医ノ匠

  1. 医ノ匠 HOME
  2. インタビュー
  3. 日本認知神経リハビリテーション学会/高知医療学院 会長/学院長 宮本 省三
どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う
どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う

どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う

日本認知神経リハビリテーション学会/高知医療学院 会長/学院長宮本 省三

日本認知神経リハビリテーション学会/高知医療学院
会長/学院長
宮本 省三

高知医療学院(新松田会愛宕病院附属/理事長:内海順子)を卒業し、理学療法士の資格を取得。高知医療学院の教員として約10年勤務。同校の海外研修制度により、1年間ヨーロッパへ研修に行き、イタリアで「認知運動療法(認知神経リハビリテーション)」と呼ばれる新しいアプローチに出会う。帰国後は、認知運動療法の研究をすすめ、高知医療学院で学生の指導にあたるとともに、数々の著書を執筆。身体哲学、運動心理学、脳卒中片麻痺のリハビリテーション、高次脳機能障害のリハビリテーションを専門に、リハビリテーションの最前線を走ってきた。宮本学院長のお話からは、理学療法士としてのキャリアの築き方や心構えなど、多くのことが学べる。


キャリアの最大の転機として、イタリアのスキオ病院でのカルロ=ペルフェッティ教授との出会いをあげていただいた。教授は、新しいリハビリテーションである「認知運動療法」の研究をしており、その出会いは宮本学院長の人生を大きく変える。

 

最大の転機は、イタリアでのカルロ=ペルフェッティ教授との出会いです。教授は新しいリハビリテーションである「認知運動療法」を研究しており、その出会いは私の人生を大きく変えました。

1990年、31歳のときに海外研修制度を利用し、ヨーロッパ各地の病院を60施設ほどまわりました。場所もやることも自由という好条件だったので、ヨーロッパの国々の現場を回って、理学療法士がどのような治療をしているのかを、この目で見たいと思ったんです。現場を回るなかで、もし言葉の壁がなければ、10年ほど日本で学んできた知識や技術があれば、ある程度、仕事はできるだろうと思いました。もちろん、知らない領域やテクニックはあるけれど、充分通用する自信がありましたね。

ところが、イタリアの本屋さんである不思議な本を見つけました。脳卒中の片麻痺のリハビリテーションについての本なのですが、専門領域なのにもかかわらず、初めて見るような治療場面で理解ができませんでした。「自分の知らない世界だ」と非常に衝撃的でした。ミラノ大学医学部付属病院へ見学に行くときに、本を持っていったらイタリアで展開されているリハビリテーションの手法だとわかりました。「これまでの片麻痺のリハビリテーションは脊髄に働きかけている。でもこのアプローチは脳に、大脳皮質に働きかけるんだ」と言われ、とても驚きました。

その後、著者のカルロ=ペルフェッティ教授を訪ねたところ、運よく臨床の現場を見ることができました。「今まで学んできたものでは、太刀打ちできない」と感じましたね。先生から、治療の背景になったという英語の論文をいくつもいただきました。日本の脳科学者の非常にレベルの高い論文が何本もあり、帰国後にその文献と実際の治療を比較しながら、勉強を始めました。認知運動療法との出会いにより、リハビリテーションへのアプローチの仕方が大きく変わりました。例えば、右の手足が麻痺した場合、残った左の手足を最大限に活用する方法と麻痺した方の回復に最大限取り組む方法、そして両方を少しずつできる範囲でする方法があります。

私は帰国後に悩んだ末に、麻痺した方の回復に最大限取り組む方法を選びました。ペルフェッティ教授に「患者さんは麻痺した手足の回復を望んでいるのだから、その回復に取り組むのがまず筋だ」と言われたからです。

患者さんが回復を願ってリハビリテーションをしにきているのに、医療従事者が治療を諦めることを「裏切られた期待」と教授は言っています。もちろん、回復に取り組んでも十分に結果が出ない場合もあり、日本では折衷案を取るケースが多いです。ただ、個人的にはセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士)が治療を諦めると、回復の可能性はゼロになりますし、リハビリテーション自体の進歩が停滞すると考えています。

失敗体験について伺ったところ、勉強して教えれば教えるほど、学生からは「難しくてわからない」と言われるというエピソードを伺った。長年教育に携わってきた宮本学院長の言葉からは、教えることの難しさをあらためて感じさせられる。

 

何十年も理学療法士の教育に携わっていますが、勉強して教えれば教えるほど、学生からは「難しくてわからない」と言われてしまいます。理学療法士として必要な知識を伝えるのはそれほど難しくはありません。ですが、そこから一歩踏み込んで、運動麻痺の理解から運動麻痺の回復へというように、患者さんの希望を叶える理学療法士にするのは難しいと思っています。

一般的に、リハビリテーションはマッサージや運動の練習だと思われています。しかし、そこを乗り越えてもっと回復を実現するためには、脳の認知過程(知覚、注意、記憶、判断、言語、イメージ)へのアプローチが必要です。手足を動かすよりも、手足で世界(物体)を感じることが大切です。”脳のなかの身体”を動かす運動イメージが重要です。そのためには、脳科学や哲学、心理学といった領域を継続的に学ばなければいけません。患者さんたちは、私たちが普段何気なくやっている行為だけでなく、行為前の予測や運動イメージの想起が脳障害によってできなくなっています。それを理解するためには、脳科学や哲学、心理学の知識が必要です。

しかし、抽象度が非常に高いので「身体を介して世界に意味を与える」とか「行為とは認知であり、認知とは行為である」といった内容を教えても、なかなか理解してもらえません。自分の経験や思い出を語りながらシンプルな知識を伝える授業の方がうけるのはわかっています。ただ、それだと伝えられる知識量は減ってしまう。多くの知識を伝えつつ、講義をいかに魅力的につくるかは、ずっと課題ですね。

座右の銘として映画監督・小津安二郎の「どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、 芸術のことは自分に従う」をあげていただいた。生きるうえで大切なことを学べる、深い言葉だ。

 

座右の銘は小津安二郎の「どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う」です。

実は若い頃から、小津作品(特に”東京物語”)が好きなんです。日常のなかの美や人間の感情や知性の肌理が写し出されている感じで。非常にダイナミックな変化をしているのを静かに捉えているのが、素晴らしいです。

生きていくときに全てにこだわっていると、いろいろな問題が起きてしまいます。自分がこだわるところ、芸術なら芸術とかを決めて、あとは流行、つまり世間ですとか、道徳に従うのが大切だと思います。自分にとってのこだわりが何かを決めたら、それに関しては自分の信じる道を進んでいって欲しいですね。

座右の銘に小津安二郎の言葉をあげていただいたことからわかるように、芸術を愛する宮本学院長。プライベートについてお話を聞いた。

 

若い頃から映画や絵、ジャズやクラシックなどの音楽といったように、芸術が大好きなんです。飯を食うのに関係のないものに、人生を費やす人が好きですね。美しいものを表現しなくても、みんな生きていけるわけじゃないですか。そこに情熱を傾けるようなすごい人たちは、いつも応援しています。

日本の場合、芸術で食べていくのは本当に厳しいのが残念ですけれども。ヨーロッパは、芸術が生活に根づいていて、夜の6時や7時くらいに街へ出かけて、食事をした後に音楽を聴きに行こうみたいな感じです。いくつになっても人生を豊かに生きているイメージがあります。

あとプライベートに関しては、若いころからずっと地方よりも都会が好きなのですが、意外なことに地方で暮らし続けていますね。卒業後、いったんは東京で就職することを決めたものの、寮に入る予定だったのに、先方の都合で寮に入れなくなりました。給料からすると東京で家賃を払って、一人暮らしをするのは厳しかったので、高知に残りました。後悔はありませんが、東京に行っていたら、違う人生があったかもしれません。

若者たちへのメッセージとして「裏切られた期待」にこたえるのが、これからのセラピストです」という言葉をいただいた。目の前にいる患者の期待に向き合うことが大切だと、宮本学院長は語る。

 

若者たちへのメッセージとしてペルフェッティ教授の「裏切られた期待」という言葉を投げかけておきたいです。リハビリテーションの世界には、身体の運動障害や感覚障害、失語症などの高次脳機能障害を持つ患者さんがたくさんいます。患者さんは、奇跡的な回復を願って治療を受けます。しかし、圧倒的多数は回復しません。つまり、人々の期待は裏切られ続けています。この裏切られた期待に応えるのが、今後のリハビリテーション医療におけるセラピストです。

理学療法士の仕事は、患者さんの何らかの期待があるからやっているものなので、その期待に応えられるかどうかが長い歴史をつくっていくのだと思います。車が故障したときに、車の修理工の人たちが「買い替えなさい」というのではなく、知識と技術で直してくれますよね。人間の身体は機械ではありませんが、私は知識と技術で患者さんの抱える問題を解決したいと考えています。

実は運動麻痺の領域では、100年前から劇的な変化はありません。100年前のリハビリと今のリハビリは、中枢神経系や脳が損傷すると回復が難しいところがあり、効果の面で大きな進歩はないのです。これからの時代に、どうやって進めていくかは若いセラピストの方々が引き受けることになります。

今は「DeepL翻訳」があり、いろいろな言語で書かれた論文を瞬時に翻訳してくれるので、研究がしやすい環境です。これからは、グローバルな形で知識を得られるので、すごい才能を持ったリハビリのセラピストが現れると予想しています。ただし、知識は使い方によっては変な方向に行ってしまう可能性もあるので、セラピストの方々は「患者さんを治したい」という純粋な気持ちを、忘れずにいて欲しいと思っています。

理学療法士の世界は、決まったものを提供し続ける仕事ではありません。一生懸命に勉強することで、臨床を変えられるという面白さがあります。たくさんの患者さんの出会いにより、人間としても成長できるなど、すごく魅力があるので、ぜひチャレンジしてください。

コンテンツは会員限定です。
続きをご覧になるには以下よりログインするか、会員登録をしてください。