手にパンを食べてしまう可能性があります。

社会における不適合の根本的な原因になるので、私たちの施設でのリハビリテーションによって改善したいと考えています。

若者たちへのメッセージとして、認知神経リハビリテーションを提唱したペルフェッティ教授の「リハビリテーションセラピストはクリエーターであれ」という言葉を紹介いただいた。「セラピストは新しいリハビリテーションを開発し続ける職種」と語る姿からは、リハビリテーションへの深い思いが感じられる。

 

若い方々には、ペルフェッティ教授の「リハビリテーションセラピストはクリエーターであれ」という言葉をお伝えしたいです。

患者さんの苦悩を解消し期待に応えるためには、今までのリハビリテーションの手法を用いつつ、常に新しい訓練を開発する必要があります。セラピストは、新しいリハビリテーションをデザインする職種なんです。

養成校では、今まで蓄積された知識や技術を学びますが、あくまでそれは資料です。リハビリテーションの仕事を始めたら、患者さんが教科書になります。目の前の患者さんから何を学べるかが重要になるでしょう。他の分野の学問を取り入れつつ、これまでの時代より一歩進んだリハビリテーションの構築を目指してください。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。