医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. 株式会社 エクセル・クリエイツ 代表取締役 棚田 誠
敬天愛人 (けいてんあいじん)
敬天愛人 (けいてんあいじん)

敬天愛人 (けいてんあいじん)

株式会社 エクセル・クリエイツ 代表取締役棚田 誠

株式会社 エクセル・クリエイツ
代表取締役
棚田 誠

棚田代表取締役は、エンジニア出身で臨床検査システム開発に携わっていた。前職時代にとあるきっかけで、自社製品の立ち上げに携わり、未経験だった営業も行い、事業成功に注力した。その結果、1000ユーザーを越えるクライアントに採用されるなど大きな成果を上げた。その後、レントゲンやCT、MRIで撮影した画像のファイリングシステムを開発するために、エクセル・クリエイツを設立。以来、ITを通して医療現場を支えている。


キャリアにおける成功体験として、前職での自社製品立ち上げのエピソードを伺った。仕様決めから販路の開拓までトータルに携わり、未経験だった営業活動にも挑戦したという。そのときの経験が、エクセル・クリエイツの起業に繋がっている。

 

キャリアにおける成功体験は、前職で働いていた90年代後半に経験した、自社製品の立ち上げです。立ち上げの段階を経験できたのが、起業に繋がりました。前職の会社は、大手企業の下請として、臨床検査システムの開発、導入、据え付けです。私はエンジニア出身で、開発からシステムエンジニアリング、納品、保守などを担当していました。

ところが、ユーザー数が非常に増えたため、クライアントが自分たちでソフト開発ができる会社を立ち上げることにしたのです。部署が解散する話も出たのですが、メンバーたちは10年、15年と検査システム業界に携わってきて思い入れも強いので「自社製品として出せないか」という声が上がりました。

そこで、チーム全員で仕様決めから販売戦略の立案まで、事業の立ち上げをひと通り経験したのです。それまで営業部門がなかったため、営業部門を立ち上げて、販路を開拓しました。私は提案や交渉が苦手だったので、エンジニアをしていた部分もあったのですが、営業をする人がいないので、思い切って手を挙げました。

システムを開発する技術力はあったので、医療分析器メーカー様に機械と私たちの会社のシステムをセットで病院に販売していただくというスタイルにしました。それまで保守サポートをきっちりしていたので、信頼いただけたのだと思います。魅力がある商品だったこともあり、1000ユーザーを越えるお客様に採用いただけました。

「売れなかったらどうしよう」と不安はありましたし、私は口下手なので営業にも苦手意識がありました。しかし、いろいろな方に助けていただいたことで結果が出せたので、非常に感謝しております。

今の会社を立ち上げたきっかけは、営業活動をするなかで、レントゲンやCT、MRIで撮影した画像のファイリングシステムのニーズを知ったことです。コストパフォーマンスがよく小回りの利く製品が欲しいという声を聞き、社内で提案したのですが、開発資金の関係で却下されました。ですが、今後伸びる分野だと考えていたので、前職をすでに退職していた開発者と相談し、起業を決意。2004年にエクセル・クリエイツを立ち上げました。

開発者として目指す製品を作れる自信があったこと、事業の立ち上げに携わったこと、営業活動を通して今後伸びる分野の情報を得られたことなどが複合化して、起業に活かされたと思っています。あのとき自社製品の開発に手を挙げなければ、全く違うキャリアになっていましたね。

失敗体験として、有名な上場企業の診療所案件を無理して受注。結果として、多くの社員が疲弊し、退職する結果になったエピソードをお話しいただいた。現在はその反省を活かし、受注前にはより慎重に検討しているという。

 

大きな失敗体験としては、有名な上場企業の診療所の案件を背伸びして受注してしまったことがあります。企業内の診療所を10ヶ所ほど持っているクライアントで、私たちは企業向けの案件に取り組んだことがなかったため、ビジネスを広げるチャンスだと思い受注しました。

弊社のシステムは、リーズナブルな価格ながら導入後に様々なカスタマイズができることが強みでした。しかし、病院向けのシステムと違いが大きいだけでなく、非常に大規模だったので、当時の弊社の体力では実現が難しかったのです。無理をした結果、エンジニアをはじめ社員が疲弊し、結果として多くの社員が退職してしまいました。残ってくれたメンバーで何とか立ち上げて、現在に至ります。

大切な社員たちが辞めてしまい、大変後悔しました。二度とこのような無理をしないと誓い、より慎重な受注を心がけています。苦い思い出ですが、学ぶところの多い出来事でした。

座右の銘として「敬天愛人(けいてんあいじん)」という言葉を挙げていただいた。西郷隆盛が好んで使った言葉で、京セラを創業した日本を代表する経営者・稲盛和夫の著書のタイトルにもなっている。「天を敬い人を愛する」という意味のこの言葉は、棚田代表取締役の経営者としての信念に繋がっている。

 

座右の銘は「敬天愛人」です。西郷隆盛や京セラの稲盛名誉会長など、尊敬する方々が使われている言葉です。「天を敬い人を愛する」という意味で、この世界のすべてを敬い、人を愛することの大切さを説いています。自分のなかでの正義ですとか、仕事や周りの人への思いを全て包括する言葉だと思っているんです。

経営と結びつけて考えると、やはり人を愛することは事業の根源だと思います。病院をはじめとするお客様、診療を受ける患者さん、一緒に働いてくれている従業員、周りにいる全ての方を尊重し、助け合って初めて事業が成立するんです。人を愛する心があれば優しくなれますし、仕事の価値を共有できると思います。

敬天は、天を敬い、裏切らないことが大切です。何かあっても自分だけよければいいというのは、やはりよくありません。例えば、上から見ているご先祖様といった存在に「お前はよくやっている」「その会社はよかった」と言ってもらえるような仕事、人の役に立つ仕事をしていきたいですね。ただ、仕事を引き受けるだけでなく、そういったことを考えながらビジネスを展開していきたいと思います。

休日は毎週アクティブに過ごしている棚田代表取締役。海での船釣り、友人や仕事関係者とのゴルフなどを楽しんでいるそうだ。日々事業に打ち込むかたわら、プライベートも充実している様子が伺える。

 

一昨年から海での船釣りを始め、京都の舞鶴や宮津、和歌山の白浜など、近畿圏の様々な海で釣りをしています。海が荒れて大変なのですが、釣りあがった瞬間は本当に嬉しいですね。イカや甘鯛、のどぐろなどが釣れるんです。家に持ち帰ったら必ず食べていますね。さっきまで泳いでいた魚が食卓に出てくると、毎回感動しています。

ゴルフも好きで、仲間や仕事関係の方と月数回くらい行っています。経営者の方と一緒に1日ゴルフをすると、あっという間に仲よくなれるので、商談のきっかけになる場合もありますね。ゴルフは40代半ばから始めたのですが、正解でした。

家でホームパーティーをして、家族や友人、会社の社員と過ごすこともあり、楽しい日々を送っています。

若者たちへのメッセージとして「チャンスは身近にやってきます。そのとき掴めるように準備していただきたい」と語る棚田代表取締役。これまでのキャリアにおいて、目の間に現れたチャンスを活かし、ステップアップしてきた棚田代表取締役らしいメッセージだ。さらに経営者としての今後の決意も語っていただいた。

 

若い方たちにお伝えしたいのは「チャンスは身近にやってきます。そのとき掴めるように準備していただきたい」ということです。日頃からチャンスが来たらいいな、チャンスが来たらどうしようかなと、心の準備をしておくといざという時に、しっかり活かすことができます。

また、上司や先輩からチャレンジを促された場合は、二つ返事で「やりたい」と答えていただきたいと思います。挑戦したことにより後から成長がついてくる場合も多いですし、上司や先輩もできる可能性があるならアドバイスをしてくれるでしょう。失敗してもいいから、とにかくチャレンジすることが大切です。失敗しても学びがありますし、成功したときの自信は非常に大きいものです。

若い人のなかには、「できない理由」を最初から答える方も多くいらっしゃいます。素晴らしい能力があるのにチャンスを逃すのは勿体ないので、まずはやってみて欲しいですね。困ったら周りの人に助けを求めればよいので、チャレンジしながら実績を積み重ねましょう。

医療従事者の皆様は、困難な状況でも逃げずに立ち向かっていらっしゃいます。患者さんなどの多くの方から、敬われる存在です。特にコロナ禍では、非常に困難が続きながら諦めることのない姿勢は、尊敬しかありません。私たちは、少しでもお力になれるようなシステムを開発・提供しなければいけないと決意を固めています。今後は、成長意欲やITスキルを活かして医療に貢献したいという志を持つメンバーを増やし、AIなどの新しい技術も取り入れて、支援を拡大したいですね。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。